【お遍路別格】拾参番:仙龍寺

昨日の大善寺からは日付が異なり、高知の方から高速で向かいました。

別格 拾参番:仙龍寺

高知からだと高知道の新宮インターに出て、そこから国道319号線を西へ行くのですが、土佐(北)街道の県道5号線分岐まではいいのですが、そこからの道がいわゆる“酷道”。
でも、久しぶりのお遍路の私。「ジスイズお遍路!!」と喜ぶ私。
しかし、その道を抜けると、結構立派な建物が迎えてくれます。
b0081121_623916.jpg

下から本堂を眺めます。紅葉に映えますね。

b0081121_6232058.jpg

こんな所(失礼)にもバス来ているけど、すくなっ!

b0081121_6233574.jpg

先ほどのバス停のところから、坂を登って本堂前に来ました。車が来ていますけど、ここの阪は車で上るのはおすすめしません。

また、ここの面白いところは、ひとつの建物に本堂と太子堂が入っている(たぶん)こと。建物はなんか東北の旅館みたい。。

b0081121_6235037.jpg

凄いのは建物の入り口部の下に瀧が流れていること。その瀧を跨ぐように建物が出来ています。よく写真には写っていないけど、戦前にできたものです。

b0081121_624113.jpg

しっかり御朱印も頂きました。


山の中の建物に歴史を感じる寺でゲット。

別格 拾参番:仙龍寺
愛媛県四国中央市新宮町馬立1200
行き方(車ね):瀬戸大橋側からだと三島川之江インターから椿堂を絡めたほうが良いし、
        高知側からだと新宮インターから30分はかからなかったと思う。

↓次は別格 拾四番:椿堂 常福寺
にほんブログ村 旅行ブログ プチ旅行へ
にほんブログ村
by kuttachan | 2017-02-21 06:26 | お遍路 | Comments(0)


<< アサヒ クリアアサヒ 贅沢ZE... アサヒ スタイルフリー パーフ... >>