ヤッホーブルーイング インドの青鬼~麦酒酔噺その100~祝~

司会:本日はお忙しい中読んで下さり有難うございます。長年やってまいりました“麦酒酔噺”も、ついに100回を迎えました!
    初めは「発泡酒やらない」、「日本のビールだけ」と、のたまわってた割には、発泡酒はやっているし、初期にクアーズとか輸入物やっているし。
    ビールのフォルダ見ると、もうとっくに100超えているし、グダグダですが、主催人のクッタさんに一言頂きましょう。

クッタ:(涙)、、、、、、もう何も言えねぇ!

司会:感涙にむせんでいる様ですね。で、今回記念すべき100回は何でしょうか?

クッタ:「インドの青鬼」です!
b0081121_119318.jpg




















司会:えっ?意外ですねぇ?なぜ選ばれたのでしょうか?

クッタ:いや、単にGoogleで「世界一美味いビール」と入れたらですね、そんなサイトがあり、毎年更新しているのですが、それらは 殆ど米国産なんですよ。
    それらを買うと輸入手続き等で難儀するので、次に「日本一美味いビール」と入れて、他の方のブログとかみていたら、やっぱり“ヱビス”や“プレモル”に落ち着くんですね。
    先日関西でやっと放送した「タモリ俱楽部」では、箕面ビールの「箕面ホ和イト」が2011年?のビアアワード受賞したビールとして、紹介されていましたが、とっくに生産終了していますしね。
    で、何を紹介しようか悩んで、プレモル紹介するのもなぁ?と、プレモルもリニューアル宣言して、私は飲んで「絶縁宣言」しまして、「ばつが悪い」と言うか、、、

司会:えっ、でもたまに飲んでますよね?飲み会では「お前は割り勘勝ちする」と後ろ指刺されながら、ひたすら“プレモル”注文していますよね?

クッタ:(涙)、、、、、、もう何も言えねぇ!

司会:で、話は戻りますが、なぜこれを?

クッタ:色々サイトを見ていると、“一番”ではないのですが、これが結構上位に色々な方のサイトに上位で入っているんですよ。
    地ビールを入れたら、日本にビールって“ごまん”とあるのに、名前が複数引っかかると言うのは、何かあるかな?と、
    あとは「ビール好きの感」ってやつですかねぇ?

司会:では、これを入手する為だけに、アマゾンで2,500円も払って、セットでついてきた他のビールもお祝いにかけつけています。
    よいしょ~!よいしょ~!よいしょ~~!
b0081121_11163422.jpg


司会:で、お味の方は、、

クッタ:インドの青鬼は典型的なエールですね。昔アサヒが「エール6」と言うビールを出していましたが、飲み比べてみたかったですね。
    後はついでに一言ずつ。
    よなよなエール→まぁフルーティなエール
    オーガニックビール→日本でHoegaarden作ったらこんな感じ
    東京ブラック→昔のギネス(エクスポートではなく、英国国内で売っていたやつだったよーな)

司会:今後のお考えは?

クッタ:もちろんこの世にビールがある限り、肝臓が大丈夫のうちは続けます。

司会:また、ビール業界に求める事は何ですか?

クッタ:ギネスの低価格化!
    も、あるけど、“刺身”に会うビールが欲しいですね。
    特に甲殻類、貝類と“日本で一番売れている某乾いている”ビールの組み合わせは「最悪」ですからね。
    食後にビールで流し込むと「磯臭い、ちょっと錆びたスプーン」を咥えさせられた感が否めませんからね。
    常温よりちょっと冷たい感じで、行けるよーな。現に自分は刺身の時は、日本酒かワインと言う選択が、多くなってきていますからね。
    これが当たると、寿司屋等で拡販が見込めるのでは?

司会:多分見ていないと思いますが、ビール業界のマーケティングの皆さん。刺身用ではなくとも、新商品の試作品が出来たら、2ケース位送ってください。ちゃんと評価しますんで。
    では、ありがとうございました!!


こんな文でも最後まで読んでいただいた方
ありがとうございます。
↓押してくれたら、もっと、ありがとう?かな?

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
by kuttachan | 2012-11-04 11:27 | 麦酒 | Comments(0)


<< 冬の恵み~牡蠣2012冬~ コォッーーーーホーーーーー~ペ... >>