カテゴリ:麦酒( 744 )

Plank-Bier Hefeweizen(プランク ヘフェヴァイツェン)~麦酒酔噺その700~普通に。。

もう700回目ですねん。
あの、歴史については、お時間あるときにでも過去のものを見て頂ければありがたいです。
記念すべき第1回
まだやる気のあった100回
まだまだやる気のあった200回
これはまだ生きているぞ300回
凝ったけど、出来はイマイチであった400回
これは自分でも良く作ったと思った500回
やる気がなくなった600回

で、麦酒酔噺も700回目なんすけど、
どちらかと言うと400回への自分へのアンサーとなります。
b0081121_5423436.jpg

Plank-Bier Hefeweizen(プランク ヘフェヴァイツェン)500 ml/720円


どこで手に入れたかなぁ?多分どっかの輸入物やなんだけど、
400回のPlank-Bier Heller Weizenbock(プランク ヘラー ヴァイツェンボック)の時に
「美味いな。ドイツビール奥が深い」と書いて、では「その別バージョンはどうなんだ」と買った品でございます。。

はい、もう書いちゃいます。お味は。。
酸味があり、飲んでいて“膨らみ”と言うのがない。
若干フルーツのような香りもするが、印象的ではない。
そして後口に燻製っぽい後口が残る。
正直盛り上がりに欠ける。前のPlank-Bier Heller Weizenbock(プランク ヘラー ヴァイツェンボック)の方が印象的でした。

そのハードルもあってvividには感じなかったのかも。。

一応私の中の目標は「1,000までは続けること。」です。もしこのブログを見ている方がいらっしゃるのであれば、心のどこかで応援していただければ嬉しいです。

↓まぁ、なんと言われようと続けるつもりです。
にほんブログ村 酒ブログ ビール・発泡酒へ
にほんブログ村
Thanks for Your Click!
by kuttachan | 2017-06-08 05:44 | 麦酒 | Comments(0)

サッポロ/7&i 和の逸品 ~麦酒酔噺その699~アサヒよ!これが国産ビールだ!

日本よ!これが映画だ!
→正直面白くなかった。。

でもね、これはサッポロさんアサヒに言っていいと思いますよ。。
アサヒよ!これが国産ビールだ!
b0081121_6214247.jpg

サッポロ/7&i 和の逸品 350 ml/221円


セブン限定販売みたいですが、なぜかサッポロはコラボには結構力入れていて、
同じ“逸品”つながりでイオンとのコラボで“素材逸品”つーの作っていますね。完全に忘れていたけど。。

ただ、「国産材料100%使用」と書いてあるぞ、どこかで最近聞いたぞ、このフレーズ。。

で、お味は。。
硬口蓋の先への刺激。飲んだ後酸味が広がる。
結構刺激が強く。その刺激の広がりが印象的。後口がほのかに苦み。。
ただ、“薄っぺらく”なく、十分「おいしい」と思わせる代物。

そう、正直言って“アサヒ スーパードライ ジャパンスペシャル”コンセプト同じだけど、
全くこっち(和の逸品)の方が美味しいわ。
その前にアサヒ スーパードライ ジャパンスペシャルの方、「輸入トウモロコシを国内でスターチに製造」とか書いている時点でアウトでしょ?
だって、これ、原材料見たら、麦芽とホップだけだもん。。

↓サッポロは本当に胸を張って言って良いと思う。。よ。
にほんブログ村 酒ブログ ビール・発泡酒へ
にほんブログ村
Thanks for Your Click!
by kuttachan | 2017-06-07 06:23 | 麦酒 | Comments(0)

アサヒ ドライプレミアム豊醸 ドイツ産シュパルトセレクト使用 芳醇な薫り~麦酒酔噺その697~大人買い

大人買い!大人買い!

