タグ:発泡酒 ( 231 ) タグの人気記事

サントリー ホップタイム PM9:00~麦酒酔噺その599~ご提案

先日のサントリー ホップタイム PM6:00ですが、発売して2週間程度経ちましたが、
兵庫の田舎のうちの周辺のコンビニには全くなく、やっと手に入れたMaxValueでも未だに冷蔵として売っていない品。。
b0081121_6102649.jpg

サントリー ホップタイム PM9:00 350 ml/108円


その先日のPM6:00が出ていて、たぶんコンセプトはPM6:00が“食前ビール”だとしたら、このPM9:00は“食後ビール”つーことですかね。。
と、言うことは「後口(余韻)」勝負と言うことですかね。。

裏には薀蓄書いています

b0081121_6104554.jpg

きらめく星空のような

フルーティでときめく味わい

シトラホップを使用した

フルーティで

爽やかな香りが特長。

まさに、PM9:00きらめく星空に

乾杯するのにぴったりの、

ちょっと気分がときめく

味わいです。


すみません。PM6:00の時にも書いておけばいいのですが、「PM9:00きらめく~」の件ですが、
PM9:00“の”入れたほうがいいんではないんですかね。。まぁ、気になっただけですが。。

シトラホップですか。。過去ログ見てみると
ちょっと前のサントリーの“春”シリーズ(春咲く薫り 2015 Ver.と 2014 Ver.)と
もう出さないと聞いてしまったアサヒ クラフトマンシップ ドライセゾンあたりが使っていますね。
結構メジャーですね。

んで、お味は。。
硬口蓋への刺激。一口目は結構重みが来て、I.P.A.っぽく感じられるけど、
悲しいかな、そこがリキュール①類、そこが“受け止められなく”そのまま流れてゆく。。
リキュール①類の限界だね。。

で、サントリーさんホップタイムPM6:00と今回のPM9:00と出していますが、
AM7:00とかどうでしょう?
昔なんて旅行とかしたとき「朝から酒飲むなんて最低だな」なんて思っていましたが、
もう最近沖縄旅行したとき、少々よろしい宿泊まったんですが、優雅な朝食に生ビール最高っすね!
1週間位滞在していたんですが、3日目位から担当の人が“なにも言わずに”ビールもってきてくれていましたもん。。
“起き抜けビール”美味いなぁ。。(←もうダメ人間モード)
の、気分を感じさせてくれるAM7:00とか作ったら一部の“ダメ人間”からは喜ばれるのではないでしょうか。

↓次回はついにこの“麦酒酔噺”も600回目。また“今までにない”書き方にします。
にほんブログ村 酒ブログ ビール・発泡酒へ
にほんブログ村
Thanks for Your Click!
by kuttachan | 2016-10-17 06:14 | 麦酒 | Comments(0)

サントリー ホップタイム PM6:00~麦酒酔噺その598~HIP HOP HIP HOP

♪HIP HOP HIP HOP♪
(イルマニア聞いたことやつしかわからね~つーの)

と、言うことで、サントリーの試みとしては、評価できるんだけど、総合的には「こりゃねーな」と
考えてしまった品。
2品出したんだが、うちの周辺のコンビニは全くなく、スーパーに発売日過ぎてから、冷やしたものではなく、常温コーナーに
“しれ~”と置いてあった品。。
b0081121_746060.jpg

サントリー ホップタイム PM6:00 350 ml/108円


コンセプトとしては、時間を指定していることにより、
“食前ビール”・“食後ビール”と言うコンセプト(書いていて気づいたんだが、“ビール”ではなく“リキュール①”だろ??

今回はPM6:00と言うことで、食前ビール、一発目の“ひとくちめ”勝負と言うことですね。
裏には薀蓄書いています

b0081121_746266.jpg

夕暮れの空のような

華やかで優雅な味わい

ハラタウブランホップを

使用した

華やかな香りが特長。

まさに、PM6:00夕暮れの空に

乾杯するのにぴったりの、

ちょっと気分が優雅になる

味わいです。


つーかよ、関西ですが(関東よりは西だから、日が長いですよね)、この時分
「もう日が暮れて、暗いぞ」

ちなみに“特徴”と“特長”の違い知っています?
特徴は“良い点と悪い点”で、“特長”は“良い点”だけなんですね。。

で、使っているのは“ハラタウブラン”ホップ。
私のブログの過去ログ見てみると、ハラタウさんはサントリーは結構使っていて、
すぐ出るところは、サントリー ザ・プレミアムモルツ サマースペシャルですが
良く見ると、ハラタウ産ホップであり、ハラタウブランではないんですね。。微妙なところ。

