<   2012年 09月 ( 28 )   > この月の画像一覧

四拾四番:大寶寺

これだけ言っておこう!
「“中に色々挟んでいる”からちゃんと印押せないじゃないの!」
はぁ?(怒)
b0081121_1959075.jpg


b0081121_1959372.jpg


b0081121_19592569.jpg


b0081121_19592912.jpg


b0081121_19594819.jpg


はぁ??(怒)

気を取り直して
次は「四拾伍番岩谷寺!」
by kuttachan | 2012-09-30 20:00 | お遍路 | Comments(0)

秋の夜長の彼岸花

最近文章ものばかりですね。

最近は田んぼの稲の刈取りが始まった個所もあり、
秋らしさを感じる事が多くなってきています。

また、この時期に“秋らしさ”を感じるものとして「彼岸花」でしょうか?
朝晩涼しくなり、黄金色の穂の周りに、赤いアクセントがつくと、
いよいよ、秋本番、そして冬の近づきが感じられます。

b0081121_2034469.jpg


さて、私は彼岸花を見るとちょっと“センチメンタル
(冬が近づいてくるから)”な気分になりますが、昔、
母などは「縁起が悪い」と嫌っていた節がありました。
現にWikipediaなんかでは以下様な記載があります。

“異名が多く、死人花(しびとばな)、地獄花(じごくばな)、
幽霊花(ゆうれいばな)、剃刀花(かみそりばな)、狐花(きつねばな)、
捨子花(すてごばな)、はっかけばばあと呼んで、
日本では不吉であると忌み嫌われることもあるが、
反対に「赤い花・天上の花」の意味で、めでたい兆しとされることもある。”


と、まぁ墓地の近く、かつ彼岸の時期に花が咲く事により、
良い印象はないのでしょう。

まあ同じくこういう記載も

“人里に生育するもので~中略~。
なお、山間部森林内でも見られる場合があるが、
これはむしろそのような場所がかつては人里であったことを
示すと見るべきである。”


こちらの表記の方が個人的には面白い。山道を歩いていて、
“ぽっ”と彼岸花があれば、
昔(その昔がいつだか分からないけど)人が住んでいた。
今は何もないが、その昔は何かあった、、、
何で人が来たのか?何でいなくなったのか?
その様なところに魅力すら感じたりして。

また、もう一つ気になる記載が、、

“また、日本に存在するヒガンバナは全て遺伝的に同一であり、
三倍体である。故に、種子で増えることができない。
中国から伝わった1株の球根から日本各地に株分けの形で
広まったと考えられる。”


これも“あるいみ”すごい事。

元古遺伝屋の意見であるが、三倍体は植物では
結構あること(だったと思われる)だが、
遺伝的同一(広まった後に“変異”を起こしたのは例外)は
結構まれであると思われる。
本当に「外来種」として入ってきた1株が、何千年と言う時を超えて、
“クローンとして増えていった”のである。
ミトコンドリア・イブなんかより、よっぽど信頼性があり、
確実なことなのである。

初めは“大陸と地続きの時”に渡って広まったものであろうか?
それとも球根か何かを鳥が運んだのか?
または渡来人が「これは日本(倭の国)にないから持ってゆこう」と、
持って行ったのが、日本で根付いたのか?

それが交配せず(出来ず)、クローンとして広まっているのである。
そこにある彼岸花も、ここにある彼岸花も同じものが
分かれているのである。

そう考えるだけで、結構面白かったりする、秋の夜長でした。
by kuttachan | 2012-09-29 20:34 | 日常 | Comments(0)

アサヒ ザ・エクストラ~麦酒酔噺その93~

またまた、アサヒは動きましたねぇ!

b0081121_22363112.jpg


アサヒ ザ・エクストラ

当社最大濃度のビール

そそられるではないですか!

で、お味は

うーーんかなりプレモルを意識していますねぇ?

プレミアムビールで勝てないアサヒ、、、

もうプレモル擁護派ではないけど、勝てないなぁ??
by kuttachan | 2012-09-28 22:41 | 麦酒 | Comments(0)

“初秋の旅行”って旅行ばっかりじゃん⑤

④で投稿したら
⑤でした。

で修正。

新大阪の東横インからの眺め、、、

b0081121_647371.jpg



b0081121_6475482.jpg



なんだ、東海道線から宮原への引き込み線
全部丸見えではないですか、、

これ、鉄道ファンにはたまらないでしょ。
宿としては何にもしていないけど、、
主要鉄道(例えばオーシャンアローとか)の通過時間窓際に記載して、
窓を防災窓から強化窓にして、写真撮られる様にして、

+1,000円で、部屋指定できるのなら、
結構予約入りません?

と思った、、、
by kuttachan | 2012-09-27 06:49 | | Comments(0)

四拾六番:浄瑠璃寺

雨がしんどくなって来ました、、、
ここの駐車場、入り口前で“V字”するのですが、
ヴィッツ号で1回は“切り返し”しないといけないほど“スティープ”。
だからプリウス遍路やめてくれorz

b0081121_20355810.jpg


b0081121_20362211.jpg


b0081121_20362310.jpg


次はルートの関係でちょっと変則
「四拾四番大寶寺!」
by kuttachan | 2012-09-26 20:36 | お遍路 | Comments(0)

