<   2006年 10月 ( 24 )   > この月の画像一覧

ドップラー効果

から派生した子供の頃の淡い思い出

“ドップラー効果”
ってご存知ですか?

以下Wiki引用
波(音波や光波や電波など)の発生源(音源・光源など)と観測者との相対的な速度によって、波の周波数が異なって観測される現象のこと。発生源が近付く場合には波の振動が詰められて周波数が高くなり、逆に遠ざかる場合は振動が伸ばされて低くなる。
例えば、救急車などが通り過ぎる際、近付くときにはサイレンの音が高く聞こえ、遠ざかる時には低く聞こえるのはこの現象によるものである。
と言うことですね、、


(前も書いたと思うけど)私の祖父祖母は,九州に住んでいて、小学生時代は夏休み間ずっと、行っていたりしていました、、、

まだそのころ飛行機は高嶺の花で、殆ど寝台特急で行き来していました、、、

いいんですよね、あれ、夕方出発するのですが、今の電車みたいに急発進ではなく、ゆっくりゆっくりホームを離れてゆきます、、、
で、子供だからやることもなく(今だったら絶対酒飲んでる、、、1回寝台車でどえらいことやりましたが、、それはまた次回)、すぐ寝てしまいます、、、

しかし興奮といつもと違う振動ですぐ起きてしまいます、、
そうすると、外を眺めます。夜だと鉄道沿線の家の明かりが見え、近いと家の中が見えてしまいます、、楽しそうに食卓を囲んでいる家族、野球を見ているおやじ、、、

そして人気(ひとけ)がなく、明かりだけついた駅を通過するのですが、そのとき駅は多分駅はベルを鳴らしているのでしょう、、、列車のカタンコトンと言う独特の音と共に

カナカナカナカナ♪カナカナカナカナ♪カナカナカナカナカナカナカナカナ♪カナカナカナカナ♪

と表現しづらい、これがドップラー効果でものすごく印象に残っているのです、、

いくつもいくつもこのような駅を過ぎ、くった少年は西の地に想いを馳せ、夜の闇に消え行くのでした、、

懐かしいなぁーこんなのに胸ときめかせて乗っていたのですね、、
b0081121_1715445.jpg

by kuttachan | 2006-10-31 17:18 | おもひで話 | Comments(0)

たこドーグ~謎の食物~

最近気になる食材で「たこドーグ」なるものがある、、
“ぐぐって”も“ヴィキって”も引っかからないのである

どうもこの地域では、食材として生活の一部となっているみたいだが、
この街最大の“スーパー○長”でも売っている店と売っていない店があるしろもの、、

こんな感じ(みづれー)、、
b0081121_19485974.jpg

タコであるが、卵ではないし(卵はもっと個体が独立している)、

味付けはタコらしく、甘辛く煮るか、焼いて塩コショウで味付けするらしい、、、
で、分かりやすい写真はないかと探すと、、、あった!

Iron○agleさんのサイトより(無断で)拝借、、
b0081121_19491955.jpg


で、これが何かと言うと、答えは
図鑑によると、どうも“鰓”のようである。
私の知る限りでは、鰓を食べるのは、大分の「たらおさ」とこの「たこドーグ」だけではないだろうか?
(某ネットで韓国の“チャンジャ”に「タラの鰓が入っている」と記してあったが、私の知る限り、鰓の入ったチャンジャは見たこと無い:統営や珍島あたりでは食べそうですが、、、なんとなーく)

少し文化人類学ちっくな話でした、、、
by kuttachan | 2006-10-30 19:50 | 食べ物 | Comments(0)

な、な、なんですとーー!!