先日AEONにお中元の注文に行ったのですが、その時に買ったスーパードライのジャパンスペシャル(約3,000円)と共に「これもお持ち帰り」と注文し、
お連れ様に「てめー私が6,000円の服買うと言うと小言の一つも言うくせに、自分は何もなしに買うのかい」
と、買った品。。
b0081121_6412935.jpg

アサヒ ドライプレミアム豊醸 ドイツ産シュパルトセレクト使用 芳醇な薫り350 ml/233円位


今年のアサヒのギフトは30周年としてのスーパードライ ジャパンスペシャルと、通常のギフト専用で豊醸シリーズのホップ変えをやってきているみたいです。。
b0081121_6414210.jpg

そうそう、こうやってギフトでね。。


一応3種類、ドイツ、スロベニア、ニュージーランド産ホップとワールドセレクションで来ています(そうか、それと日本産=ジャパンスペシャルつーことか。。)。

で、私はちゃんと3種類紹介いたしますよ。
お味の方は。。
硬口蓋への刺激。結構飲み口としてはさっぱりしている。がボディ感はある。
全体的に“一体感=まとまり”がある。
私としては、ドライなんだけど許せる範囲。
ただ、後口にちょっと何か残る。その何かが良く分からないけど、何か。。。

↓あと2種類紹介するのですが、なんか憂鬱。。
にほんブログ村 酒ブログ ビール・発泡酒へ
にほんブログ村
Thanks for Your Click!
by kuttachan | 2017-06-05 06:42 | 麦酒 | Comments(0)

アサヒ スーパードライ ジャパンスペシャル~麦酒酔噺その696~所詮。。

所詮原材料拘ったって、製法一緒なら味変わんねーな!

と、言うことで、まぁ最初から味の予想が出来ていたのですが、結局“そうだった”と言う品。
b0081121_8535223.jpg

アサヒ スーパードライ ジャパンスペシャル 350 ml/233円

b0081121_854445.jpg

つーこってギフト専用で買っております。

イオンで言われましたわ
クッタ:これ“持ち帰り”で
店員:包装は?
クッタ:必要ありません。
店員:はぁ、でもこれでお渡しするのは。。
クッタ:お渡ししませんからいいです。。
と、持ってきたものです。。

でも30周年記念で、国産材料に拘った(と書きながら注釈で“輸入トウモロコシを国内でスターチに製造”って、これは最後1週間を日本で育てた“国産ウナギ”と言い張る臭いが。。)
製品で、逆にこれ考えると、「全然国産使っていません」言うてるようなもんですね。。

まぁ、いいや、お味は。。
基本本当にスーパードライ。
良い点言えば、味が“きれい”かな?雑味がない。
ただ、全体の感想としては、良い点も悪い点も基本スーパードライ。
そんなに“30周年記念”スペシャル感はない。
同じ30周年としてもスーパードライ 瞬冷辛口よりゃいいかなって感じ。。

↓所詮“スーパードライ”は“スーパードライ”。。
にほんブログ村 酒ブログ ビール・発泡酒へ
にほんブログ村
Thanks for Your Click!
by kuttachan | 2017-06-04 08:54 | 麦酒 | Comments(0)

アサヒ スーパードライ 瞬冷辛口~麦酒酔噺その695~心の目で見ろ!

ままままままままままままま
               まま
              まま
             まま
    まま     まま
     まま   まま
       まままま
         まま
          まま
            まま 
             まま


ずずずずずずずずずずずず ずず ずず
             ずず
           ずず
          ずず
         ずず
        ずずずず
       ずず  ずず
     ずず      ずず
   ずず         ずず


              いい
            いい
          いい
         いい
       いいい
     いい いい
    いい  いい
   いい   いい
         いい
         いい
         いい

↓↓↓↓↓↓

b0081121_5551928.jpg

アサヒ スーパードライ 瞬冷辛口 350 ml/223円


で、お味は。。
硬口蓋への強い刺激。宣伝している通り強い刺激を感じる。
そして飲んでいる間(のどごし)に酸味を感じて、そのあとに金属臭が“むはっ”ときて
後口は何もない。。
正直私の「スーパードライの嫌な所」をすべてさらけ出して増幅しているような気がしている。

