タグ:アサヒ ( 245 ) タグの人気記事

三ツ矢 澄みきる オレンジサイダー 2016秋~三ツ矢祭64~年末にかけこます。

100%オレンジサイダーでも、三ツ矢ヨーグルでも書いていたけど、
「今年の三ツ矢はおしまい」なんて書いていたくせに、
年の瀬も迫りまして、ちょっとまとめてみてみたら、ひとつ気づいたことがあったんです。
澄みきるグレープサイダーがリニューアルしたのに、オレンジはしていないのか?」
「大体の傾向として、グレープとオレンジは対ではないか」
と、考えていたんですが、もちろんコンビニにはなく、、休日の買い物にかこつけて、量販店に“しれっ”と
見に行ったら“しれっ”とありましたよ。。
b0081121_6121533.jpg

三ツ矢 澄みきる オレンジサイダー 2016秋 500 ml/100円


と、言うことで、まぁ、予想通りと言うか9月にグレープサイダーがリニューアルしたときは、
オレンジなかったもんなぁ。。
ただ、出していながら、店に置いてなかったか、私が探せなかっただけだが。。。

もう、このシリーズビールと並行しているんで、コンビニ行って、製品見ながらスマホで自分のブログの過去ログチェックしているという。。

ちなみに自分でも「本当にこれリニューアルしたのか?」と言うことで検証を。。
b0081121_6133325.jpg

うん、たしかにチェンジしている。。

と、言うことで新番に認定。。

まぁ、そんなことでお味は。。

うん、私も舌の記憶が半年も持つわけではなく、「何が変わった」んだかワカラン。。
あえて言うなら、結構オレンジと言うより“みかん”と言う感じが強い。
正直透明と言うのは関係ないけど、部類的には甘い。
もう少し炭酸が強くて“うっすら甘い”みたいなの作ればいいのに。
スポーツ向けに「あっさり炭酸、あっさり甘さ」そして、腸内環境を壊すトレハロース入りとか。。

↓と、言うことで今年の三ツ矢も終わり(多分、あればごめんなさい)、良いお年を。。
にほんブログ村 旅行ブログ プチ旅行へ
にほんブログ村
by kuttachan | 2016-12-12 06:15 | ビバレッジ | Comments(0)

アサヒ スーパードライ ドライブラック リニューアル~麦酒酔噺その626~“あるいみ”革命。

♪Dry Dry 理屈じゃ な~い~♪
↑“ある意味”ドライブラック

いやね、外面だけかもしれへんけど、一応アサヒのメルマガにもリニューアルって書いているから
したんでしょうなぁ。。
b0081121_66919.jpg

アサヒ スーパードライ ドライブラック リニューアル 350 ml/

“ビアホール仕立ての黒”ならば、なんか夏に発売した方がいいような気がしますが、、、
でも、今年の夏は何回かビアホール行きましたが、たしかに“ドライブラック”あったなぁ。。

まぁ、そんなん中で過去ログ探したら、なんとこれを紹介したのが2012年4月つー
それはそれは昔ですね(って、4年前だけど、また、私のコメントがしょうもないですね)。

で、一番びっくりしたのがデザインを変えたのだが、アサヒのあの“見たから目金属感(わかるかなぁ)”
のデザインから変えたこと。
だって、ギフト限定の豊醸シリーズだって、名古屋の成金みたいに「金金のテッカテカ」だったのに、、
b0081121_6134293.jpg

こんな感じに。。

なんか本当に、デザイン的には「サントリー」と思ってしまった。。
アサヒが従前にとらわれないデザインをするのは「あるいみ」革命なんだよね。。。

まぁ、いいや、お味は。。
軟口蓋へドライの刺激が来る。通常のドライよりゃ“まろやか”だけど、Guinnessの感じで口に入れるとびっくりする。
最初のインパクトだけで、中間・後口がない。逆に言えば、もう少し“ボディ”感あれば好きかも。。

過去やった、私のコメントからすると、私も若干成長したかなぁ。。(それより600いくつで、80代の過去ログをひっくりかえすのもなんだが。。)
にほんブログ村 酒ブログ ビール・発泡酒へ
にほんブログ村
Thanks for Your Click!
by kuttachan | 2016-12-09 06:22 | 麦酒 | Comments(0)

アサヒ ドライプレミアム 豊醸 焙煎仕立て~麦酒酔噺その623~なぜ一部?

