ヱビス with ジョエル・ロブション 余韻の時間~麦酒酔噺その498~それでもロブション!

今年はロブション2連発!

どうしたんだ?今年?
と、言うかですよ、これはたしか“香り華やぐヱビス”としてやってきていた品ですね。
ちなみにこれは私の過去ログ上4年連続となる品で最初の2013年のがこれで、翌年の2014年のがこれさらに2015年のがこれとなっていて、2016年には先に華やぎの時間として出していた続きとなります。
b0081121_5593812.jpg

ヱビス with ジョエル・ロブション 余韻の時間 350 ml/271円


いやね、このシリーズが出るまで、「ジョエル・ロブションって何者?」と思っていましたが、“そこそこ(と言うかかなり)”有名な人なんですね。。
でもそしたら、なぜフランス人なんだろうか??あんまりフランス料理にビールと言うのはそんな(いや、ありゃ飲むけど結局ワインに行きますよね)飲まないし、、それだったら道場六三郎監修とかにしてほしかったなぁ。。
(と書きながら某サントリーが「和食に合う」とコンセプトの元“和膳”って作ったけど一瞬で消えたもんな。。)

裏には薀蓄書いています。

b0081121_67533.jpg


ヱビス with ジョエル・ロブション

余韻の時間

熟した果実を思わせる

薫りのホップ品質「モザイク」を使用

口いっぱいに広がる豊熟なコクと薫りの余韻。

食事中や食後のくつろぎに、大人の時間を演出する。

フレンチの巨匠も認めた、限定醸造のヱビスです。


先月出した華やぎの時間で「麦芽に凝るのか」と書いていましたが
結局華やぎの時間はブレンドホップで、こちらは「モザイクホップ」。私の過去ログ探しても「モザイクホップ」は出てきませんでしたね。

ではお味は。。
硬口蓋への刺激。独特な香りを感じるが、何か飲んだことある。多分グランドキリンのホップフルーティジ・アロマに近いんだろうなぁ。。
飲んでいる間にパッションフルーツの香りとかすかな甘みがある。
なんか路線としてはほぼ華やぎの時間と変わらないと言うのが印象。
もうそのまんまで、ブレンドコーヒーを飲むかキリマンジャロを飲むかの違い位。

↓それでも来年はまたロブションでやるんだろうなぁ。。
にほんブログ村 酒ブログ ビール・発泡酒へ
にほんブログ村
Thanks for Your Click!
by kuttachan | 2016-03-03 06:19 | 麦酒 | Comments(0)


<< サントリー ザ・プレミアムモル... アサヒ ザ・ドリーム~麦酒酔噺... >>