「本来であれば、30年凄いね」「ドライ戦争」うんぬん書こうかと思いながら飲んだのですが、
飲んだ味でその気は一気に失せたな。。
逆に言えば
「30年でこれ?」
と、言いたく、特別にしてあげました。

↓心眼つかうこともなかったと言う。。
にほんブログ村 酒ブログ ビール・発泡酒へ
にほんブログ村
Thanks for Your Click!
by kuttachan | 2017-05-31 06:05 | 麦酒 | Comments(0)

サッポロ 麦とホップ 魅惑のホップセッション~麦酒酔噺その694~ホップすか?

♪I wanna a Hop すか?君をもっと夢中にさせてあげるからね♪

♪キラキラのHopすか?羽を広げ魔法をかけて上げよう君だけに♪


中途半端なんだよなぁ~

いやね、私の“麦とホップ”に対する素直な感想。
結構「美味しい」と思うときあるのに、なんか飲み続けられないし、結構店にもなかったりする。
また例えば“クリアアサヒ”とか“のどごし”とか季節もので上げて来るのに、
このような、季節ものと季節に関係ない色物を出したりする。
それらもまた“そこそこ”おいしかったりするのだが、長続きしないという。

そんななかの品です。
b0081121_6115783.jpg

サッポロ 麦とホップ 魅惑のホップセッション 350 ml/111円


麦とホップは最近プラチナクリアのリニューアル版だしているのに、また夏っぽいものを出して、“こういう所”が中途半端なんすよね。。

裏には薀蓄書いています。

b0081121_6143591.jpg

甘い香りのホップと

柑橘のように爽やかに香るホップ

2つのフレーバーホップを絶妙にブレンド

ホップが奏でる、清冽な苦みと、

驚くほどフルーティーな香りを

お楽しみください。


“清冽”ってなんだ?難しい字使いやがって、、“魅惑”も含め「おまえ書け」言われても、書けないっすね。。これ。。

まぁ、いいや、お味は。。
硬口蓋への刺激から飲んでいる時に喉の奥へ刺激が感じられる。そのあとに心地よいホップの香り。
このホップの香り、何か飲んだ記憶があるんだけど、出てこない。。
ただ、喉の奥への刺激とホップが心地よいのだが、余韻がない。。
これがリキュール①の悲しさか、こんな所も中途半端なんだよなぁ。。。

↓ちなみに最初書いた時のこの副題“中途半端”でした。。
にほんブログ村 酒ブログ ビール・発泡酒へ
にほんブログ村
Thanks for Your Click!
by kuttachan | 2017-05-24 06:20 | 麦酒 | Comments(0)

キリン 一番搾り 神戸づくり 2017夏~麦酒酔噺その693~相変わらずの錦推し

キリンは各地の一番搾りのシリーズ。1年に2回やるつもりか?
そんなんだったら、おっかけなければいいのに、結局なんやかんやで追っかけてしまう私。。
で、2017夏シリーズが出てしまいました。
もちろん兵庫の片田舎住んでいても、神戸づくりは簡単に手に入りますがな。。

b0081121_641093.jpg

キリン 一番搾り 神戸づくり 2017夏 350 ml/221円


神戸づくりは「歴史と共に我にあり」ですな

2016/2017の
2016の
2015のやっていますね
b0081121_6412026.jpg

裏には薀蓄書いています

それでは恒例のパワポ起こししてみましょう。。

b0081121_6414057.jpg

相変らずの“山田錦”推し。
一応私の知り合いに醸造関係者いるけど(ごめんな俺日本酒ほとんど飲まなくて。。)、
山田錦は「後付け」で有名になって、「山田錦から酒を造ろう」と言うのはなかったみたいなこと聞いていますが。。

