うまい麦~麦酒酔噺その505~頑張れる所まで

安さの限界に挑戦!

もうね、デフレと言う言葉はもう昔の話なんですよ。
最近は「マイナス金利」とか出ていますけど、今が好景気だか不況だかわからないんです。

賃金は上がるけど税金も上がって貯蓄はできていないんです。
でも株価は乱高下しているけど、落ち続けてはいない。
「クジラのせい」とも言われていますが、私経済には疎く政治が経済を決めるのはほぼ社会主義と思うのだが違うのだろうか?

そんな中で「安くビールを飲みたい」と言う思いにこたえたものがまだありました。
b0081121_730733.jpg

うまい麦 330 ml/79円


まぁ、量をちょっと減らしていますが、79円とはまたおもきし下げてきましたね。
普通のビールが200円前後ですから半額ですよね。味は別として。
まぁ、大体削るところは分かっているのですが。。。

と、言うことでお味は。。
硬口蓋への刺激。基本的に大吾郎のアルコール臭が抜けますね。
この商品の名前は「うまい麦」なんだけど、“麦のうまさ”はどこに求めているんだろう。。
大吾郎のアルコール臭しか支配していない。
でも79円で文句を言うわけにもいかないかな。まだ飲めなくはない程度のセーフな味。

↓この流れで行くと特売品ではなく50円台出てきたらびっくりぽんですね。
にほんブログ村 酒ブログ ビール・発泡酒へ
にほんブログ村
Thanks for Your Click!
by kuttachan | 2016-03-22 07:30 | 麦酒 | Comments(0)


<< キリン グランドキリン うらら... 淡路屋の“ひっぱりだこ飯”~中... >>