まぁ、いいや、お味は。。
硬口蓋への刺激。はっきり言って印象は“薄い”。
一口目も印象強くなく、なんか率直に言えば、アメリカの最近は流行っていない馬のしょん●んビールだな。。
多分“食前ビール”と言うコンセプトで、「あまりパンチのないもの」と考えたのかもしれないけど、
まったくだめだな。。薄くて、こりゃ。。

↓と、言うことはPM9:00も何となく想像できるわな。。
にほんブログ村 酒ブログ ビール・発泡酒へ
にほんブログ村
Thanks for Your Click!
by kuttachan | 2016-10-15 07:51 | 麦酒 | Comments(0)

サッポロ 麦とホップ 赤 FEST STYLE (2016)~麦酒酔噺その597~懲りすぎて

♪カープ!カープ!カープ ひろしま、ひ・ろ・し・ま かぁぷぅ♪
(今週2回目:ちなみに私はライオンズファン)

赤いので来ましたねぇ。。
今までは何とも思いませんでしたが、今年は25年ぶりの優勝もあり、「赤繋がりか?」と思ってしまいます。
b0081121_691070.jpg

サッポロ 麦とホップ 赤 FEST STYLE (2016) 350 ml/108円


これは結構ながくやっていると思います
もちろん一昨年(2015年)の秋にだしていますし、
2014にも秋に出している
2013年には春に出していますね
そう考えると、9月に出しているなぁ。。。おれがもしかしたら気づかずスルーしていたのかもしれない。。

今年は裏に薀蓄書いています

b0081121_6131372.jpg

今年の<赤>は、ドイツのビール祭りで

親しまれるスタイルを参考に、ドイツ産

麦芽とバイエルン産ホップを一部使用。

「一口目の麦の甘み」

「しっかりとしたコク」

「美しい赤い色」

を実現しました。仲間との乾杯を楽しくする、

フェストスタイルの赤をお楽しみください。


へぇ~なんとなく想像できるが(いつも通りと)味はどんな感じなんでしょうか?
硬口蓋への刺激。逆に甘みが気になる。カラメルを入れたような甘さ。
これだとビールだったらこの“甘み”を受け止められるのだけど、やっぱりリキュール①ではこの位が限界かなぁ。。

↓ただの甘いビールに成り下がっているような。。。
にほんブログ村 酒ブログ ビール・発泡酒へ
にほんブログ村
Thanks for Your Click!
by kuttachan | 2016-10-14 06:15 | 麦酒 | Comments(0)

アサヒ クリアアサヒ 吟醸~麦酒酔噺その596~名づけの妙

“吟醸”って、日本酒に使う言葉だね。。
某知識の宝庫によると、“吟醸酒”とは日本酒で「米、米こうじ、水、醸造アルコール」使ったものと定義されています。

と、考えると嘘ではないんだなぁ。。
ただ、これは、リキュール①類なんだけど。。。
b0081121_6104017.jpg

アサヒ クリアアサヒ 吟醸 350 ml/108円


最近色々攻めているクリアアサヒ。
クリアアサヒ系列としては、“秋の琥珀”“クリスタルクリア”に続く品ですが、
例年出ているものではなく、新しいもので、結構「名づけの盲点」ついてきています。

日本酒も勉強しないといけないのだが(親戚に杜氏いるのに)、なんか合わないんだよねぇ。。
ビール以外私の体質に。。だから“吟醸”と言われて「高級なもの」と想像してしまうけど、実際は
“純米”って使ったら、アル添認められないんだね、でもこれはビールではないな。
(あっ、一番搾り使っているんだっけ。。)
と、言うこと、、、

で、お味は。。
硬口蓋への刺激。結構飲み応えがある。
後口もよいが、悲しいことに最後の最後で、抜けてしまう。これがビールだったら“受け止めて”良い余韻が
残った可能性があるのだけど、残念。
しかし、アサヒ恒例の“スーパードライ寄せ”がなく、結構おいしく飲める。
正直不味いビールより整っているのではないか。
これはMaxValueで買って108円だったけど、この味で108円は上出来と思う。

↓でもこれを生かせられないのが、“ある意味”アサヒのいいところ。。
にほんブログ村 酒ブログ ビール・発泡酒へ
にほんブログ村
Thanks for Your Click!
by kuttachan | 2016-10-13 06:11 | 麦酒 | Comments(0)

オリオン オリオンスタイル~麦酒酔噺その594~オリオン スタイル?

