KWIK(クウィック)ヴァイツェン~麦酒酔噺その639~もっと忘却のかなたに

先日のクウィックなんすけど、「こんなんは忘却に忘れ去られる」みたいな事を書きましたが、
それが続きものになると、もっと厄介で、
「その前のものを紹介しないと、こちらが紹介できない」と言うもっと悪いスパイラルに入って行って、また連荘になると、その間に新商品が入らないように気をつけないといけないと言う。。
そんな状態のビールです。
b0081121_6334854.jpg

KWIK(クウィック)ヴァイツェン330 ml/210円


先日のクウィックの“味違い”となります。

で、お味は。。
硬口蓋への刺激。ひと口目に“甘み”から入って、後口に“酸味”が抜ける。そしてその後にアルコール臭が抜ける。
なんか“この感覚”はどこかで飲んだ気がするんだなぁ。。でも思い出せない。
もしかしたらどこかの乳酸菌系飲料か??

↓味も内容も“忘却”として忘れ去られるのでした。。「飲んだこと」忘れて、また上げるのだけは気をつけよ。
にほんブログ村 酒ブログ ビール・発泡酒へ
にほんブログ村
Thanks for Your Click!
by kuttachan | 2017-01-16 06:34 | 麦酒 | Comments(0)


<< サントリー ザ・プレミアムモル... 落ちたか? >>