ヱビス プレミアムブラック~麦酒酔噺その132~王道だ!

私はこのビールの販売を聞いたとき思った。
「“ヱビスプレミアム”の“ブラック”」なのか?「“ヱビス”の“プレミアムブラック”」なのか?
前者であれば、ただでさえヱビスビールは“プレミアムビール”の部類に入るので、“プレミアムのプレミアム”になるし、
後者であれば“プレミアムブラック”であるが、「黒のいいやつ」と考えれば理解出来る。

「さぁ、どうですかね?」とコンビニ行ったらいつものヨレブンに置いて無く、ローソンに“ひっそり”置いてあった…
b0081121_655769.jpg

ヱビス プレミアムブラック 350ml/254円ちゃんと“プレミアムブラック”ってわかりますね


ヱビスは最近色々亜流を出してきたが、わたしの過去ログ見ている限りは、黒で勝負してきたの2007年のヱビス黒リニューアル以来ですね

黒と言うのは“爆発的ヒット”は飛ばせないと思うのですが、“そこそこヒット”と言うのは飛ばせると思うのです。
基本的に(私の考えは)ビールに対しては、何かのつまみ(まぁ色々ありますが)が必要なんですが、
黒ビールは「黒ビールだけで行ける」。逆に「つまみがある」と言うのは、亜流でビールを楽しむので、食後や寝る前に本を読みながらとか
いいですね。

要は“主役度”“独立性”が異なるのです。こいつは「ビールの味を楽しむために行ける」と…

もっとわかりやすく言えば、最近の菊池雄星なんですよ。入団したころは青く(リキュール①位か?)かつ上司と合わず、「この先大丈夫か?」
なんて言われたのが、今じゃ西武のエース、勝ち頭ですよ。ちょっとまだばたばたしているけど、“しっかり結果を残す”。
そして5勝目にも「まだまだ目標の半分ですから」と言える。いいねぇ!

ドライとか“新しい新ジャンル”とか何とか"ぴーちくぱーちく"言っても所詮「リキュール①類」なんですよ。
ビールはビールで勝負しましょうよ。と言う事です。

で、グダグダ持論書きましたが、お味は。

うん、ボディがしっかりしていて、“飲みごたえ”がある。
甘くもなくアルコール臭もなく、私の血液と称するGuinnessと一緒で、飲む栄養、小麦の味がじっくり詰まった感じですね。正に王道だ(正道は長○産業だ!)!

こりゃ久々の“おススメ”です。

↓昔の私のビール批評って点数制だったのね、今じゃ書けません…
にほんブログ村 酒ブログ ビール・発泡酒へ
にほんブログ村

↓兄弟サイトやってます!ライオンズ、クッタ
http://kuttachan.cocolog-nifty.com/kutta/
by kuttachan | 2013-05-22 06:58 | 麦酒 | Comments(0)


<< ぜいたく三ツ矢 山形県産ラ・フ... 参拾弐番:禅師峰寺 >>