ハヤシの鉄人

♪だぁーだっ、だぁーだっ♪

さぁ、ここクッタの食卓で歴史に残る戦いが始まります。

去年竹田城行って、帰り際に“お土産”として買ったのを、
1年以上食糧庫に放置していて、先日“ふっ”と見つけられたこの2つの“ハヤシ”です。

本来なら、2時間スペシャルでお送りする予定でしたが、関西地方は「それ」より面白いと局が判断しているトーク番組を優先して、中途半端に第2試合から始まります。
この“もやもや”は怪傑しません!

さぁ愚痴は止めて、元に戻ります。

ここに2つの“ハヤシ”が入場です!
b0081121_6355115.jpg

生野ハヤシライス“味と香りが懐かしい”昭和30年代が右側
かたや
生野ハヤシライス“コクのある味わい”昭和40年代が左側
2つの雄の入場であります。いったいどの様な戦いを演じるのでしょうか?

「アレ・キュイジーヌ!」

さぁ、先ずご飯を皿によそって、なんとレンジに入れた。
佐野さん、ご飯ですが、昨日の五穀米の残りみたいです。

次にレトルトを鍋に入れ、湯煎にかけたぞ。
佐野さん、通常ならレンジなのですが、写真写りを気にして湯煎にしたそうです。

さぁ、レンジのタイマーが残り時間を告げる、台所は慌ただしさを向け合える。
30秒前、10秒前、3、2、1、チーン!ここでタイムアップ。

さぁ、ここで2品が出そろいました。
b0081121_6372723.jpg

30年代(右)はトマト+小麦粉系の色。40年代(左)はデミグラスソース、そのままです。

先ず30年代から。
クッタ(魯山人の本を読んだことある):あー、下味にケッチャプ“どばどば”入れて、小麦粉で溶いた感じですね。でもこれはハインツの瓶ではなく、感じとしてはカゴメですね。
連れ:ねぇ?何で朝からハヤシ2つもつくってんの?

そして40年代。
クッタ(ろくさん亭より壬生に行ってみたい):これは結構重たく作りましたね。ただどうなんでしょう?40年代にこんな“コク”出せたかなぁ?マギーブイヨンも昔高かったし。
連れ:ワタシ、朝“食べない派”なんですけど…

さぁ、そして運命の結果発表です。
勝者
b0081121_637501.jpg

40年代!
激しい戦いを象徴するのか?長期間食糧庫に入ってか?左上が折れています…

手元に採点結果が届きました!2-0の完勝です。
1-1ならどう甲乙を付けたか気になりますね。

戦いの終了と共に、クッタは皿洗い、後始末をしています!

↓“第一試合みたいなぁ”と言う
 関西在住の人は明日(23日)多いはず、、、
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
by kuttachan | 2012-11-22 06:43 | 食べ物 | Comments(0)


<< Global Warming~... ♪イガおどり♪ >>