タグ:サッポロ ( 141 ) タグの人気記事

サッポロ 黒ラベル エクストラブリュー~麦酒酔噺その512~ガラパゴス

と、言うことで、新商品が出回る火曜日ですが、サッポロから“こんなん”出ていました。
b0081121_624451.jpg

サッポロ 黒ラベル エクストラブリュー 350 ml/221円


ちょっと新商品とかに後手後手に廻るサッポロ。
私の過去ログ見ても、ヱビスのリニューアルとか、麦とホップの味違いとかは出ていたけど、ビールらしいビールと言えば
12月に出たニッポンピルス以来のビールになりますね。
(結局これ消えたし。。なんだったんだ。。)

今回ちょっと気になったのは、黒ラベルの派生なんだけど、大胆に黒を取り入れていること。黒ラベルに大きな黒のモチーフ。でもビールは黒じゃない。なんのこっちゃ。

で、お味は。。
硬口蓋への刺激。飲み口は軟らかい。
“エクストラブリュー”と言う名前からは「重たい」と考えていたけど、軽め。
これで酸味があると中国あたりにあるビールっぽくなるけど、そこで抑えたのはさすが。
ただ、味・飲み口とも結構斬新。今の各社のビールの流れのベクトルとは違う味を行っている。
ただ、これ口に合わないと、客に逃げられる感じだな。結構ガラパゴス的な攻め。

↓結論としては黒ラベルオリジナルのほうが良かったりして。。
にほんブログ村 酒ブログ ビール・発泡酒へ
にほんブログ村
Thanks for Your Click!
by kuttachan | 2016-04-13 06:14 | 麦酒 | Comments(0)

ヱビス リニューアル ~麦酒酔噺その503~そこにプレモルがあるからさ。。

と、言うことで今日のブログ村のエントリーはこのネタが多いでしょうね。。。
b0081121_616088.jpg

ヱビス リニューアル 350 ml/203円


ちなみに、うちの周辺のコンビニは全くリニューアル版なく旧版ばっかりでした。
そりゃ結構ヱビスリニューアルのニュース最近だったし、旧版の販売調整出来ていないんじゃないかな。

ただ、この“ヱビス リニューアル”に関して私はあまり賛成じゃないんです。
私の中のヱビスと言うのは「特別なもの」でした。
まだクソガキの頃、よく父に1000円持たされてビールを買いに行っていました。
たしか1000円でサッポロジャイアンツ1本またはサントリー生大瓶3本買えましたが、ヱビスは大瓶で2本しか買えなかったような。。
その位“プレミアム”と言うビールでした。

それは最近やっぱりサントリーのプレミアムモルツが強いと言うかプレミアムモルツがプレミアムビールを先導している形になっていて、
ヱビスは高かったが上に取り残されたという感がありますね。
だから変えたのか?そこにプレモルがあったから。。

まぁ、いいや、お味は。。
硬口蓋への刺激。重い感じと、ちょっとアルコールの臭いのする後口はヱビス旧版を継承している。
重い感じで「結構これ糖質おおいんちゃう?」と思ったら、一番搾りとさして変わりなかった。
ただ、印象としては「丸くなった」感じ。もう少し“麦くささ”あった方がいいのかな。。
プレモルもあの独特の香り、味があるのでヱビスの特徴出して欲しかったなぁ。。

↓個人的には買わん、ごめん。
にほんブログ村 酒ブログ ビール・発泡酒へ
にほんブログ村
Thanks for Your Click!
by kuttachan | 2016-03-16 06:33 | 麦酒 | Comments(0)

ヱビス with ジョエル・ロブション 余韻の時間~麦酒酔噺その498~それでもロブション!

今年はロブション2連発!

