カテゴリ:食べ物( 446 )

そば、そば。すば!

南の島へ行って絶対食べるのがこれ!
b0081121_22395899.jpg

(画面みずらいけど)沖縄そば!(写真の右側)、
内地の人は“そば”で勘違いするみたいだけど、多分語源は支○ソバから来ている(前書いたけど)。でも面白いのは、南部は鰹ダシで、北部は豚骨ダシであると言う事。
北の方が薩摩影響を受けていて豚骨になったのでしょうか?

左は“ジューシー”。多分炊きこみご飯に近いと思います。
これは薩摩の“ぞうすい”が“ぞうすい”“じょうすい”“じゅうすい””じゅうしい”となまったとの説が、、、

“うちなー(沖縄)そば”と“じゅーしー”、関西に行けば“けつね”と“かやく”位好きな組み合わせです
by kuttachan | 2006-05-16 22:52 | 食べ物 | Comments(0)

A&W~南の島だけの~

続いて行ったのは“A & W”(エーアンドダブリュ)、地元では“エンダ”と呼ばれています。
沖縄にしかなく、内地とはちょっと違ったメニューがあります。
b0081121_0172367.jpg

これがそれ、左から“オニオンリング”“スーパーフライ”“ルートビアー”。
“オニオンリング”はその名の通り。“スーパーフライ”は“もっちり”とした食感のフライドポテト。原料は“イモ”と書いていましたが、昔は“大豆タンパク”だったよーな?
北海道には“イモもち”がありますね、それのフライドポテト版と考えればよいかと、、
最後に“ルートビアー”、数々のハーブを調合してつくった、健康に良い(と謳っている)飲み物。
味は、ドクターペッパーに近いかなぁ?と言う感じ、、、でも1回飲むとまた飲みたくなります。
まるで変な薬でも入っているのでは病み付きになりそうな美味しさです。

ちなみに“A & W”は“アレンとライト”さんが作って名づけられたそうです。
一部では“あなたとわたし”の略とか言われていましたが、、、、
by kuttachan | 2006-05-11 00:25 | 食べ物 | Comments(2)

サータアンダギー~手に持っているものは、、~

手に持っているものはなんでしょう?

b0081121_8504236.jpg


これは“サータアンダギー”です。
ミスター○ーナッツのD-popの一つを異様に大きくしたものでしょうか?
一つ70円でした

アイリスを見た帰りに景色を見ながら食べました、、、
by kuttachan | 2006-05-10 08:56 | 食べ物 | Comments(2)

べこ餅~南の島ネタ一休み~

b0081121_2201456.jpg

先日は5月5日「こどもの日」でした。
こちらで食べられているのが“べこ餅”(写真)。好きなんですよね、これ。
内地(関東・関西圏)では殆ど見ません。どうも一説では東北~北海道らしい。

でもなぜ北で、黒糖(茶色い部分)を使うのか、想像つきません。
南国ならわかりますが、、、

初春の夜中、一人食べています、、
by kuttachan | 2006-05-08 22:03 | 食べ物 | Comments(0)

ヤギ、やぎ、山羊!

b0081121_1339527.jpg















もう2週間以上前なのですが、やっと南の島のレポートを、、、

空港について、友人が迎えに来てくれていましたが、車にのってから、最初に降りるまで、殆どこの言葉しか、言いませんでした、、、
「ヤギ!やぎ!山羊!Yagi!」
沖縄本島の人も嫌う人がいて、最近は内地でも沖縄フェスタなるものがあっても、絶対と言っていいほど出ないもの、それは山羊!

では、写真を、、右の湯気が出ているもの、これが山羊汁です。ホルモン類で言うところの、“はちのす”にあたるものも見えていますね、もちろん山羊の内臓です、はい。緑の菜っ葉は“ふーちば”、こちらで言うところの“ヨモギ”です。

奥に見えます生肉は、刺身でございます。この店はありませんでしたが、行く所行くと、“キ○○マ”の刺身があり、これがまた美味なのであります、、、
刺身に合わないと私が主張している鹿児島~沖縄の甘い醤油(この話はまたいつか)、ですが、山羊刺だけは合っているような気が、おろししょうがをいれたら最高です!

お味は、、嫌いな人は「山羊小屋の味がする」と嫌いますが、口に入れたとたんのこの香り!、文字では表現できないこの味!
沖縄に行った際は、是非是非ご賞味下さい。
ちなみにこの写真の定食で1200円位。沖縄の食堂にしては、若干高いです。

皆さん忘れているかと思いますが、最後の難読地名「保栄茂」これは「びん」と読みます。なの絶対読めません、、、
by kuttachan | 2006-05-04 13:57 | 食べ物 | Comments(4)

高カカオチョコレート~苦がーいの?~

b0081121_1952560.jpg
実は私は“苦いもの”は全然大丈夫です。

平気で“せんぶり茶”を「この苦味の中のほのかな甘みがいいねぇ!」と飲んでいます。
そういう私に友人が勧めてくれたのは、これ(写真)。

“チョコレート効果”(ちゃっちゃらちゃちゃ、ちゃっちゃらちゃちゃちゃー:ドラ○もん風)
最近のポリフェノールの流行に便乗して、糖分を抜いて、苦味だけが残ったチョコレートです。
一部では賭け事に負けた際の“罰ゲーム”としても愛用されている(と言われている)しろもの。
Cacaoが72%と86%と99%があり、今回は“一番苦い”と言われてる99%。しかも箱にはご丁寧に「非常に苦いチョコレートです」と但し書きまである。

“さすがにくったでも駄目だろう!”と勧めてくれて、食べたけど、、
「いいんじゃない?なかなか、チョコレート全般がもう少しこんな感じになるといいのにね、、、」

ある意味皆を失望させてしまいました、、、
by kuttachan | 2006-05-01 20:04 | 食べ物 | Comments(4)