アサヒ クラフトマンシップ ドライポーター~麦酒酔噺その313~できるじゃん!

率直な感想。
「できるじゃん!やりゃ。」
なんかね実はね、私は“クラフトビール”つーのはわからんちんなんですよ。

なんかの記事で、今アメリカでは“マイクロブルワリー”つーのが流行しているらしい。
要は大手ではなく、小さい企業が「本当においしいビール」を作っていること(英語の記事だったんで、多分)らしいんだが、
そう考えるとクラフトビールの定義と言うのがイマイチなんだが、このアサヒの“クラフトマンシップ”シリーズとか今後キリンが展開するであろうクラフトビールつーのはアメリカの流れとは違うと思う。
まぁ、アメリカの大手と言えばバドやクアーズとかだけど、あれは本当に「その場しのぎのビール」(まぁ、アメリカで一口目飲むとおいしいんだけどね。。)なんだけど。

と、前置きが“うだうだ”書きましたが、最近は“スーパードライ ドライプレミア 初仕込みプレミアム”とか“スーパードライプレミアム 香りの琥珀”とか“スーパードライ一辺倒”で、基本的にスーパードライを「キリンラガーを腐食したスプーンを咥えて飲む味」と評している私としては、結局のところスーパードライだったんすね。

で、今回もポーターに“ドライ”とかつけたから、「ああ、またアサヒは芸無しのドライか(略して“アサ芸”)」と思って買った品。
b0081121_87525.jpg

アサヒ クラフトマンシップ ドライポーター 350 ml/249円

で、味なんですが、その前にまたアサヒは薀蓄書いてきたので、一応突っ込んでおきましょう。
b0081121_815222.jpg

醸造学マスターによる処方監修

↑じゃ、今まで何やっていたの?

ロースト香が特徴のチョコレート麦芽を一部使用

↑多分100%だと味がおかしくなるので「最高のブレンド」相当の表現が良かったですね。

苦みの決め手となる厳選ホップを一部手で投入

↑(ここが一番突っ込みたかった)手で入れて差があるの??ないと思うけど。

どっしりしたコクを造り出す上面酵母を使用

↑私は好きですが、“上面発酵酵母”ちゃう?

麦芽100%による、深く、濃く、膨らむ味わい

↑これが本当のビールなんじゃない?

通常より1.3倍熟成させた長期熟成製法

↑長期になればなるほど効率悪いよね。お疲れ様です。


いやね、私としては、「スーパードライじゃない」と言うだけで評価できるのですが。。
んで、お味は。。
一口目:甘い、飲んでいるとき:ちゃんとボディがある、飲んだ後:のどの上に心地よい後口が残る
これが、一連で流れる。それぞれが独立していない。
逆に“ドライ”ポーターと言っているが、どこが“ドライ”?あえて言うなら後口?
でもスーパードライの後口は“えぐみ”だけどこれはちょっと違う。
何より評価できるのは、本当に味が“一連で流れる”こと。曖昧な言葉だけど、“ハーモニー”があること。

いやね、アサヒ、やりゃできるじゃん。こんな技術あるならスーパードライ一辺倒からやめて、ちゃんとした「美味しいアサヒのビール」つーものを作ればいいのに。。
でも、これで、「ドライクラフト」とか作ったら“ネガキャン”してやる。

↓アサヒとしては私の中で二つ目の“おすすめ”です(一つ目はこれなんだけど。。)
にほんブログ村 酒ブログ ビール・発泡酒へ
にほんブログ村
Thanks for Your Click!
by kuttachan | 2015-02-11 08:33 | 麦酒 | Comments(4)
Commented by けんけん at 2015-02-18 03:22 x
うむうむ、クラフトマンシップ ドライポーター確かにおいしいですね。何よりも値段がズルい。

ポーターを飲もうと思ったら国内クラフトビールだと500円から700円はする。輸入ビールも同様の値段する。

その半値近くで普通に飲めるポーターがくるとびっくりしますね。

ちなみに、余計なお世話かもしれませんが、チョコレート麦芽を一部使用の理由は、100 % チョコレート麦芽で行くと、酵素による糖化度が低く製法上、工程上で困難を極めるためです。たぶん。

ついでに、ホップを手で投入するには、人が作業するため目視による投入になります。香りをつけるホップは仕上げに入れタイミングの調整が必要です。既存製品は別段、日々の調整によって時間等による投入で平気ですが、限定品になるとそこまでデータや調整ができないんですね、えぇ。なので手で投入するのでしょう。
 
Commented by kuttachan at 2015-02-19 06:51
けんけんさま
コメントありがとうございます。またレス遅れて申し訳ございません。

他の方のサイトでもドライポーターは評判高いですね。私もそんなに他の方のブログ見ない方なんですが、それでも“おいしい”と言う表現が出てきますので、やっぱり美味いんでしょうね。

ビールの製造工程お詳しいですね。私も一応の“酒好き”として、ビール、ウイスキー、ワイン、日本酒、焼酎の座学の本(Dancyuとか)持っていますが、全然頭に入りません。
私がいまだに最高と信じているギネスでさえ、たまに上面発酵だったか否か迷ってしまう程ですので。。

また是非色々コメント等にてご教授頂ければ幸いです。このような勉強になること大好きですので。m(_ _)m
Commented by けんけn at 2015-03-22 08:29 x
お返事ありがとうございます。

そういえば、近い内、クラフトマンシップのペールエールがでますよ。サッポロはサッポロでネット限定のペールエールが出るとかで、なんだか最近よく分からなくなってきました(笑) 個人的には嬉しい話ですが・・・・・・

その点、こういうブログで上手いこと紹介されているのを見かけると買う時の目安になっていいですね。
 
Commented by kuttachan at 2015-03-24 06:36
けんけん様

コメントありがとうございます。またレス遅れて申し訳ございません。

今年は本当に各社クラフトビールを色々出してくるみたいですね。私も非常に楽しみにしています。
ただ、コンビニ限定とかで売り出して頂ける分には問題ないですが、「ネット限定で12本」とかの“バルク販売”されると、
おいしければいいですが、その反対だと不味いの12本も飲まされる(それも自腹で買って)と言うのは、凹みますね。

また精進してブログ更新して行きたいと思います。


<< 【マック】ハワイアンバーベキュ... 忍泡伊賀~麦酒酔噺その312~... >>