サントリー ザ・プレミアムモルツ 2006~麦酒酔噺その34~

やっと出ました!きょうはこれ!
b0081121_21295229.jpg

サントリー・プレミアムモルツ 店頭価格330円 (500 ml)

ついにやっと出しました、これ。

100回やってそのうちビールネタが38回(33+5)、なんと3割8分!イチローの打率よりすごいです。
朝のニュース等で、「イチローがヒットを打ちました」と言うよりビールネタやっていると言う、、

最近売り出したようなビールですが、5~6年前からあった気がします、普通では手に入らず、A○Aのスーパーシート等でよくあった記憶があります。そのころから「美味しいなぁ」とは思っていましたが、やっと売り出してきました、、、

それで“モ○ドセレクション2年連続受賞”と言うのを売りにして、やっていますが、以前飲み屋で横に座っていた人が亀○製菓かブル○ンの社員で、こう言っていました、、
「モンドセ○クションはある一定のお金を積めば、普通に金賞はもらえるのだよね、、、」
ですので、信用していいのだか悪いのだか、、、

と、言う事で、普通では面白くないので、ライバルを登場させ、、、
b0081121_21305962.jpg

燕京ビール 価格忘れた、、、
b0081121_2132022.jpg

なんとこれも、モンドセレ○ション、金賞を受賞しているのです。
缶には「国宴特供酒」と書いてあります。「国の宴で特に供する酒」ですよ!これはいい勝負が期待できます、、、

で、プレ・モルは、、
うーーんよい香りと、重過ぎない味、、高い金とって、麦芽の量を増やしているだけあります、、

で、燕京ビールは、、、
、、、、、、、

勝者!

採点
93点(最高の週末してるぅ?私は平日でも飲んでいる、、、)
# by kuttachan | 2006-07-27 21:37 | 麦酒 | Comments(2)

祝!だったんだ、、、

前回白耳義麦酒の最終回

なんと引越しして100回目の投稿でした!

別に前のニフ○ィから通算したらもっと行っていますが、、、
まぁ、でもなんとなーーく続けて行ければなぁ?

と考えておりますm(_ _)m
# by kuttachan | 2006-07-27 12:00 | 日常 | Comments(4)

ヒューガルテン・ホワイト~白耳義麦酒酔噺その4~

今日はこれ
b0081121_20533478.jpg

ヒューガルテン・ホワイト 店頭価格360円(360 ml)

b0081121_20541582.jpg

実際ビールに酵母とスパイスが入っていて、このように白く濁ります。
でも色々入りすぎて、分類は発泡酒になってしまっています、、

まろやか酵母一番絞りを飲んだときに、「ヒューガルテン・ホワイト」に似ていると書きましたが、実際飲んでみて、かなり違うことが判明。私の舌も曖昧だと言う事がよく分かりました。

香りがほのかなりんごの香り、味も少し甘めかな、、、でも醤油系には全く合わない味しています。

食前ビールにはいいかもしれません。

採点
☆☆☆☆☆
これすきです!
# by kuttachan | 2006-07-25 21:00 | 麦酒 | Comments(2)

ヒューガルテン・グランデ~白耳義麦酒酔噺最終回~

ついに白耳義麦酒も最終回になりました、、
で、今日はこれ
b0081121_20565358.jpg

ヒューガルテン・グランデ 店頭価格379円(360 ml)

もちろん名前からして、ヒューガルテン・ホワイトの高級版
でも価格が殆ど変わらないのがおなぐさみ、、、

で、お味は
の前に、濁っていませんね、、瓶の底に酵母の塊がありますが、、、
アルコール分は8%、高級だから高いのでしょうか?

で、お味は、、、
これまったくホワイトとは別物です。アルコールは高い味がしますけど、うーーん可も無く、不可もなく、、、

採点
☆☆☆

今回で最終回ですが、また面白いのが入ったら復活する、、、かも。
# by kuttachan | 2006-07-25 20:58 | 麦酒 | Comments(0)

キリン スタウト~麦酒酔噺その33~

やばい!ブログの調子が悪い!
投稿したのに、消えている、、、
思い出しながら、、、今日はこれ
b0081121_19473583.jpg

キリン スタウト 店頭価格270円位だったはず(330 ml)

キリンのスタウトビール!これも通販で入手です、、、アルコール分8%!アサヒのスタウトと同じですな、、

で、お味は
うん、スタウトらしいほのかな甘み!アルコール臭も感じられませんが、若干味が薄いでしょうか?
アサヒ・スタウトは、味が濃いけどアルコール臭が気になった。
キリン・スタウトは、味が若干薄く感じたけど、アルコール臭が気にならなかった。
と言う事はアルコール度数とビールの味は比例するのか?