ただ、話は変わりますが、今年は神戸開港150周年。
もうすこしそこは缶にもそれを入れてもらった方がよろしいかとも思います。

まぁ、いいやお味は。。
相変らずのドライ感。1回ちゃんとオリジナルの一番搾りと飲み比べしたほうがいいんじゃないのかな?
そのくらいドライ感がある。ただ、それが某アサヒの金属臭ではなく、食べ物の味を受け止めてくれる感じ。部類的には美味しいと思うよ。
飲む人を不快にしないドライとしては。。

↓私の肝臓が悪くならない限り、神戸づくりは追う予定(あとは職が変わらない限り)
にほんブログ村 酒ブログ ビール・発泡酒へ
にほんブログ村
Thanks for Your Click!
by kuttachan | 2017-05-22 06:42 | 麦酒 | Comments(0)

キリン 一番搾り 福岡づくり 2016/2017冬~麦酒酔噺その692~やっと完結。そして唯一の

やっと一番搾り2016/2017冬完結だよ。。
長かったねぇ。。
b0081121_6444419.jpg

キリン 一番搾り 福岡づくり 2016/2017冬 200円ちょっと位


福岡はねぇ。。大体2か月に1回位は行っているんだけど、なかなか福岡づくりに合うことなかったんだよなぁ。。

毎回福岡の友人に会うたびに「甘木の工場行こう」と約束しながら、やっぱり博多のメシのうまい店に行ってしまうと言う。。
ちょっと気持ち遠いんだよねぇ。。甘木。
バスだったらそれこそ博多・朝倉からすぐなんだけど、“お○っこ太郎”の私としては、トイレのないバスはダメなんだなぁ。。
したくなくても、例えば小1時間のバスに「トイレがない」と分かると、急にしたくなると言う。。

まぁ、いいや。
b0081121_645539.jpg

裏には薀蓄書いています

それでは恒例のパワポ起こししてみましょう。。

b0081121_6471094.jpg

そんで、今回一番搾りの色々なところを紹介いしましたが、実は一番感動(?)していることが。。
b0081121_6473543.jpg

スチール缶と言う。。


多分ちゃんと見ていないからだと思うけど、そんなにスチール缶のビールって記憶にないなぁ。。
多分味は変わらないと思うけど、でも「味どうなんだろう?」と気になりますね。
ただ、一点気になるのは、そんなに福岡の料理味が濃いかなぁ。。
そりゃ京都あたりの「出汁どすえぇ」なんかに比べたら濃いかもしれないけど、そんなに悪意ある濃さは感じないけど。。

まぁ、いいやお味は。。
硬口蓋の刺激の後、結構ボディ感はある。しかし、後口(余韻)はそんなに残らない。
ただ、書いてることに偽りはなく、濃い味の食べ物に合いそう。。
それも“塩辛い”とかそういう単純なのではなく、煮詰めたもの(それこそ豚骨や福岡おでんとかね)に合いそうですね。。

で、結局一番搾り2016/2017冬。多分キリンの工場があるシリーズはすべて紹介しましたけど、
あえて順位はつけません。
つけてもいいけど、結局横浜か神戸あたりが上位に来ると思うし。。。
あんまり他人のビールブログ見ていないけど、やっぱり47都道府県すべて飲み比べとかしている人
いるんだろうなぁ。。お疲れ様です。。

↓これで、結局終わったけど、もう2017夏が私のフォルダで待っているという。。
にほんブログ村 酒ブログ ビール・発泡酒へ
にほんブログ村
Thanks for Your Click!
by kuttachan | 2017-05-19 06:48 | 麦酒 | Comments(0)

WOLF BLACK(ウルフ ブラック)~麦酒酔噺その691~名前に負けるな!