どうしたんだ?今年?
と、言うかですよ、これはたしか“香り華やぐヱビス”としてやってきていた品ですね。
ちなみにこれは私の過去ログ上4年連続となる品で最初の2013年のがこれで、翌年の2014年のがこれさらに2015年のがこれとなっていて、2016年には先に華やぎの時間として出していた続きとなります。
b0081121_5593812.jpg

ヱビス with ジョエル・ロブション 余韻の時間 350 ml/271円


いやね、このシリーズが出るまで、「ジョエル・ロブションって何者?」と思っていましたが、“そこそこ(と言うかかなり)”有名な人なんですね。。
でもそしたら、なぜフランス人なんだろうか??あんまりフランス料理にビールと言うのはそんな(いや、ありゃ飲むけど結局ワインに行きますよね)飲まないし、、それだったら道場六三郎監修とかにしてほしかったなぁ。。
(と書きながら某サントリーが「和食に合う」とコンセプトの元“和膳”って作ったけど一瞬で消えたもんな。。)

裏には薀蓄書いています。

b0081121_67533.jpg


ヱビス with ジョエル・ロブション

余韻の時間

熟した果実を思わせる

薫りのホップ品質「モザイク」を使用

口いっぱいに広がる豊熟なコクと薫りの余韻。

食事中や食後のくつろぎに、大人の時間を演出する。

フレンチの巨匠も認めた、限定醸造のヱビスです。


先月出した華やぎの時間で「麦芽に凝るのか」と書いていましたが
結局華やぎの時間はブレンドホップで、こちらは「モザイクホップ」。私の過去ログ探しても「モザイクホップ」は出てきませんでしたね。

ではお味は。。
硬口蓋への刺激。独特な香りを感じるが、何か飲んだことある。多分グランドキリンのホップフルーティジ・アロマに近いんだろうなぁ。。
飲んでいる間にパッションフルーツの香りとかすかな甘みがある。
なんか路線としてはほぼ華やぎの時間と変わらないと言うのが印象。
もうそのまんまで、ブレンドコーヒーを飲むかキリマンジャロを飲むかの違い位。

↓それでも来年はまたロブションでやるんだろうなぁ。。
にほんブログ村 酒ブログ ビール・発泡酒へ
にほんブログ村
Thanks for Your Click!
by kuttachan | 2016-03-03 06:19 | 麦酒 | Comments(0)

サッポロ 麦とホップ 黒 Rich Black~麦酒酔噺その488~ちょっと被っていますし。。

って言うかさ、これ、麦とホップThe Gold と同じ2月2日発売なんだよね。
よく同系列(味は違うけど)にて同じ発売日に出すよね。
宣伝の方もThe Gold推しになって、半ば忘れられているし。。
でも一応サッポロのHPではリニューアル新発売とのことで、今回の紹介。
b0081121_6205536.jpg

サッポロ 麦とホップ 黒 Rich Black


いやね、この“麦とホップ”シリーズの黒なんだけど、「販売してから結構長いなぁ」なんて思っていて
過去ログ過去ログ探していたら、ないんですよねぇ。。ありそうで。

いやー何か飲んだ記憶はあったんだけど、上げていないのかな??
一時期(と言うかかなり当初)「麦酒酔噺の発泡酒(リキュール①)はUPしない)と言っていたが、その時にでも
発売したのでしょうか。

ただ、これはいいのですが、“黒のリキュール①”、“缶にRich Black”と書いてある。で、「最近見たなぁ」なんて思っていたら
これだったんですね。。
b0081121_6212159.jpg

サントリー 金麦 黒のひとときだね


これ、発売したの12月だし。。結構被っていますね。。
こりゃ、ちゃんとみないと間違いますね。もしかしたらあんまり会社気にしなくて飲む人は気づかないかもしれませんね。MaltとBlackでやや被っていますよね。

まぁ、お味はどうでしょうか?
硬口蓋への刺激、一口目は酸味、ロースト麦芽のせいかな?
このリキュール①類に独特の“嫌味な甘み”はない。
全体として良い感じにまとまっている。
酔っぱらって居酒屋に行って“黒ビールです”と出されたら「ふーん」って飲みそう。

↓こうやって、友好的に書いていますが、結局買わないんだけどね。
にほんブログ村 酒ブログ ビール・発泡酒へ
にほんブログ村
Thanks for Your Click!
by kuttachan | 2016-02-08 06:21 | 麦酒 | Comments(0)