いや!違うと思う(それは白耳義麦酒で述べましょうか、、)

採点
83点(黒生一番絞りが見当たりません、、、どこにあるのでしょう、、、)
# by kuttachan | 2006-07-24 19:54 | 麦酒 | Comments(2)

雑感(超長文)

基本的にMission Impossible は“スパイ大作戦”の頃から大好きです。
ですから、トム・クルーズで映画化されると聞いたときは、ワクワクしました、、、

折角M:i:Ⅰ~Ⅲを見たので、少々通ぶって、感想を、、、

M:i:Ⅰ
そもそもこれが「テレビシリーズの続編か?」と言うところから考えないといけません。でも冒頭部分でおなじみの「おはようフェルプス君」から始まっていますので、テレビシリーズの続編と考えていいかもしれませんが、でもそうすると、“フェルプス君”の扱いが格段に悪いのです、、、テレビシリーズではIMFのトップクラスだった彼が、映画ではいちエージェントと言う感じでした、、、(映画の後半でIMFへの不満をぶちまけていた様な気がしますが、、)
続編であるなら、フェルプス君をアンジーの父(ジョン・ボイド)ではなく、本当のフェルプス君(ピーター・グレイブス)にやってほしかった、、、でも、最後本人が死ぬので嫌だったのでしょうね、、作品的には監督のブライアン・デ・パルマらしからぬアクションの連続!なおかつ“汗”で見せるところは“さすが巨匠”、最後のTGVのシーンは“ありえない”けど、面白かったです。
これでMission Impossibleの主人公がジム・フェルプスからイーサン・ハントに代わった作品でした。

M:i:Ⅱ
映画化権を持つトム・クルーズが「監督は毎回変わったほうがよい」と言う意向から、監督はジョン・ウーへ、、、いい意味でも、悪い意味でも“ジョン・ウー”テイスト満開の作品でした、、、「回転しながら2丁拳銃を撃つ」「鳩がとぶ」「波がスローモーで弾ける」など、、またバイクでの追跡や、最後の肉弾戦での決着は斬新でしたが、、でも、この特徴は“ほとんどチームプレーではなくなっている”事。仲間は若干出ていますが、殆どイーサン・ハントひとりでやってしまいました、、、テレビシリーズではキャラクターがそれぞれ特徴を生かして事件を解決していたので、少し残念です、、、しかし、テーマのTake a look aroundは好きでした、、

M:i:Ⅲ
 当初4年おきに作品を作ると公言していたけど、監督の予定であったジョー・カーナハンが降板して、テレビシリーズ“LOST”の監督J・J・エイブラムスに、そのため期間も6年も空いてしまいました。
初めは“マトリックス”シリーズのキャリー=アン・モスが出演する予定だったとか、、、
イーサン・ハントがIMFの教官になり、一線を退いたのだが、、、、と言うところから話が始まります。監督はTVドラマ出身で、イーサンの人間としての葛藤を描いていましたが、どうも“めりはり”が、、、アクション映画としては面白かったのですが、途中“はしょった”シーン(例のものを盗む時、進入以降急に盗んだ事になる、、、)と、敵役のフィリップ・シーモア・ホフマン(一部では絶賛らしいですが、、)が“あまり強くない”と言うこと(彼が強いのではなく、彼の組織が強い)で、いまいち感がありました、、
嬉しいのは、“チームプレー”が若干復活したこと。次作に期待を持たせるエンディングとなりましたが、微妙なところですね、、

結局どれも好きだったのですが、あえて順番をつけるなら2→1→3でしょうか?(これはマトリックスの好きな順と一緒)。でも4があれば絶対また見ます、、、
# by kuttachan | 2006-07-24 09:33 | 日常 | Comments(2)

こんだけ?

江戸東京博物館へ行った時の一枚
(総武線両国駅から見える、国技館の横のけっこうデカイ建物)

b0081121_14183121.jpg


スバル360!
江戸時代の庶民の生活や文化など紹介していたのですが、写真はこれだけ、、、、

特別展で東京オリンピック前後の東京の生活を展示していましたが、面白かった、、、

写真が1枚しかないのは、(外が)暑くて“へたって”いたからです、、、
# by kuttachan | 2006-07-22 14:22 | | Comments(0)

流行に敏感です、、、

こちらに帰ってきて気づきました、、
b0081121_8243458.jpg

(また写真みづれーー)
うちの湯沸かし器、、、
# by kuttachan | 2006-07-21 08:25 | 日常 | Comments(0)