やわらか麦~麦酒酔噺その303~“やわらかい”より


“安さの限界に挑戦!”

最近のニュースでは「酒税が変わってビールと“リキュール①”の
格差がなくなる予定」と、出ていましたね。

私は正直言ってビールは好きです。で、リキュール①なんですけど、たまに“うん行ける”と感じるのはありますが、“これを常飲”と言うのはありませんね。。

なぜなら、リキュール①の方の酔い方と言うのがビールとは異なるんです。
例えば350 mlを3本位飲むと、まぁ“気分良い”感じになりますが、
リキュール①類は、その後“すっ”と抜けてゆくんですね。ビールは残るけど。。
多分“アル添”しているせいだと思うのですが、合わないんですよね。
気分だけだったら、最近はオールフリーとか飲んでいるし。。

でも、リキュール①は、
良いように言えば“庶民のお酒を安く提供”悪いように言えば“税制の盲点”を
突いているのですが、色々知恵とか工夫とかしていますよね。

それこそコストを下げるために“日本とかで作らない”とか。
でも、そんなことあると、日本ではなじみのない国のビール(厳密に言えばリキュール①だけど)
あるんですよね。そんな一品。
b0081121_6131440.jpg

やわらか麦 330 ml/88円

たしかこれ、どこかのディスカウントストアにおいていた品、でも良く見ると“ベトナム産”って
書いてある。ベトナム産のビールって“333”が有名ですね。あれは結構さっぱりしていますが“辛いのに合う”と言う感じのビールであったと認識しています。

そういうところで期待されていますが、お味は。。
「うん、薄い麦茶にアルコール突っ込んだ味」(一応これで以上)
と、言うか、“やわらか麦”と言うことで「味は“そんな”にきつくない」系と考えていたが、
まさかここまで、薄くて“コク”も殆ど感じないとは。。

“やわらかい”と言うより“ない”でした。。

↓別のベトナム産ビールに期待。。
にほんブログ村 酒ブログ ビール・発泡酒へ
にほんブログ村
Thanks for Your Click!
by kuttachan | 2015-01-15 06:14 | 麦酒 | Comments(0)


<< 大阪近場の穴場!妙見山その4終... 愛のスコール⑪ 巨峰~そして⑫... >>