2017年 11月 01日 ( 1 )

サッポロ 冬物語2017~麦酒酔噺その765~冬のバカ

里崎(さん)が言っていましたど、「横浜の選手は(良い意味で)バカがいない」と。。
たしかに、みんな真面目だなぁ。。見ていると。
もうひとつ言葉を借りれば、当時の西岡なんかは「3位から日本一なんてすごいじゃん」みたいな考えで野球をやっていましたが、
今回私が見ている限り「3位から上がったから勝たないといけない」みたいな緊張があるように。。
んなこと言っていたら、「3位なんかに負けられない」つープレッシャーもあるかと思いますが、あまり出てないですよね、、、

調度よいバカがいいのかな?

そう考えると、こちらはバカより“生真面目”な部分でしょうか。。
b0081121_6205454.jpg

サッポロ 冬物語2017 350 ml/223円

もうこれは、息の長い品であると思います。
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
さらには2006年も飲んでレポしていました。

ひとつ気づいたのは「デザイン2年おきの法則」。“ぱっと見”は2016と同じ感じなんですが、よく見ると、結晶の位置が異なっていますね。。多分2018はデザイン変えるな(1年後ネタにするぞ、多分)。

ただ、印象としては、ほかの会社が冬の商戦を出してきて、サッポロの冬物語は後付けのような気がしますが、ことしは結構早めに来ているのではないでしょうか。。

まぁ、いいやお味は。。
硬口蓋への刺激。結構よい感じのコクと苦みが残る。。アルコール6%もちゃんと受け止められている。
缶には“贅沢でまろやかなコク”と書いているが、“まろやか”さは感じられない。
どちらかと言うと「体幹しっかりしていますね」と言う感じのしっかり感。
そう、考えると昨年は「後口ない」と書いていたけど、今年はデザイン変わらず、味変わったね。。

↓私は舌がバカだけど。。
にほんブログ村 酒ブログ ビール・発泡酒へ
にほんブログ村
Thanks for Your Click!
by kuttachan | 2017-11-01 06:19 | 麦酒 | Comments(0)