北海道のお米~そういえば、、、~

前日吉原屋の妾丼のご飯が「マズイ」と書きましたが、
私の住んでいる街はけっこうウマイ米が流通しているのです。

ひとつめ
「ほしのゆめ」
b0081121_22281484.jpg

基本的には大雪の麓で作られ、“コシヒカリ”と“きらら397”のハイブリットみたいです、、
一時期星○監督が優勝した時に有名になりましたね、、、

ふたつめ
「ふっくりんこ」
b0081121_22304920.jpg

どうもこれは“うるち米”の系種らしい、、このお米の特徴は“冷めても美味しい”こと。
実家に送ったら、好評でした、、

またこの二つは値段的にも“高くない”のです。

ご飯の味は“お米”と“水”が重要な要因と思います、、
沖縄で貧乏学生やっていた時は、安い米買って、沖縄はカルシウムの高い硬水だったので、ご飯が黄色くてマズイ思い出があります、、

そう考えるとこっちのご飯は美味しいです!

さすがは“北の大地”
by kuttachan | 2006-09-30 22:36 | 食べ物 | Comments(2)
Commented by emo at 2006-10-02 12:43 x
一昔前の道産米は冷えると不味いと言われていました。
そう考えると品質改良したんですね~♪
最近の息子の食欲を考えたら、美味しいなら価格が安い方が嬉しいな~w
Commented by kuttachan at 2006-10-02 23:36
へー!昔の道産米は冷めると美味しくなかったのですかぁ?
その点“ふっくりんこ”はお奨めです、本当に“冷めても美味しい”です、、ただ札幌近郊にあるかは問題ですが、、、
ブリとか、少し脂の多い刺身には、美味しいご飯が良く合います、、逆にマズイご飯だと刺身の味まで壊してしまいますね、、、


<< サントリー ジャポネゴールド~... 牛丼復活!~怖くてやってられるか!~ >>