アサヒ クリアアサヒ 吟醸~麦酒酔噺その596~名づけの妙

“吟醸”って、日本酒に使う言葉だね。。
某知識の宝庫によると、“吟醸酒”とは日本酒で「米、米こうじ、水、醸造アルコール」使ったものと定義されています。

と、考えると嘘ではないんだなぁ。。
ただ、これは、リキュール①類なんだけど。。。
b0081121_6104017.jpg

アサヒ クリアアサヒ 吟醸 350 ml/108円


最近色々攻めているクリアアサヒ。
クリアアサヒ系列としては、“秋の琥珀”“クリスタルクリア”に続く品ですが、
例年出ているものではなく、新しいもので、結構「名づけの盲点」ついてきています。

日本酒も勉強しないといけないのだが(親戚に杜氏いるのに)、なんか合わないんだよねぇ。。
ビール以外私の体質に。。だから“吟醸”と言われて「高級なもの」と想像してしまうけど、実際は
“純米”って使ったら、アル添認められないんだね、でもこれはビールではないな。
(あっ、一番搾り使っているんだっけ。。)
と、言うこと、、、

で、お味は。。
硬口蓋への刺激。結構飲み応えがある。
後口もよいが、悲しいことに最後の最後で、抜けてしまう。これがビールだったら“受け止めて”良い余韻が
残った可能性があるのだけど、残念。
しかし、アサヒ恒例の“スーパードライ寄せ”がなく、結構おいしく飲める。
正直不味いビールより整っているのではないか。
これはMaxValueで買って108円だったけど、この味で108円は上出来と思う。

↓でもこれを生かせられないのが、“ある意味”アサヒのいいところ。。
にほんブログ村 酒ブログ ビール・発泡酒へ
にほんブログ村
Thanks for Your Click!
by kuttachan | 2016-10-13 06:11 | 麦酒 | Comments(0)


<< サッポロ 麦とホップ 赤 FE... ぜいたく三ツ矢 広島県産はっさ... >>