サントリー ザ・プレミアムモルツ 初仕込~麦酒酔噺その305~ビールの劣化を知る

本当であれば、これを今年最初のビール新商品としてあげるつもりでしたが、サッポロのミュンヒナーデュンケルに持って行かれてしまいました。
b0081121_682339.jpg

サントリー ザ・プレミアムモルツ 初仕込(右) 330 ml/245円


いやね、これ最初に見たとき、“初仕込”って“今年初仕込”と思ったんですよ。
もうそう勘違いして「なんだよ、スーパードライみたいに味で勝負できないから、出荷時間で勝負かよ?」
なんて思っていたら、「2014年のダイヤモンド麦芽の初仕込」らしいです。

結構プレモルは色々出してきていますね。これには賛否両論ありますが。。
でも、色々出すとプレモルの“プレミア感”が下がるような気がしますけどねぇ。。しかし、この流れが主流で最近はヱビスも色々出してきていますからね。。

で、お味は。。
基本的にプレモルと同じような気がするが。。若干色は(すみませんオリジナルと飲み比べて写真撮るの忘れた。。)“初仕込”の方が濃ゆいですね。
あと、強いて言えば、飲んでいる時の“えぐみ”と言うか、舌の上の渋みが若干強いような気がします。
よーーく考えたら元々プレモルは“ダイヤモンド麦芽”使っているので、差としては、出荷から飲むまでの時間の差であって、基本的には変わりませんよね。
(ちなみに飲み比べたオリジナルは2014年9月下旬製造とかいてあった)
多分これが、缶ビールの出荷してからの“劣化の度合い”と言うことでしょうね。
差があるけど、この差を好んで飲むことはないと思う。

↓と、言うことはやっぱりスーパードライの“製造後3日以内に出荷”と、言うやつは大したことないつーことだな。。
にほんブログ村 酒ブログ ビール・発泡酒へ
にほんブログ村
Thanks for Your Click!
by kuttachan | 2015-01-22 06:26 | 麦酒 | Comments(0)


<< ヘリオス 天使のレッドエール~... サッポロ ミュンヒナーデュンケ... >>