<   2017年 03月 ( 22 )   > この月の画像一覧

サントリー 東京クラフト PALE ALE~麦酒酔噺その658~東京であって東京ちゃうで

♪でんでで ででで でんでで ででで でんでで ででで でんでで ででで♪
♪空を飛ぶ 街が飛ぶ♪
♪多摩を突き抜け ビールになる♪
♪クラフトセレクトやめて 禁を裂き♪
♪スーパービールが舞い上がる♪
♪TOKIO TOKIOとサントリーが言いながら♪
♪TOKIO TOKIOが名を使う♪


と、言うことで、今までのクラフトセレクト、そして器に拘った流れは何だったのか?
まだ「一周廻って二周目です!てへぺろ」と、言った方が私的には良かったけど、
副産物として、京都工場のクラフトマンズ・ビア 千都の夢が出たから「良かったかな」とも思う品。。
b0081121_739093.jpg

サントリー 東京クラフト PALE ALE 350 ml/257円

どうもプレス発表では、シリーズ化するみたいですね。。だから、「2周目」と言ってほしかったねぇ。。
裏には薀蓄書いています

b0081121_739264.jpg

TOKYO CRAFT

東京の地で、半世紀にわたり

伝統と革新をテーマに新たなビールづくりに

挑戦し続けて来た私たちが、

伝統と革新が融合する街「TOKYO」に

愛着と敬意を込めて創りあげたビールです。


なんか文章全体が“被って”ないかい?
まぁ、東京とTOKYOが違うとしても、“伝統と革新”をテーマにビール作って、“伝統と革新”が融合する街「TOKYO」って、、なんか変。。

もうちょっと言えば、武蔵野は東京都だけど、東京ちゃうんだけどなぁ。。
長岡京を京都と言い張るみたいに。。

まぁ、いいや、お味は。。
硬口蓋への刺激。一口目にパッションフルーツの香りが抜ける。
飲んでいて「飲みやすさ」は感じるけど、後口に頼りなさが残る。
同じサントリーのクラフトだけど、クラフトセレクト PALE ALEの方が“膨らみ”があるような気がする。。

↓順番だと次はSAISONだそうです。。前のクラフトセレクトのSAISONと違いが出るのか??
にほんブログ村 酒ブログ ビール・発泡酒へ
にほんブログ村
Thanks for Your Click!
by kuttachan | 2017-03-02 07:39 | 麦酒 | Comments(0)

サントリー クラフトマンズ・ビア 千都の夢~麦酒酔噺その657~京都100%

どうも復活したみたいですね。。

多分巷の秀逸なビールブロガーの方々は、東京クラフト ペールエールの方へ行かれるかとは思いますが、
私はトリッキーに攻めます。
b0081121_5114934.jpg

サントリー クラフトマンズ・ビア 千都の夢 350 ml/199円


そうなんです。あのAEONとサントリーのコラボ。
2014年から2015年に向けてコツコツと出し続けていた、サントリークラフトマンズビア。
東京クラフトがサントリーの武蔵野工場で作ると決めたので、
「京都工場が暇(ではないと思うけど)なので作った感」を醸し出している品。
(じゃ、熊本工場はどうなんだろ??九州のだれか教えてください)

復活したんです。。

と、言うことで、長年ビールを追い続けている私が書ける利点、過去のサントリー クラフトマンズビアシリーズを見てみましょう。。
第1弾:貴富の薫り
第2弾:円熟の旨み
第3弾:褐色の余韻
第4弾:緋色の芳醇
第5弾:清麗の琥珀
第6弾:鮮烈の香り
と出していましたね。
で、今回“第7弾”標記はないけど、クラフトマンズビアで復活しております。
裏には薀蓄も書いています。

b0081121_512870.jpg

上品な京の都をイメージしながら

京都ブルワリーにて、こだわって造った

華やかな香りと豊かなコクが

特長のビールです。

はっきり言っておこう。京都人(この場合右京区、左京区、上京区住人を言う)、この京都工場のある長岡京って、、
「絶対京都と思ってないぞ。。。」

まぁ、そういうことでお味は。。
硬口蓋の刺激のすぐ後ろにパッションフルーツ系の香りが抜ける。
PALE ALEに近いかなとも思うけど、(例えばサントリーのクラフトセレクトのPALE ALEね)後口の後々まで香りが残る。
まぁ、PALE ALEの上位互換版として、良い感じにまとまっているビールでした。

↓頑張れサントリー 東京クラフト続く限り、裏メニューとして期待!
にほんブログ村 酒ブログ ビール・発泡酒へ
にほんブログ村
Thanks for Your Click!
by kuttachan | 2017-03-01 05:12 | 麦酒 | Comments(0)