ギネス“命”と考えている私にとっては、心引かれるニュースが、、、

b0081121_19172346.jpg


【ロンドン27日時事】黒ビールの代名詞と評され、日本でも人気の高いギネスビールに、赤色を特徴とした新たな商品がお目見えすることになり、英国や発祥の地であるアイルランドで話題を集めている。
 製造元の酒造世界最大手、英ディアジオは27日、新たなラインアップとして深い赤色の「ギネス・レッド」を開発し、数カ月以内に英国の一部パブで試験販売する方針を確認した。同社によると「レッド」は、ばいせん処理を軽減し、苦みと甘さのバランスが取れた味わいだという。
 同社は、海外も含めて本格展開するかどうかは未定としているが、試験販売の結果次第では、近い将来に日本で味わえる可能性もありそうだ。 

と書いてあるが、英国のサイトでニュースを見てみた、、、その抜粋

Diageo plans to test Guinness Red on drinkers in British pubs in the coming months but has no plans to launch it more widely, either at home in Ireland or in about 150 other countries where Guinness is sold.

“No plans ~ either at home in Ireland” ってホームであるアイルランドですら、発売しないと

書いているでねーが!!!(怒)

訳者でてごーーーい!!!(怒)


こりゃイギリス行かんと、、、
by kuttachan | 2006-10-28 19:22 | 日常 | Comments(0)

一応、、、

オメデトウでしょうね、、

3年でここまで出来るのはたいしたものです。
それには数々の努力があったと思います。

野球なんか見たことない道民まで応援させるのですから、、、

地域密着と言うのはいいと思います、、、
昔は中央のチームだけだったけど、“おらがまち”のチームで
それが戦い抜いて、優勝する、、、

優勝決定後、全国放送、地方放送問わず
ローテーションで選手が出ていたのは
ちゃんと“そういうこと”を考える広報がしっかりしているのだなぁ?と感じました、、、

でも一言だけ、一言だけ言いたいことがあるのは
日本○ム外して北海道ファ○ターズにすればいいのにぃー
by kuttachan | 2006-10-27 21:13 | 日常 | Comments(0)

日ごろの疑問

何気に話していて疑問に思ったこと、、、

「いやー“ソフトインワン”が出る前って“メリット”とかのリンスって薄めていたよね、、」

「えっそれって、くったさんの家だけじゃないですか?」

この一言に時代を感じたというか、不思議な気持ちになった、、、

たしか記憶では初めて親にリンスの使い方を教えてもらった時に、リンスを適量とって、桶にお湯を入れ、薄めて、髪につけて、最後にすすいでいた記憶がある、、、

これってうちだけだったのか????
私が幼い頃、家庭は裕福ではなかった(はず)、そのために節約していたのか?
しかし、「シャンプーを薄めろ」なんては教えてもらっていない、、

いつからだろう?それ止めたの、、、学生時代は肩の下まで髪を伸ばして、いっちょまえに“ヴィダルサスーン”のシャンプー・コンディショナー+トリートメントを使っていた、、
(お父さん、お母さん、無駄使いしてごめんなさいm(_ _)m)

調べても出てこない、、、、果たして真相はいずこに、、、
by kuttachan | 2006-10-26 17:58 | 日常 | Comments(2)

キリン とれたてホップ一番絞り 2006~麦酒酔噺その42~

久しぶりのこれ

b0081121_22385155.jpg


キリン とれたてホップ一番絞り 店頭価格500 ml 270円

これで何年目でしょうか、、、
昔は「毬花ホップ一番絞り」でしたよね、、
でもどうも「毬花」が「マリ○ァナ」と聞こえてしまい、あるいみ「危険だなー」と
思っていましたが、いつの間にか名前変わっていましたね、、、

で、お味は、、
うーーん、、、昔のほうがホップ独特の香りがして、美味しかったなぁ?
話がちょっとそれますが、横浜鶴見のキリンの工場では、工場を見る過程で
ホップを触れるのですが、当時中学生であった私は、
人目を盗んでホップを“つまみ食い”してしまいました、、、、

その時の感想は、、、「苦い、、、」

ただ今回の味は、先週の二日酔いが若干残っていて、正当に評価できなったかも、、

採点
75点
(可もなく不可もなく、、、)
by kuttachan | 2006-10-25 22:53 | 麦酒 | Comments(0)

お土産で、、、

先日韓国へ行った友人がもってきてくれた焼酎(Soju)

Kyung Wong Green Soju
これ

b0081121_2195813.jpg


しらん!

