忍泡伊賀~麦酒酔噺その312~こういう“フルーティ”もあり?

伊賀の麦酒はどうなんだ?

これ、先日UPした赤目48滝の帰りにバス待っている間に買ったビールなんすけど、買った後にバスの中でよくよく考えたら、忍者はビールなんて飲んでいなかった(飲んだとしても、日本酒か?)と、思った品。
b0081121_6391914.jpg

忍泡伊賀 400円


いやね、“地ビール”って色々ありますが、難しいとは思うんですよ。だって、地元の特産品入れるのはいいかもしれないんだけど、「果たしてそれが美味しくなるか?」と問われれば話は別。
絶対と言っていいほど、ビールと言うのは純粋に“麦芽”“ホップ”“水”だけなんだろうな。
かつ日本と言うのは酒税の関係で、ビールに何か突っ込むと“発泡酒”になって、印象が悪くなるしね。

あとねネームのセンスはどうなんだ?“忍泡伊賀”って強引にビールに引っ掛けてきているな。。こういうの、嫌いじゃないけど。。

まぁ、いいや、お味は。。
うーーん、これは初めての感覚だ。
何が“初めて”ってか、例えばベルギービールだったら、オレンジの感じがするし、アル添しているのであれば、青りんごっぽいにおいがするんだが、これは“梨”の香り。
特に別段他に印象ないんだが、口に含むと梨の香りがする。あるいみフルーティ。

これは全部なんだろうか?またBear Beerみたいにロッドはずれなんだろうか??

↓忍者だけに“七変化”でこんな味作っている。。とか。
にほんブログ村 酒ブログ ビール・発泡酒へ
にほんブログ村
Thanks for Your Click!
by kuttachan | 2015-02-10 06:42 | 麦酒 | Comments(0)


<< アサヒ クラフトマンシップ ド... 美味いぞ!播州ラーメン番外編~東来春 >>