アサヒ ザ・クラフトマンシップ ドルトムンダー ~麦酒酔噺その426~どっちが良い??

これ、先日(と言っても1週間前)紹介した続きです。はい。

最近のサッカー日本代表に言えることなんですけど、
香川真司は2人います。

一人目は日本代表の香川真司選手。
もう、ほんと“ダメダメ”で、“いるかいないか”も分かりません。
二人目はドルトムントの香川真司選手。
サッカー界の“牛若丸”と呼ぶにふさわしく、パスの精度も最高です。

何故かと言うと、先日のアサヒ ザ・クラフトマンシップ ダークラガーと一緒に売っていたこれですが、
“ドルトムンダー”と言うと、つい先日サッポロがドルトムンダー出していましたね。
さてさて、同時期に(と言っても7月と10月じゃ“同時期”と言うかは疑問だが)出てきている同じ品どうでしょうか?
b0081121_10322689.jpg

アサヒ ザ・クラフトマンシップ ドルトムンダー 350 ml/311円

b0081121_10324135.jpg

ギフト限定です。

b0081121_10325380.jpg

(おまけ)“本製品は「アサヒクラフトマンシップブルワリー東京」(墨田区吾妻橋)で製造したものではございません”

やっぱり吾妻橋麦酒(製造は北海道)で突っ込まれたのかな??


で、薀蓄書いているのですが、クラフトマンシップとザ・クラフトマンシップは違うのでアサヒ ザ・クラフトマンシップ ダークラガーと比べてみましょう

b0081121_10355372.jpg

これと

b0081121_10422975.jpg

これね


がドライセゾン、がダークラガーね

1.ビール醸造職人とドイツ醸造学マスターがヨーロッパの伝統的ビールタイプから厳選したドルトムンダータイプ

1.ビール醸造職人とドイツ醸造学マスターがヨーロッパの伝統的ビールタイプから厳選したダークラガータイプ


2.ドイツ醸造学マスターによる処方監修

2.ドイツ醸造学マスターによる処方監修


3.厳選した二種類のドイツ産ホップを使用

3.厳選した4種の麦芽を使用


4.ドイツ産テトナングホップ一部使用

4.黒麦芽を全量手で投入


5.ドイツ産テトナングホップを手で投入

5.厳選した下面発酵酵母によるすっきりと飲みやすい味わい


6.麦芽100%(ミュンヘン麦芽一部使用)による飲みごたえと深い味わい

6.通常より1.3倍熟成させた長期熟成製法


ってか全然違うなぁ。。と、言うか“2種のホップ”と言っているけど、テトナングホップ推しすぎ。もうひとつは??
ホップだけで3つも取っているし。。

まぁ、いいか、お味は。。
一口目にアルコール臭が抜ける。
舌先に“すっぱい”と言うか何か残る。薀蓄には“深い味わい”と書いているが、軽い方向に向いている。
やっぱりこれが、ドライな方向。
もう少し重くてまとまりがあった方がいいなぁ。。
と、言うことで、今回の“ザ・クラフトマンシップ ギフトセレクション”の「どっちが良い」と言う話ですが、ダークラガーの方がいいですね。

↓ドルトムンダーの香川ではなく。。
にほんブログ村 酒ブログ ビール・発泡酒へ
にほんブログ村
by kuttachan | 2015-10-18 10:42 | 麦酒 | Comments(0)


<< カップヌードル カボチャ仮面の... サントリー ラドラー ブラッド... >>