サッポロ 麦とホップ The Gold Extra Malt~麦酒酔噺その486~紆余曲折ありまして

本当さ、この“麦とホップ The Gold”ってちょくちょくちょくちょくマイナーチェンジをしている感じがあるのですが。。

でも今回は、結構力の入れようで、何かマイナーチェンジした時はコンビニにもなかったけど、今回は兵庫の片田舎のコンビニにも結構売っている。
それも写真に撮っていないけど「コンビニ限定缶」もだしていますね。
そんな中入手しました。
b0081121_601645.jpg

サッポロ 麦とホップ The Gold Extra Malt 350 ml/113円


で、過去ログ見てみると、実はそんなに私はこのThe Goldオリジナル(この言い方でいいのか?)追いかけていないんですね。
探したらデビューした2014年の2月に上げてそれっきりですね。。ってこれまだ発売して2年しか経っていないの?もっと前から売っている様な気がしますが。。

今回は“麦とホップ史上最大の麦芽量”って書いています。
一応“リキュール①類”って税法上の理由で、麦芽量が制限されていたんじゃなかったけ?
また国税庁に喧嘩売るのかね?

まぁ、いいや、お味は。。
硬口蓋への刺激。後口ちょっと甘め(ただこのThe Goldは甘めが引っかかるんだよなぁ)。
コクもある。ビールに結構寄せていると思う。
ちょっと酔っぱらって飲み会の二次会で居酒屋入って「ビールです」って出されたら「ふーん」って飲んでしまいそう。。
紆余曲折あったけど、結局ビールに近づけてきましたね。。。

↓でも、常時購入しないんだよなぁ。。
にほんブログ村 酒ブログ ビール・発泡酒へ
にほんブログ村
Thanks for Your Click!
by kuttachan | 2016-02-03 06:16 | 麦酒 | Comments(0)

ヱビス with ジョエル・ロブション 華やぎの時間 ~麦酒酔噺その483~今年はロブシェン推し!

今年もロブション!

と、言うかですよ、これはたしか“香り華やぐヱビス”としてやってきていた品ですね。
ちなみにこれは私の過去ログ上4年連続となる品で最初の2013年のがこれで、翌年の2014年のがこれさらに2015年のがこれとなっています。
b0081121_6143525.jpg

ヱビス with ジョエル・ロブション 華やぎの時間 350 ml/271円


そのやっていた“香り華やぐヱビス”はジョエル・ロブションが監修と言う感じでしたが、今回はビールの名前にまで出てきた。
で、サイトを見ると3月くらいに“もう一弾”出すと言う。。
どんだけロブションはヱビスを牛耳っているんだよ?

薀蓄も書いていますね。

b0081121_6144925.jpg

ヱビス with ジョエル・ロブション

華やぎの時間

厳選された3種のホップ*の個性をひきだした、

口にふくんだ瞬間に広がる

華やかな薫りとコク、清々しい味わい。

乾杯や食前酒として、料理を華やかにひきたてる、

フレンチの巨匠も認めた、限定醸造のヱビスです。

*薫り高いネルソンソーヴィン種をふんだんに使用し、ドイツの伝統的なホップ産地のハラタウブラウン種とハラタウトラディション種を一部使用

過去のと比べると、麦芽にはこだわりをなくしましたね。
その代わり、今まで使ったホップ(ネルソンソーヴィン種、ハラタウブラウン種)使って、さらにハラタウトラディション種と言う新顔を突っ込んできました。

で、お味は。。
ヱビスをI.P.A.に寄せたのかな?
硬口蓋への刺激と、一口目のフルーティさが抜ける。
飲んでいるときに「これI.P.A.か?」と思うのですが、飲んでいるうちに「そうではない」と思わせるボディと強い苦みがない。
限りなくI.P.A.に近いヱビスですね。。

↓次のヱビスwithジョエル・ロブションは麦芽にこだわったつくりになったりして。。
にほんブログ村 酒ブログ ビール・発泡酒へ
にほんブログ村
Thanks for Your Click!
by kuttachan | 2016-01-27 06:17 | 麦酒 | Comments(0)

サッポロ 黒ラベル The北海道~麦酒酔噺その473~実力で突っ走れ!

