アサヒ クラフトマンシップ ドライペールエール~麦酒酔噺その331~ハードル上げすぎた

やってきました、多分私的にはアサヒで一番うまいと思うクラフトマンシップシリーズ。
ちなみに前回のドライポーター(まだクラフトマンシップはこれしか出てない。情報だとあと2つは出すみたいだけど)でアサヒへの評価を見直してしまったんですね。

逆にその私の“アサヒ嫌い”最たるものは、ただでさえ嫌いなスーパードライの外側を変えただけと言う春限定スペシャルパッケージとかね。

と、言うことで第2弾がやっと出てくれました。
b0081121_6112450.jpg

アサヒ クラフトマンシップ ドライペールエール 350 ml/249円


一発目は“ポーター”、二発目は“エール”ときましたか。。
実は(本当に私の記憶が確かならば)アサヒはエール6と言うビールを出していて、あのころに関してはアルコール度数の高いかつちゃんとしたエールを出していたんだな。
だからアサヒはエールに自信をもっているのではないでしょうか?

さてさてまた裏には薀蓄書いています。

b0081121_6145840.jpg

折角だから前回のドライポーターと比べてみますか?

b0081121_62725100.jpg

これと

ちなみにここから比較して書きますが、がペールエール、茶色がポーターね

1.醸造学マスターによる処方監修

1.醸造学マスターによる処方監修


2.華やかな香りのカスケードホップを一部使用

2.ロースト香が特徴のチョコレート麦芽を一部使用


3.香りの決め手となる厳選ホップを一部手で投入

3.苦みの決め手となる厳選ホップを一部手で投入


4.豊かなコクを造り出す上面酵母を使用

4.どっしりしたコクを造り出す上面酵母を使用


5.麦芽100%による、深く、濃く、膨らむ味わい

5.麦芽100%による、深く、濃く、膨らむ味わい


6.通常より1.3倍熟成させた長期熟成製法

6.通常より1.3倍熟成させた長期熟成製法

もうちょっと、いじろうね。。ただ今回はホップに力入れているんですね。。

まぁ、いいや、期待していたお味は。。
一口目に軽い苦み、後口が良いホップ。
口蓋に刺激は感じられない。ただ舌に心地よい苦みが残る。
“ドライ”と言っている割には、ドライ感がない。“丸い”ではないが“まとまっている”
ただ、前回のポーターの衝撃が強かったから、ちょっとハードル上げて期待より。。と言う感じかな。
でも、しっかりここまでアサヒがしっかり作れるのは評価できるんですけどね。。

↓なんかアサヒを誉めているみたいですが、文面で判断してください。私本当にスーパードライ嫌いです。最近の送別会シーズンで辟易しています。
にほんブログ村 酒ブログ ビール・発泡酒へ
にほんブログ村
Thanks for Your Click!
by kuttachan | 2015-03-25 06:39 | 麦酒 | Comments(0)


<< キリン 一番搾り 小麦のうまみ... カップヌードル ライト+ ラタ... >>