帰ってきた“ガリポタ”

♪驚く叫びを耳にして、帰ってきたぞ!かええ~ってきたぞ!ガリガリクン コーンポタージュゥー!
(てててー、ててて、てててー、ててて、てててってててっ、でんでんでんでん、じゃーーーーーん)♪ 

私の“仕事の手帳”には、基本的に、「○○時打ち合わせ@1FMT」「出張:○○時○駅、のぞみ○号」とか書いているんですよ。
そこにですね、3月26日の欄の夕方のメモには「ガリポタ、ドライ」と書いているのですね…

そう!この日は「ガリガリ君リッチ コーンポタージュ(通称“ガリポタ”)」の発売日だったんです。
(ちなみに同日発売は“サントリー グランドライ”れすた)

このガリポタには深い思い入れがあって、2012年の9月に何気に飲み帰りに買ったら、その日で発売中止(あまりにも売れすぎて)。
ちなみにその時のレポートがこれ。

んで、2本買って、“発売中止”と聞いたので、“冷凍庫に保存”と言う形にしていました。
「いつか“食べ比べ”が出来るように…」と、また、一応アイスは消費期限なかった(はず)だしね…
そして、その“いつか”が来た訳ですよ。
b0081121_11544557.jpg

ガリポタ 126円 左:旧型ガリポタ(ガリポタⅠ:MS-05B)、右:量産型ガリポタ(ガリポタⅡ:MS-06)


違いが分からんぞ!違いが!!シールドとか、動力パイプが内蔵されているとか?あえて“どこ??”と言われたら、ガリポタⅡの方の上下の“赤いメッシュ”が若干薄いか?
“当たりが出たらT-シャツ”も同じだしw

そんでは、食べ比べてみましょう!

先ず、量産型ガリポタ(ガリポタⅡ:MS-06)
b0081121_1155689.jpg

これがか……見掛け倒しでなけりゃいいがな


次に、旧型ガリポタ(ガリポタⅠ:MS-05B)
b0081121_11552276.jpg

製造能力の違いが戦力の決定的差ではないということを教えてやる!
 

でも、なんか、“霜”ついてんな、7ヶ月の時間を感じるな…
 
ちなみに、7ヶ月前の姿はこんな感じ
 
b0081121_1155396.jpg

これが若さか…
 

で、お味は(ちなみに一気に2本食べるのはきついので、連れさんにご協力頂きました)…
クッタ:同じだな、偉い人にはそれがわからんのですよ…
連れ:基本的に味同じだけど、古い方“ひねた”味しね?

と、言う事で、基本的には同じ味なんですよ!
何か量産に向けて味を変えるとかせず“基本的に忠実に発売中止時の味を再現している!”
真面目だぞ、味を変えたりして、以前食べられなかった消費者をがっかりさせることなく、商いの“正道”を行っているぞ!
(ちなみに“正道”と書くと、某商社さんを思い出す、新幹線のヘビーユーザー)

食べた事ない方へ:基本的にはコーンポタージュ味です。“ありえない”と先入観はあるけど、食べたら“コンポタじゃん、ありじゃね?”と思います。

“めちゃくちゃクール”だぞ!赤木乳業!ただ、やっぱりアイスは暑いとき食べた方がいいぞ!まだこの時期、夜食べると寒いぞ!!
次の美味しいの期待しています!!

↓認めたくないものだな……自分自身の、若さ故の過ちというものを…
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

↓兄弟サイトやってます!ライオンズ、クッタ
http://kuttachan.cocolog-nifty.com/kutta/
by kuttachan | 2013-03-28 12:01 | 食べ物 | Comments(0)


<< 但馬空港で“感動の?再会”~初... サントリー グランドライ~麦酒... >>