タグ:ビール ( 508 ) タグの人気記事

デュヴェル~白耳義麦酒酔話その1~

もう25回を超えた麦酒酔噺、ちょっと天狗になってスピンオフしてみました、、
(いや自分の大好きなドラマCSIがスピンオフしているから、自分も使いたいと思ってなんて考えていないでもなくはないけど、、、)

で、最近ネットなんかでもベルギービールが結構検索でひっかかります、、、
今ではワールドカップ、ワールドカップと言ってドイツがビールの美味しい所といわれているけど、たしか一人当たりのビール消費量が多いのはチェコだったよーな?たしかにチェコのビールは美味しくて安かった記憶があります。

ベルギーのビール、あんまり印象ないのですが、、、小便小僧、小便小娘にがっかりし、中央駅で食べたワッフルに失望し、美味しいと思ったのは露天のフライドポテトにサワークリーム乗っけたやつだけだったと思いますが、、、

まぁいいや、流行しているから、おいしいのでしょう!
で1回目、、、
b0081121_9535246.jpg


デュヴェル 多分500 mlあるかないかで474円(購入価格)
見た目はいいのですが、裏面に「魔性を秘めたビール」とあったよーな、、

中身は普通(しまった、写真忘れた!!)なのですが、、、
飲むと、、アルコール高かぁ!バドみたいな色しているくせに、、、
アルコール8.5%!すこしきついです、、、
ちなみに「デュベル」とはオランダ語で「悪魔」と言う意味みたいです、、、

採点
☆☆ ☆
(“ごくごく”は飲めないわなぁ、、、)
by kuttachan | 2006-07-01 09:54 | 麦酒 | Comments(2)

アサヒ 富士山~麦酒酔噺その26~

実は前回ちょっとした間違いをしましたので、、、、

b0081121_9423030.jpg


アサヒ 富士山 店頭価格240円(350 ml)

細々と出回っている、アサヒのプレミアムビール。もう一つ“熟選”と言うのがありますが、“プライムタイム”売り出したら、消え行くのかなぁ?
今はやめましたが、モルツが“水系(赤城、丹沢、京都、熊本)”でこだわる前から、水の所在をはっきりしていたビール。

で、ちょっとした間違いと言うのは、前回「富士山より~」と書いていましたが、実はまだ「富士山」紹介していなかった、、、

で、お味は、、、
ウン、そこそこしっかりしている。でも特徴は薄い、、、、やっぱり水は無味(実際はあるけど)で、ホップで決まるのかなぁ?

採点
81点(♪ふーじは、にーっぽん、いちのーやまー♪)
by kuttachan | 2006-07-01 09:51 | 麦酒 | Comments(2)

アサヒ プライムタイム~麦酒酔噺その25~

今日は今日発売だったこれ!
b0081121_2333127.jpg

アサヒ プライムタイム 店頭価格310円(500 ml)

ついにアサヒもプレミアムビール商戦に本格的に殴りこみをかけてきました。サントリーのプレ・モルなんて昨年比ウン倍の出荷量らしいですから(これは後日書きますが、プレ・モルは結構昔から売っていたけど、出荷が超細々だった、、)。

プレミアムビールが売れて、第三のビールが売れて、普通のビールが落ち込むなんて、中流の無いどこかの格差社会を如実に表しています。と通ぶった事を言ってみる、、、

でも缶のデザインは素敵!この系の色大好きです!!写真写りもいいねぇ!

で、お味は、、、
アサヒさん。別に私はアサヒさんを悪く言うつもりは毛頭無いけど、風味はモルツ系より弱く、味は富士山とそんな変わらないような気がする、、、これでプレミアムを名乗るなら、勝負難しいかも、、、ただ面白いのは、原材料が「麦芽・ホップ・窒素」でした。窒素なんて書いてあるビール見たこと無い、、、、

採点
82点 (折角だったらプレミアムドライを出せばいいのに、、)
by kuttachan | 2006-06-28 23:45 | 麦酒 | Comments(6)

アサヒ 黒生~麦酒酔噺その24~

本日はこれ!
b0081121_054485.jpg

アサヒ黒生 270円前後(500 ml)

一時期スタウトブームがあったときに、発売し、結構売れていて、最近まで宣伝していたかなぁ?と思っていた品。

それが最近はこちらでは入手困難。都で入手しました、、、
スタウト好きな私にはそそられる一品です、、、

で、お味は、、、
???うすい!もう少しコクがあってもいいのだが、ボディーがしっかりしていない、、ライトスタウト(そんなのないけど、、)?