ちょっと飛んじゃいましたけど、2016年お歳暮シーズンのアサヒの豊醸シリーズ。
多分「お歳暮ギフト限定」と謳っているのはこれが最後だと思います。
b0081121_557922.jpg

アサヒ ドライプレミアム 豊醸 焙煎仕立て 一応350 ml/230円位

今年のドライプレミアムのお歳暮限定は、香りの琥珀 2016薫り贅沢ビターとこの焙煎仕立て
になっていますね。(豊醸オリジナルは通年販売しているのでパス)

裏には薀蓄書いていますね。

b0081121_5573052.jpg

---焙煎仕立て---

焙煎国産麦芽一部使用

芳ばしいコクと旨み


なんで一部なんだろう。。せっかくなら全部国産麦芽にすればいいのに。。
b0081121_5575120.jpg

あっ、そうそう「私は自腹で購入しました」と言いたく(と、言うか思い出ね)一応箱載せときます


一応今年のお中元の時は
紫→琥珀の余韻
緑→華やぐ6種のホップ
で、夏らしく最後は白の涼みの香りだったんですけど、
さすがにこの季節に“涼み”はいかんべぇ~つーこって、“焙煎仕立て”で色も金色になっていますね。。

ま、そういうことでお味は。。
硬口蓋への刺激。良い苦みが抜ける。
ただ、飲んでいて「プレモルみたい」と、思ってしまった。。
アルコールの高さのせいか、後口がドライっぽく感じてしまった。。。
総合的には飲み口はプレモル、後口はドライ。ある意味いいとこどりかもしれないけど。。

と、言うことで、今年のアサヒ豊醸のお歳暮限定3種類紹介しましたが、
焙煎仕立て>薫り贅沢ビター香りの琥珀 2016
かなぁ。。

↓で、また来年もやっているんだろうなぁ。。健康なら。。
にほんブログ村 酒ブログ ビール・発泡酒へ
にほんブログ村
Thanks for Your Click!
by kuttachan | 2016-12-06 05:59 | 麦酒 | Comments(0)

オリオン/アサヒ 島恵み~麦酒酔噺その622~いつからアセローラ?

オリオン、ちゃんと実力あるんだけどなぁ~
と、言ってオリオン単体じゃ内地で勝負できないんだろうなぁ。。
なんか色々オリオン出しているんだけど、たしかに美味しいんだよね。琉球ペールエールなんか未だに私の中の上位なんだけどなぁ。。

あとは販売力なんだけど、やっぱりアサヒとかイオンとかの大手と組んだ方がいいんだろうね。
と、言うことで、どうもオリオンで生産してイオンで販売している品。
b0081121_6458100.jpg

オリオン/アサヒ 島恵み 350 ml/148円

裏にちょっと薀蓄書いています。

b0081121_672850.jpg

沖縄県本部町産

アセローラ果汁使用

沖縄本島北部の海や山に囲まれた

美しい町、「沖縄県本部町」で

太陽をたっぷり浴びて育った

アセローラを使用しています。


まぁ、沖縄らしいものと言えばマンゴーとかドラゴンフルーツとか
特に本部だとパインだけど(って、まだパイン園あったなぁ)、アセローラですか。
無理に入れ込まなくてもいいとは思いますけどね。。
ただ、「アセロラドリンク」って昔あったけど、今は“アセローラ”って言うんですね。。
いつからだろ?