自分への戒めに

リマインドとして書いておきたいと思う。

先日ある人と5年ぶり位に会った。
元々酒癖の悪いと言うか、飲むと絡む人であった。
だから、近くに住んでいて、何回か誘われ続けていたけど、断っていた。

しかし、「断り続けるのも悪い」と思い、久々に会うことにした。

初めは「久しぶりだね」と言う話であったが、
話しが進むにつれ、何だか私への「嫉み」みたいな話になった。

その人は「自分の人生」に充足しているらしい。
しかし、私の境遇(まぁ一言で言えば「ラッキー」なんだが)・
人生が“気に入らぬ”らしい。

そんなことを言うために、この人はずっと「飲もう」と誘っていたのか?
それを言って何か改善されるのか?自己満足にしか思えんが、、、

別に私も人間の批判はする。ただ2人きりでは、相手の批判はしない。
“場の雰囲気”が悪くなるから。
と、言うか改善の余地があれば、
「こうした方がいいのでは」みたいな言い方はするが、
今回は私の人生の全否定なのである。
私がいなくなり(社会が)良くなるなら進んでいなくなるが、
多分変わらない(そいつにとっても)のである。

本当に久しぶりの不味い酒を飲んだ。
そいつは翌朝清々しく起きられたのであろうか?
もう聞く余地がない程接点は私から無くしたが、、、

今回の教訓は、「人の批判も考えてすべきだ」と
自分への戒めも含め書きました。
by kuttachan | 2012-09-25 21:46 | 日常 | Comments(0)

こんな日の映画批評

いやー今日は会社休んで映画にゆきました。

Rock of Ages

いやぁ、最高でしたね。。

と、言うか、この映画楽しめる人は凄い狭くて、
それ以外の人は「なにこれ?」つー作品かと、、

話としては特にありません。

ただ、「あの頃」の音楽が良い心地で流れていました。

また、トム・クルーズが50代にして、あの体つきは凄い、、
本当に80年代のアクセル・ローズでしたね。

最後の「オチ」は??ですけど、落とすにはあんなオチかなぁ。

あとhay menがいい感じ、、、Stacee Jaxxの代弁者となっていました。

月曜日の「昼イチ」ですが、見ている人はうちらを含めて4組(7人)
一組は終わった瞬間帰ったから、駄目だったかと。

80年代後半のロックが好きで、ミュージカルが見られる人は
最高!言うことなし!

その他の人は、なんじゃこりゃ?となるの必須。
ミュージカルが駄目な人は、本当に駄目だろうなぁ?

うちは、サントラとBlu Ray決定です。

PS これを見て、「トム・クルーズ凄いじゃん」とYou tubeで
   アクセルが絶頂のころのParadise City見たけど
   やっぱアクセル・ローズは凄いや、、、
by kuttachan | 2012-09-24 18:18 | 日常 | Comments(0)

お米の国の人だもの

飲んでレポート書こうと思って冷蔵庫に
入れたままだったら、リニューアルしてもうた、、、

b0081121_2185787.jpg


三代目「米つくり」(左:旧)と、まろやか仕込み「米つくり」(右:新)

ででででで、何が違うと言いますと

旧米つくり
b0081121_21101779.jpg


新米つくり
b0081121_21104234.jpg


“米粉糖化液”が“米粉・米こうじ糖化液”へ
でも、糖分多いなぁ?

で、お味は、、、

旧はどう考えても、「カルピスウォーター」
親は「アルコールなしのチョイ薄いまっこり」

そりゃ米原料だから、マッコリ系の味になりますなぁ?

でも、何でマッコリ輸入しているのに、
どぶろくは特区でないと作れないのだろう?

謎だ、、、
by kuttachan | 2012-09-23 21:18 | ビバレッジ | Comments(0)

むなしい、、、

ここ何日か文字ものばっかりでしたが、
今日も文字ものです。

最近のニュースを見て思う事がある。
「敗北の見えている選挙戦ほど空しいものはない」と、、

思い起こせば、中学生の頃、生徒会長と言うのがあって、
なぜか
「会長・副会長候補に各クラスから一人はださないといけない。」
と言うルールがあった。

選挙は5月位にあったが、1年生は、
まだクラスの周りとも馴染んでなく、
かつ学校の事なんてなおさら分かるはずもなく、
なのにポスターは作らせられる(立候補者が手作り)わ、
演説はさせられる(そんな学校の事なんて知らないのに
どうやって作ったんだろう?)わ、
で、結局は選挙なんだが、
会長・副会長共3年生がなるのが“お決まり”であった。

要は“立候補者なし”や、“信任投票”を回避する為の
「教師の思いつき」でやっていると思うのだが、
クラス会議なんかで強引に立候補者を決定されても、
1年生など特にろくに対策もせず(出来ず)、
ただ「敗戦が見えている選挙戦」を戦う訳である。
かく言う私もそうで、あまり記憶には残っていないのだが、
“敗戦確定”なのに、空しく演説した覚えがある。

と、言うのを某2つの日本の政党の党首選を見て思ってしまった。
「立候補している人は本当に当選する気があるのか?」
ズブの素人からみても、“敗戦”っぽい人がいたのですからね。。
by kuttachan | 2012-09-22 10:21 | おもひで話 | Comments(0)

「3へぇ」位な話

都市伝説の域ですが、会社の同僚の話を、、

彼は宝塚出身なのですが、宝塚と言えば歌劇団。

宝塚音楽学校の生徒は、阪急電車を見るとお辞儀をするそうだ、、、

なぜなら、「先輩が乗っているかもしれない」からだと、、、

と、言う理由ならJRでもするのでは、、、

阪急の“準社員”だからだと思うが、本当にするのでしょうか?

1回行ってみようかなぁ?
by kuttachan | 2012-09-20 21:21 | 日常 | Comments(0)