採点
78点(アサヒなぁ?--明後日発売のプライムタイムがどうでるか、、、)
by kuttachan | 2006-06-28 00:11 | 麦酒 | Comments(4)

サッポロ 畑の見えるビール~麦酒酔噺その23~

今日はこれです

b0081121_23421937.jpg

サッポロ 畑の見えるビール 270円(500 ml)

最近はあんまり見ませんが、たしか2006年に入り、サッポロがホップと麦芽を100%契約農家にした事を機に発売したビールだったような、、、

このご時勢“トレーサビリティ”を確立すると言うのは評価出来ます。
話はそれますが、最近野菜のパッケージに「私が作りました」とか言って、顔写真載せているのがありますが、味はどうあれ、奥様たちはイケ面の栽培者を選ぶはずですし、自分だって顔を見て選んでしまう、、、
それって売れ行きが味ではなく顔で左右されるので、“トレーサビリティ”の意味から離れていると思います、、

と話が大幅にそれましたが、お味は、、
おっ!見た目より結構味はしっかりしている、缶にはヘレスタイプとありますね、、、デュンケルタイプとは違うんか?不勉強でよう分からん、、、

採点
87点(“畑が見える”だけに“はな”がある、、、)
by kuttachan | 2006-06-26 23:57 | 麦酒 | Comments(9)

ヱビス 黒2006~麦酒酔噺その22~

今日はこれ

b0081121_16503418.jpg

ヱビス 黒 店頭価格315円位(500 ml)

3年ぐらい前に突然売り出したヱビスの黒!
長い間ヱビス一本で売り出して来たのに、なんで突然新商品を出すのか疑問に思っていました。
しかしただでさえ美味しいヱビスにスタウトタイプですから、美味しいことは予想つきます。

で、お味は、、
スタウトタイプはただでさえボディーがしかっりしていますが、料理の味を殺さない味。
しかし薄くはありません、、

採点
90点(でたー、初の90点台!!)
by kuttachan | 2006-06-24 17:00 | 麦酒 | Comments(2)

キリン バドワイザー~麦酒酔噺その21~

次はこれ、、
b0081121_1455214.jpg

バドワイザー(日本ではキリンが製造・発売)店頭価格200円前後(350 ml)

輸入物と言うかライセンス物第2弾。昔はサントリーが販売していたような気が、、、
まだ私が若い頃、バドワイザーの宣伝で“Nothing beats the Bud(何事もバドを負かせない=バドが一番)”と言っていて、“Nothing”と言う“無生物”が主語になるのと、動詞に三人称単数の“s”がつくことを見て初めて感動しました。

話はそれますが、“Buck to the future”でも、マイケル・J・フォックスが“Nobody calls me chicken”と言っていましたね。

私が大学生時代、米軍基地は独立記念日にお祭りをやっていましたが、ちょうどそのころ1ドルが90円位で、お祭りでバドワイザーが1本85セント位で売っていて。相当買い込んだ記憶があります。

で、(だいぶ話がそれましたが)お味は、、、
“あまっ!”こんなに甘かったかなぁ?米国の象徴のくせに米を入れているし、HPを見る限りでは、2次発酵でブナの木片を入れている、、、これかなぁ?

採点
65点(Everything beats the Bud)
by kuttachan | 2006-06-17 14:56 | 麦酒 | Comments(4)

キリン まろやか酵母~麦酒酔噺その20~

おーついに20台の大台にのりました

で、これ、、
b0081121_2316236.jpg

キリン まろやか酵母 店頭価格250円前後(350 ml)

チルドビール最後。“フルーティな香り”に5つ星らしい、、
よく見ると、中で酵母が“いさって(あー昔使った九州弁、この他に妥当な表現見当たらない)”います。

で、お味は、、
あっ、ベルギーのヒューガルテン・ホワイト(有名なホワイトビール)のパクリだ!すこし日本人向けに気持ち薄くしているけど、、、

採点
80点(ヒューガルテンホワイトは好きです、、、)
by kuttachan | 2006-06-16 23:14 | 麦酒 | Comments(4)

キリン 一番絞り 無濾過~麦酒酔噺その19~

第3弾はこれ
b0081121_23371189.jpg

キリン 一番絞り 無濾過(生) 店頭価格250円前後(350 ml)

チルドビールの中で“麦のうまみ”と“麦のかおり”に5つ星
「まろやかでやわらか」らしい

で、お味は
“一番絞り”よりはまろやか。と言っても、あまり特徴の無い味。素人には“一番絞り”に片栗粉を混ぜて誤魔化せるかも、、、

採点
78点(“一番絞り”+気持ち)
by kuttachan | 2006-06-15 23:37 | 麦酒 | Comments(4)

キリン ゴールデンホップ~麦酒酔噺その18~

チルドビール第2弾はこれ!
b0081121_043564.jpg

キリン ゴールデンホップ 店頭価格250円前後(350 ml)

チルドビールの中で“苦味”と“ホップの香り”に5つ星をつけています
「しっかりとした苦味とさわやかな余韻」が特徴らしい、、

で、お味は、、
“いやらしい”ハートランド。たしかに飲みやすいが、ちょっとホップが自己主張しすぎ、路線的にはLee○十倍カレー系統で、ホップを何倍とかそんな感じ

採点
82点(ゴールデンと言ったら“ハンマー”)
by kuttachan | 2006-06-15 00:05 | 麦酒 | Comments(4)