まぁいいや、お味は。。
硬口蓋への刺激。“アセローラ”の味はしない。
と、言うか飲んですぐ、小麦系ビールの甘さが抜ける。
これ好きな人だったらいいけど、結構ダメな人もいるんじゃないのかな。。
(私もその一人だけど)
逆に「アセローラあるかな?」と飲んで、アセローラの味がしないのがちょっと残念。
もうすこし、あの“すっぱさ”と言うのは必要なような気がする。。

↓小麦は島産ではないんだよね。。
にほんブログ村 酒ブログ ビール・発泡酒へ
にほんブログ村
Thanks for Your Click!
by kuttachan | 2016-12-05 06:08 | 麦酒 | Comments(0)

アサヒ ドライプレミアム 豊醸 薫り贅沢ビター~麦酒酔噺その621~緑の相反

もうテレビで“おせち料理”とかやっているよ。。はやいね。。何か高齢化してゆくのが身を以て感じます。

と、言うことで、先日のドライプレミアム 香りの琥珀 2016 に続く第2弾。
b0081121_554416.jpg

アサヒ ドライプレミアム 豊醸 薫り贅沢ビター 一応350 ml/230円位

b0081121_555446.jpg

(もうしつこいけど)「買いました」と、言うことで。。

で、どうも今年は中元・歳暮商戦は豊醸のオリジナルを入れた4種類で勝負してるみたいで、
ヨンバルカン(元ネタはサンバルカンね)のグリーンになります。
お中元の時は“グリーン”は“アサヒ ドライプレミアム 豊醸 華やぐ6種のホップ”(20160526)で、
今回はビターかい?ちょっと“違和感”があるんだけどなぁ。。 
恒例の裏薀蓄です。

b0081121_5553023.jpg

----薫り贅沢ビター----

本場ドイツハラタウ産認証ホップ使用

華やかなアロマと上品な苦味


来ましたね。“ハラタウホップ”。
と、思って過去ログ(“こう言う”とき、ちょっとデータベース化しているよなと手前味噌で思う)見てみると、
アサヒでハラタウホップ使っているのは株主限定ビール2016だけだな。。
逆に「株主限定ビールが“プロトタイプか?”」と、思ってしまう。

またハラタウホップは最近サントリーが推していますね。
最近ではホップタイムPM6:00(って、これやばいぞ。うちの近くのMaxValueで超ほこり被って残っているんだけど。。)
にて使っていますね。。

まぁ、そういうことでお味は。。
硬口蓋への刺激から“心地よい”苦みが抜ける。そのあとに“甘さ”が襲ってくる。
“心地よい苦み”が特徴としてとらえられるけど、そのままにすればいいのに、“甘み”は余計。
と、言うか“ビター”って何なんだろう??ドライ(って分野はないけど)でビターって相反しているような気がしますが。。

ホップを推した緑とも相反しているんだけどなぁ。。
にほんブログ村 酒ブログ ビール・発泡酒へ
にほんブログ村
Thanks for Your Click!
by kuttachan | 2016-12-02 06:01 | 麦酒 | Comments(0)

アサヒ ドライプレミアム 豊醸 香りの琥珀 2016~麦酒酔噺その620~ほぼ通年

もう、そんな季節なんですね。。
アサヒが“ドライプレミアム”を“ギフト限定”としてバルクで買わせると言うのが。。
何かいっつも出ていて「これ通年?」と勘違いしてしまう品です。。。
b0081121_5594231.jpg

アサヒ ドライプレミアム 香りの琥珀 2016 一応350 ml/230円位

b0081121_5595879.jpg

つーこって今年も買いましたよ。。

b0081121_601312.jpg

中こんな感じで。。


と、言うことでドライプレミアム 香りの琥珀なんすが、
今年の中元シーズンは同じ紫色で“琥珀の余韻”で出していて、
お歳暮としては2015年も出していて、その前の2014年も出していましたね。
んで、面白いのが2014年は超酷評していますね。
「ほぼ色のついているスーパードライでねーか!」と。。。

うらには“こそっ”と薀蓄書いていますね。
b0081121_603069.jpg

----香りの琥珀----

8種の厳選ホップ使用

芳醇な香り、美しい琥珀色


個人的な思いなのですが、最終的にはリンクしていると思うのだが、
琥珀色でビールの味は決まらないと思うのね。味を楽しみたいものとしては、色なんてどうでもいいんですが。。
(そう考えたら“透明のGuinness”ってどうなんだろう???飲んでみたいな。。)

