炭水化物・牛・炭水化物!~やきそば牛丼~

基本的にですね、年に何日かは“牛丼を食べたくなる日”と言うのがあるのですよ。
でもですね、そんなの「“しば漬け”食べたい」なんて、仕事に疲れて思うのではなく、本当に思いついた様に急になるもんだから、行く店なんて自分が住んでいる(又は勤務先)近くの牛丼屋になるわけですよ。
そうすると、うちの周辺は田舎なので選択肢も無く“すき家”になっちゃう訳ですね。“東京チカラめし”なんて、関西の片田舎にはなく、出張で東京出ても、“ひとり昼食”はしないか“新幹線内でおにぎり程度”なので、“アメリカの片田舎のおっさんがNYのスタバに入れない”位手の届かないものなんですよ…

まぁ、牛丼各社には色々“得手不得手”と言うものがあり、すき家は“乗せモノ(要は牛丼にトッピングする)”系が得意ですよね。
でもこれが、商品開発の担当が「あるいみ適当」に撃ってくるので、あまり“びびっと”こない。

“ネギ乗せ系”←これはアクセントあるのと個人的にネギ好きなので結構注文する。ただし分葱の方。白葱はちょっと重いのでパス。
“おろし系”←これも、“脂っこい”後口が嫌な時に注文。ただ、“そんなとき”は基本的に牛丼食わない。
“マヨ系”←個人的にはマヨラーではないので、靡きもしない。
“キムチ・メンマ系”←個人的に牛丼には紅ショウガも付けないし、「なんで味付きご飯に漬物つけるねん(かしわに付いている沢庵は好きだが)」と、言う発想があり、これもパス。
“きんぴら”←そりゃ“口の中では一緒”になるが、「結局おかずじゃん」つーことでパス。
“鳥そぼろ”←牛丼ちゃうやん
“カレー”←だから牛丼ちゃうやん(怒)

で、ついにそんなん“空振り”の多いすき屋の中で、“びびびっ”と来るものが出たのですよ…

やきそば牛丼 並 390円(うちの地域では)

b0081121_6475443.jpg

来ましたね。“牛丼”の上に“炭水化物”を乗っける力技。

発売日から結構TV各局で取り上げられて、皆「焼きそばパンの発想ですね」となぜか口をそろえる代物

b0081121_648837.jpg

で、添付の青のりとソースをかけるとこんな感じ…


で、お味は…
しょっぱ!(なんか最近味を大文字でごまかす系が増えてるなぁ…)
ただでさえ牛丼が“いい塩加減”なのに、やきそばのソースが“塩加減”を増量させている。やきそばパンは「塩気のあるやきそばを塩気の無いパン」で挟むから成立するのであって、“塩気”+“塩気”でよーけ“塩辛く”なっているつーねん!!

一昔前、“余分3兄弟(塩分、糖分、脂肪分)”ってあったけど、“糖分”以外は“おつりがくるほど”あふれとるやんけ…

もうさ、おっさんになると、“脂っこい”ものも、“塩っ辛い”ものも受け付けなくなるんですよ…じゃ、やめればいいのに貧乏性だから食ってしまい。後悔して、油断ボディになってゆくスパイラル…

↓すき家さん、こんど「おっさん。年寄り」向け商品出してください…
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

↓兄弟サイトやってます!ライオンズ、クッタ
http://kuttachan.cocolog-nifty.com/kutta/
by kuttachan | 2013-04-18 06:52 | 食べ物 | Comments(0)


<< 激讃~ぺヤング 和風焼き蕎麦~ サッポロ 麦とホップ 赤~麦酒... >>