私にとっては、長嶋さんと言うのは、物心ついたときは、
もう「野球解説の楽しいおじさん」と言うことで、第1期長嶋政権の時も記憶なくて(そのあとの王さん藤田さん位なんだな)。
第2次長嶋政権になったときのあのマスコミの盛り上がりと言うのは
逆に「なんでそこまで世間が盛り上がるのかワカラナイ」と言う気持ちでした。

で、なんでこんな導入なのかと言うと、
高橋由伸がルーキーで巨人に入ったとき(一部新聞紙面では、ほぼ西武入り確実だったけど、巨人に強奪された と言ううわさがあったけど)、
定着しなかったけど、長嶋監督が「ウルフ由伸」「ウルフ由伸」言うてたんですよ。。

でもね、これには私ものすごく違和感がありまして、
「ウルフと言えば千代の富士だろう?」つーのがものすごくありまして。。。
子供のころはあんまり相撲の決まり手や“駆け引きの面白さ”とかまったくわからなかったけど、
千代の富士が負ける映像と言うのは私の中で貴乃花に負けたところしかないんですよね。。
その位ウルフは強かった。孤高だった。。

そんな思いを缶見たときに思い出させてくれたんです。
b0081121_621567.jpg

WOLF BLACK(ウルフ ブラック) 330 ml/385円


孤高のウルフが吠えています。
うまくてこんな感じになるのでしょうか?

期待させられますが、お味は。。
なんか独特の味しますね。。ビールはビールなんだけど、何か独特の味がする。
いままでこの感じの近い味も記憶にない。
ちがうと思うが、なんか近いのがビールに味の素を入れた感じ。
美味くないけど、なんか“うまみ”が入っている感じ。
その“なんかワカランけどうまみ系”が後口の“鉄臭さ”を増幅している感じ。。

と、言うことで不味いとは断言しないけど、「う~~ん、これかい?」って感じ。。

↓名前負けしている感じ。やっぱりウルフは千代の富士だね。。(でも最近は我が獅子のウルフだったりして。。)
にほんブログ村 酒ブログ ビール・発泡酒へ
にほんブログ村
Thanks for Your Click!
by kuttachan | 2017-05-18 06:23 | 麦酒 | Comments(0)

サントリー 東京クラフト SAISON~麦酒酔噺その690~味のイメージと色のイメージ

♪Stay tune in 東京 CRAFT BEER♪
♪Oh Bad time 癒えない like The “hangover” soon♪

♪ヨレブン探しても見つからない♪
♪俺の目をかわす 赤い奴♪
涼味ばっか見飽きたよ♪
♪ うんざりだもう♪
♪I always searching for a beer so long time♪
♪襲ってくる 数値の 健康診断♪
♪アサヒなんか待てないよ♪
♪うんざりだもう♪


つーこって、新発売と言うのを忘れていたんですが、結構色々なコンビニ廻ったけど、無かったと言う。。
個人的にはクラフトセレクトの方が好きなんですが、まぁ東京クラフトでやって行くと言うならいいですが、、
b0081121_659620.jpg

サントリー 東京クラフト SAISON 350 ml/257円


東京クラフトシリーズとしてはPALE ALE に続く第2弾で、セゾンビールと来ましたか。
どうもセゾンビールはグランドキリンのセゾンの方が印象が強いんですよね。。

裏には薀蓄書いています。

b0081121_659256.jpg

PALE ALE と変化したので恒例のパワポ起こし

b0081121_6594952.jpg

面白いのがキリンは「ベルギーとフランス」と主張しているのに、サントリーはフランス排除。。。
なんかサントリーフランスと確執あったんでしょうか。。。
まぁ、いいや、お味は。。

硬口蓋への刺激、書いている通り爽やかなパッションフルーツの香りが抜ける。
後口(余韻)も良く、初夏の太陽の下飲むと最高の気分にさせてくれそう。
入手したのが夜だったのが残念。
同じセゾンビールとしては、サントリー(こっち)の方が上だと思う。。

↓ただ、セゾンビールの色ってこの赤じゃないんだよなぁ。。
にほんブログ村 酒ブログ ビール・発泡酒へ
にほんブログ村
Thanks for Your Click!
by kuttachan | 2017-05-17 07:01 | 麦酒 | Comments(0)