アルコールは24度と普通の韓国焼酎に比べると、ちと高め、、、

で、お味は、、
旨い!韓国焼酎によくある独特の臭み(好きな人はこれが好きらしいが、、)がない。

とっても飲みやすい!

グビグビ飲めちゃう!

グビグビ飲めちゃう!

グビグビ飲めちゃう!

グビグビ飲めちゃう!

グビグ、、、

グビ、、、

グ、、、、、、







zzzzzzzz

全部トイレに還元してしまいました(T T)
今週は“酒の匂い”だけで、気持ち悪くなります、、、
今忙しいので、ちょっといいかも、、、


と、言っても週末には
「くゎんぷあーーーい」
なーーんて言ってたりしてね、、、
by kuttachan | 2006-10-24 21:11 | 日常 | Comments(2)

合掌

先日“渡る世間は○ばかり”で有名な藤岡○也さんが亡くなりました、、

(ある意味)国民的ドラマ(一度も見たことありませんが)のなかで重要なキャラクターであったので、今後大変であると思います、、、

合掌


と言う中で北の大地では本当に小さい記事を見て、ものすごく驚愕、、

「ばってん荒川さん死亡、、」

享年69歳だそうです、、、、、

九州では知らない人はいない(と思われる)人、

「お米ばあさん」大好きでした、、、

どう面白いのか、書こうと思い考えるのですが、答えが出てこない、、「誰の真似」とか「どう面白い」のか書けないのです、、、
九州の“そこらへんにいる”(実際はいないと思うけど)“婆様”を豚骨スープの様に煮しめた芸、、「誰に似ている」訳でもなく、でも笑ってしまう、、、

私の先輩曰く「現代劇の女形の先駆け」だった方だそうです、、
九州ではローカルニュースのトップらしいですが、北の大地では扱いもなし、新聞の片隅でした、、それだけ地元に密着して、愛されていた方だったのでしょう、、

もう見られないと残念です、、
by kuttachan | 2006-10-24 01:07 | 日常 | Comments(0)

ロングロングホルモン~小ネタですが~

久しぶりに外で飲みました、、、

やっぱりビールはサーバーですわ、、、

ホルモン焼やさんだったのですが、目玉の「ロング○ングホルモン」
b0081121_14265324.jpg


これもう焼けてしまったやつですが、、、

やっぱり内臓系はおいしいです、、、

ただビールとホッピーが同額と言うのは頂けませんけど、、
by kuttachan | 2006-10-21 14:27 | 食べ物 | Comments(0)

それって、、、、

某知り合いの話

腰痛がどうも治らないので、某整体士のところに出かけたそうです、、、
そこは中国気孔+整体で治すところだったそーな。

で、お願いしたそうなのだが、、
気孔整体士(以下:“気”)はなにやら、神経を集中して、念仏を唱えたあと整体を行う。
しかし“痛い”、あまりにも痛いので、

「先生、痛いのですが」
と、言うと

“気”は
「おかしいなぁ?」と言いながら、また念仏を唱えて整体を行う。
それでも“痛い!”、あまりにも痛すぎるので、

「先生、痛いのですが」
と、言うと

“気”は
「おかしいなぁ?」と言いながら、また念仏をとなえる、、

これが延々と続く、、、、

そこは時間制(10分1000円)らしく、延々と繰る返すのと、懐具合がやばいので、
ついに“気”に
「痛いですか?」と聞かれても、やせ我慢して「いや大丈夫です」と答え、整体を完了してしまう、、

結局50分消費し、「5000円です」と普通に請求された、、、そうな、、
帰り際に「また来てねぇ!」と送り出されたそうな、、、


○○君、、、
それ、「だまされてる」と、思うんだけど、、
by kuttachan | 2006-10-19 20:40 | 日常 | Comments(0)