いやね、このブログも“頑張っているんだか暇なんだか(多分後者)”状態で、
12月5日の富士桜高原麦酒から、12月24日のアサヒ ザ・クラフトマンシップ クリスマスビア 香ばしく薫る濃色の イヴ・アンバー (長っ)まで毎日ビールの紹介ですよ。
本当にバカと言うかバカと言うかバカと言うか。。
一応このブログの趣旨は「美味しいビールと旅行を紹介する」なんですが、12月はほぼビールですね。
まぁ、自分のペースでやっているブログだからいいんですけどね。。

そんななかでビールを紹介する中で、「早めに紹介しないとなぁ」と、思いつつも、何か色々先に紹介して、ここまで残っていたのだが、実力的には素晴らしく応援したくなる(でもここでは買えない)という品。
b0081121_6251739.jpg

サッポロ 黒ラベル The北海道 実はこれもらいもんなんで、価格知らず

サッポロの地域限定版でそれもサッポロのおひざ元北海道限定ですね。
そんなんを「知っていますか?」と上から目線で紹介しませんし。。HP見れば分かることなので。。

裏には薀蓄書いています

b0081121_6253267.jpg

北海道で愛され育った感謝を込めて、

特別な黒ラベルを、限定醸造。

北海道にこだわり、

(オホーツク産・富良野産)大麦麦芽と

富良野産ホップを使用。

爽やかな香りと軽快な味わいを

今年も、ぜひ、お楽しみください。


素晴らしいのはちゃんと北方領土を入れ込んでいること。“こういう”のは“しっかり”しないとね。

デザインとしては基本的にサッポロ黒ラベルなんだが、“黄金”をまとっているいる分高級感を感じさせてくれます。
で、お味は。。
軟口蓋への刺激。“すっ”と飲み口は入るのだが、飲んでいる間にボディを感じる。後口に心地よい苦み。
若干“軽め”の感はあるが、ドライ系とかそういうのではない。
全体的にまとまっている(“飲みやすい”と言う意も含めて)。

いいぞ!サッポロ。最近(関西圏では)サッポロのビール美味しいと言う話題は聞かないが、実力は認めるぞ。あとは“どうやって”万人に受け入れられるかだと思う。

↓頑張れサッポロ!実力で突っ走れ!
にほんブログ村 酒ブログ ビール・発泡酒へ
にほんブログ村
Thanks for Your Click!
by kuttachan | 2015-12-25 06:26 | 麦酒 | Comments(0)

サッポロ ラガーズ・ハイ 華やかホップ~麦酒酔噺その466~アルコールが飛ばす。

♪You've blown it all Sky-High~♪

と、言うことで、ほ~ぼ「出しているのか?」と私の中で思っていた、サッポロのイオン限定商品
ラガーズハイですが、「もうかなり昔のこと」かと思っていたら、2015年4月って結構最近だったんですね。。
だって、イオンはオリジナルブランドのバーリアル出しているのに「なんで同じのを出すんだ?」なんて思っていて、
「こりゃなくなるだろ」なんて思っていたら、いきなり新品出してきたよ。。
b0081121_5522058.jpg

サッポロ ラガーズ・ハイ 華やかホップ 350 ml/102円


アルコール分7%と強め出来ていますね。
でもこれって、ビールからくるアルコールではなく、どう考えてもアルコール添加でしょうね。。
さぁ、どれだけ爽やかに持ってくるか??

で、お味は。。
硬口蓋への刺激。
「7%のアルコールは入れていますね」と言う感じですが、爽やかさは感じられない。
後口は「これぞ大吾郎」と言うアルコールの香りが抜けますが、ホップの爽やかさは感じられない。
“ホップ感”を入れているかもしれないけど、アルコールで飛ばされちゃっているね。。

↓この感じじゃ15%位まで商品として行けそうですね。
にほんブログ村 酒ブログ ビール・発泡酒へ
にほんブログ村
Thanks for Your Click!
by kuttachan | 2015-12-18 05:53 | 麦酒 | Comments(0)

サッポロ ブラウンベルグ~麦酒酔噺その463~やっと紹介できます!

