サントリー カラメルブラウン~麦酒酔噺その107~

あけましておめでとうございます(マヤ歴が)
きっとアンゴルモアの大王も仲間が増えて喜んでいるでしょう。

1999年ってもう13年も前なんですねぇ?なんか最近のような気がしていますが…

そんな事言うと、ビール業界と言うのも大変ですねぇ?消費者を引き付ける為に「次から次から」新商品を出さないといけないと言うのは。これだって11月末に発売され、はや3週間。私の行っているコンビニでは全く見なくなりましたが…この3週間で“消えゆく”のですから。
まぁ新商品が出る度に私みたいなブログ書きのネタとしては喜ばれますがね。

b0081121_8275646.jpg

サントリー カラメルブラウン 500ml/170円位だっけ?


系列としては、“ロイヤルビター”や“深みの贅沢”を第3のビールに“落とした”と言う感じでしょうか?

で、お味は、、
なんだろうな?違和感あるんだよな?加山雄三がブラックジャックやっていた様に。やっぱり“ビター”系と言うのは“ボディがしっかり”していないと駄目なんですよね。なのにボディが弱く、変な甘さが入ると言うか…やっぱり「顔はやばいよ、ボディやんな、ボディを」と言う感じでしょうか?

↓諸行無常の響きあり、またこのブログもしかりか…
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
by kuttachan | 2012-12-23 08:32 | 麦酒 | Comments(0)


<< シン・おっさんの散歩版:|| 映画批評~Les Miséra... >>