んで、今年の味はどうなんでしょうか?
うん、基本線スーパードライに何か突っ込んでる。
一口目は硬口蓋への刺激なんだけど、後口に甘さが残る。そこに金属臭が入るので、“微妙”な感じになる。
ある意味「期待を裏切らない」と言い切っても良い。
好んで飲むものではないな。。。

↓ほぼ通年同じような評価になっちゃってますね。。
にほんブログ村 酒ブログ ビール・発泡酒へ
にほんブログ村
Thanks for Your Click!
by kuttachan | 2016-12-01 06:02 | 麦酒 | Comments(0)

三ツ矢 100% オレンジサイダー~三ツ矢祭63~鬼に笑われた

と、言うことで、先日の三ツ矢ヨーグルで「今年の発売ももう終わりかなぁ」と書いたくせに、
舌の根も乾かぬうちに新商品出てやんの。。。

と、言うことでヨレブンの限定ですが、アップルサイダーピーチサイダーと出ていて、逆に“この順番?”と思った品。
b0081121_6105541.jpg

三ツ矢 100% オレンジサイダー 500 ml/170円


と、言うかですよ。多分これシリーズ化を考えていると思いますが、過去ログ引いてみても、100%はこの他に1年前三ツ矢フルーツサイダー グレープ 100% つーのを出していますが、
もう、それ以外100%となるときつくなって来ると思いますが。。

来年のことを言ったら鬼に笑われますが、来年何の100%が出てくるか、楽しみではありますね。

つーこって、お味は。。
まま、オレンジジュースに微炭酸。後口の酸味が良い。
が、同じヨレブンの100%オレンジジュースと比べれば、甘さは抑えられていると思う。
オレンジには微炭酸の方がいいだろうなぁ。。
甘さと炭酸は相反なのかな?逆に正直言って「炭酸入っていなくてもいいじゃん」とも思ってしまう。。

↓まだ、年内に三ツ矢の新商品出たりして。。
にほんブログ村 旅行ブログ プチ旅行へ
にほんブログ村
Thanks for Your Click!
by kuttachan | 2016-11-30 06:20 | ビバレッジ | Comments(0)

三ツ矢ヨーグル~三ツ矢祭62~透明の意味

いや~。この“三ツ矢祭”も62ですか??
先日のマックでも書いたけど、麦酒酔噺1,000か、三ツ矢祭100で辞めるかな。。

と、言うことで、去年の流れからすると、三ツ矢サイダーさんも今年はおさめかな?
b0081121_6123975.jpg

三ツ矢ヨーグル 500 ml/151円


去年の今頃は三ツ矢白いサイダー 雪いちごが出ていて、
そのちょっと前に三ツ矢白いサイダーが出ているんですね。

で、最近はサントリーのヨーグリーナの天然水等あるけど、なんで透明なんすかね??
天然水は“水”と言うイメージあるとは思うけど、三ツ矢サイダーは白いのも出しているから、
透明と言う必要もないとは思いますが。。

あと最近特にだけど、写真が上手く撮れないなぁ。。
色々写真詳しい人に聞いているんだけど、、
ちなみに、この三ツ矢ヨーグルのペットは若干他のペットより長いのではないか?
でもそれにしても、ちょっと斜めになっているな。。
シャッター切る瞬間に“ひねった”かな??

まぁ、いいや、お味は。。
透明だけど、スコール系の味。多分ほとんど三ツ矢白いサイダーと味の変化はないと思う。
そう考えると“透明の意”と言うのはあるのかな???
ほぼ見た目だけで、味にはなんら影響はないと思うけど。。

↓透明の意味ないよなぁ。。
にほんブログ村 旅行ブログ プチ旅行へ
にほんブログ村
Thanks for Your Click!
by kuttachan | 2016-11-25 06:30 | ビバレッジ | Comments(0)