いやね、本当にね、ないんだよ。
先日のサントリー クラフトセレクト インペリアルスタウト 位からこの状況を感じているのだが、
これも本当に兵庫の片田舎にはないんだわさ。。

結構ビールのブログ書いている方は普通に入手しているみたいだけど、
本当にないんだわさ。こんなん嘘ついてどうする??

と、言うことでなんとこれは10月27日に発売だったんだが、まったく兵庫の片田舎では見当たらず、結局通販で手に入れて、さらに他のビールの紹介が先行してしまい、こんな時期まで放置プレイしていた品。
(通販の担当も「こんな普通にあるの1本って“どういうこと”だよ?」と思ったかもしれない品)
b0081121_5522620.jpg

サッポロ ブラウンベルグ 350 ml/118円(送料は無し)


ベルグ系と言えば、2014年4月に出したホワイトベルグ(早いなぁ、、もう1年以上経過?)、
2015年6月に出したゴールドベルグと春先に出してきて冬には初めての発売になっています。

そして裏には薀蓄も。。

b0081121_5584979.jpg

SAPPORO

ブラウンベルグ

ベルギー産麦芽と、3種類のホップ(トリプル

ホップ)が織りなす鮮烈な香りと苦み。

ビール大国ベルギーに学んだ、洗礼された

味わいをお楽しみください。


まぁ、期待できますね。で、お味は。。
硬口蓋への刺激、ただし気のせいかアルコール系の臭いが抜け、苦味がきつく感じる。
その“アルコール臭”のせいで重みを感じることができない。
今までのホワイトベルグゴールドベルグの評価が高すぎて、逆にあまり高評価とは言えない。
と、言うか未だ本当に兵庫の田舎にはないのだが、サッポロはヤル気あるのだろうか?

↓次はレッドベルグあたりか?(それより田舎でも買えるよう売ってくれ!)
にほんブログ村 酒ブログ ビール・発泡酒へ
にほんブログ村
Thanks for Your Click!
by kuttachan | 2015-12-15 05:59 | 麦酒 | Comments(0)

サッポロ ニッポンピルス~麦酒酔噺その461~“そういうの”は、あった。

♪さいはて目指して持ってきたものは唯一つ♪

♪この地球上で いちばん♪

♪混じりけのない 気高い青♪

♪何よりも熱く静かな炎さ♪


このは好きなんだけどなぁ。。
また関西では相変わらず販売のチャンネル弱くて、全く全然売っていなく、“やっとこさ”手に入れた品でございます。
b0081121_871829.jpg

サッポロ ニッポンピルス 350 ml/210円


まぁ、元からサッポロはビールの原材料にはこだわっている会社ですが、サッポロ自体は“こんな発想(材料を日本産で縛る”
のビールは出していなかったんですね(か、私が探せなかったか。。)

ただね、この“発想”は前からあったんだよねぇ~
例えば古いところで
サントリーが 2006年に ジャポネゴールド つーの出しているし
キリンが2007年に ニッポンプレミアム つーの出しているんだよねぇ。。
だから、この発想は斬新ではないんだなぁ。。

しかし、繰り返すけど、この色はいいなぁ、Japan Blueで。

でもまぁいいや、お味は。。
硬口蓋への刺激
飲み口として“キレ”がある。後口に少々の苦み。
ちょっとボディ感は足りないなぁ。。。
総合的に見ると、全体として“まとまっている”。
しかし特徴がないので、「わざわざ買おう」と言う衝動に駆られない品ですね。

♪何よりもただ青く燃え盛るのさ♪
にほんブログ村 酒ブログ ビール・発泡酒へ
にほんブログ村
Thanks for Your Click!
by kuttachan | 2015-12-13 08:21 | 麦酒 | Comments(0)