アサヒ クリアアサヒ 初摘みの贅沢~麦酒酔噺その618~また名前変えました。。

酷いなカンテレは。。
中央でニュースの中突然“地震速報”が流れて、「地震だ、避難してください」と言っているのに、
急に変えて「関西からのニュースです。昨日京都で羅城門の模型が、、、」とかやり出して、、、
融通効かないなぁ。。「こちらも注意しろ」だの「安否確認の方法」だのすりゃいいのに、アナウンサーのおねえちゃんも“何事もなかった”様にニュース読んで(そして終わった後の“ドヤ顔”にようけ何かむかついた。)、
中継戻って「避難してください」ってやっているんだから。。

と、今日の朝の関係ない愚痴から入りましたが、
今日も出ている新商品で、これ。。
b0081121_2012282.jpg

アサヒ クリアアサヒ 初摘みの贅沢 350 ml/141円


各社色々新しいホップのビール(リキュール①類)を出している中、
アサヒのこれは固定できずに悩んでいますね。
今年は“初摘みの贅沢”なんだけど、
2015年は“初摘みの香り”で、
2014年は“摘みたてホップ”と、言う名前で、微妙に名前を変えていますね。
見た感じとデザインも年々グレードアップして行っているのですが、そのお味はどうでしょうか?

硬口蓋への刺激。
ひとくちめに苦みとアルコール臭が抜ける。
あんまり爽快感等感じないなぁ。。。。
過去の初摘みの香り摘みたてホップもあまり良い評価していなく。
結局名前変えてもデザイン変えてもイマイチと言う品でした。。

↓また来年も名前変えるのかな??
にほんブログ村 酒ブログ ビール・発泡酒へ
にほんブログ村
Thanks for Your Click!
by kuttachan | 2016-11-22 20:03 | 麦酒 | Comments(0)

アサヒ クリアアサヒ 関西仕立てⅡ~麦酒酔噺その613~Make KANSAI Great Again!

関西嫌い(本音)
いや、そんなことはない。邪馬台国は奈良にあったと言う説が通説だし、ずっと都は関西だった。
そのため、非常に趣がある寺社が多い。本当に何回行っても飽きない。
飯も関東に比べればうまいし、安いし(だったら、九州の方がもっと良いわ)、
じゃ、何が嫌いなんだろう?
多分多くの関西人の根底にある「関東より自分たちの方が〝上”」と言う根拠のない自尊心。
テレビ番組とか見ていてそれはとても感じる。

でも、その根底にある自尊心をくすぐれば関西の復権はあるぞ、
それこそMake KANSAI Great Again!だ!関ヶ原に壁を立てよう、新幹線を分断しよう、リニアは辞退しよう。

と、言うことで、「これ最近出たんだけどなぁ、もう第2弾かい?」と、言う品。
b0081121_5562989.jpg

アサヒ クリアアサヒ 関西仕立てⅡ 350 ml/145円


その「最近だよな出たのは」と、言う品はこれ。2016年6月22日にUPしていますね。
b0081121_5564531.jpg

ちなみに缶の表と裏でデザインがちょっと違う


・ソース系の食と調和
・ふくらみのある、まろやかな味わい
いや、これは特に関東の人は気づいていないかもしれないけど、私が考える関西の良いところは、
ソースが結構うまい。ブルドッグやイカリだけじゃないんですぜ、お客さん。

と、言うことで、味は関西の食に合わせ、(多分)好評だったから第2弾を半年も開けずに出したお味は。。
硬口蓋への刺激。全体的には平たい。
ちょっと残念な点は、微妙に「後口の最後に塩素系の臭いが残る」こと。
ただ、缶に書いている通り、ソース系の食べ物には合うと思う。ふくらみはないと思うが。
ビールビールと主張せず、ハーモニーとして合わせることが出来る。本当にそう考えて味を調整しているなら製作者に敬意を表する。
そのくらい取り組みには評価できる品。

↓さぁ、そして今後はどうなるのか?
にほんブログ村 酒ブログ ビール・発泡酒へ
にほんブログ村
Thanks for Your Click!
by kuttachan | 2016-11-11 05:58 | 麦酒 | Comments(0)