私は好きですけどね。。オリオン。

最近色々なビール(リキュール①類)の味を出しているオリオンビール。
唯一悲しいことは、内地、それも関西の片田舎では「入手しづらい」と言うこと。。

発売日なんかには手に入れると言うのは到底無理で、スーパーの“沖縄フェア”みたいのをやっているなか
探したり、なんか結構色々なビールを置いている店で“しれ~っと”置いているのを「ラッキー」と買ってくるしかないのです。

そんな風にして手に入れました。
b0081121_613187.jpg

オリオン オリオンスタイル 350 ml/118円


ここでひとつ気になるのは、
オリオン オリオンスタイル
なのか
オリオン スタイル
なのか
分からないことですね。。。まぁ、いいけど、、、

ちなみに私の稚ブログの過去ログ無いと言うことは、たぶん新商品(発売時期は今時期ではないと思いますが。。)なんでしょうね。
(まぁ、オリオンのHP見ればいいだけの話かもしれませんが。。)

で、お味は。。
軟口蓋への刺激。
味わいはないが、全体的に“すっきり・飲みやすい”感じが印象。
逆にそんなにアル添の味もせず(やっぱり後口には若干残るが)、オリオンの親会社のスーパードライの嫌味(臭み)ないので、
割り切れば飲めるかも。。

↓良く考えたら“スタイルフリー”とか“スタイルバランス”とか“スタイルなんちゃら”って出しているからアサヒ系列ってマジマジと分かるよなぁ。。
にほんブログ村 酒ブログ ビール・発泡酒へ
にほんブログ村
Thanks for Your Click!
by kuttachan | 2016-10-07 06:04 | 麦酒 | Comments(0)

サッポロ ラガーズ・ハイ 芳醇のどごし~麦酒酔噺その588~他社の名義使用

♪You've blown it all Sky-High~♪
(毎度同じネタ。。。)

あらあらあらら、
なんと「消えるようで消えないなぁ」と思っていたラガーズ・ハイがなんと別の味を出してきました。
b0081121_6182192.jpg

サッポロ ラガーズ・ハイ 芳醇のどごし 350 ml/108円


ラガーズ・ハイはサッポロですが、実はAEONグループ限定でしか売っていないと思います。
ちなみにイオングループはバーリアルって出しているけど、それと被るのに地道に出している品でございます。

ラガーズ・ハイの方は私のブログで過去ログ引くと、
2015年4月に発売し、同じ年の12月には“華やかホップ”つーのを出していますね。
で、今年の5月にリニューアルしています。

その中で、の“芳醇のどごし”と言う味違いを出してきました。
で、「攻めているな」と思うのが“のどごし”と使ったこと。
“のどごし”自体ビールの感想で良く使いますが、敢えてキリンで使っている商標を商品名に入れてくると言う。。

まぁ、いいや、お味は。。
硬口蓋・軟口蓋広い刺激。のんでいるそれこそのどごしにアルコール分の強さが分かる。
アルコール分は7%、確かに高い。
また後口にはアルコール臭さが残る。
またコクがないけど、アルコール分が高いことで、飲みやすくなっている。
芳醇とは思わないけど、逆にビールではなく、「麦の味に近いホッピー」と考えたら微妙に飲めるような気がしてきた。。

↓で、今年は“華やかホップ”は出すのであろうか??
にほんブログ村 酒ブログ ビール・発泡酒へ
にほんブログ村
Thanks for Your Click!
by kuttachan | 2016-09-24 06:24 | 麦酒 | Comments(0)

キリン 夜のどごし 2016~麦酒酔噺その585~V. S. O. P.

※すみません、外書きしていたもんで、最初“題名”とか出ていました。

いや、もう、本当に早いよ。。
昨日の琥珀ヱビスでも書きましたが、“琥珀ヱビス クリスタルアンバー”なんて、本当に“昨日”と言われても疑いもなく「ふ~ん」なんて納得しましたもん。

そんで今日の“これ”なんですが、これも、コンビニに“新商品”として並んでいましたが、
「これ最近出たよなぁ」とスルーして、家に帰って過去ログ引いたら、
「あらま、もう1年経っているよ」と気づいて買ってきた品でございます。
b0081121_5303891.jpg

キリン 夜のどごし 2016 350 ml/145円


で、昨年の“夜のどごし”がこれですね。
まぁ、基本“キリンののどごし”シリーズに好印象を持っていないため、あまり良い評価ではなかったですね。

ちなみに私の過去ログの“のどごし”シリーズ見てみると
6月末に“サマースペシャル”を出していて
その前の4月末に“晴のどごし”を出しています。
どうも春夏秋冬の四季で出しているみたいですね。

で、お味は。。
硬口蓋への刺激。やっぱり今年も後口に“薬草臭さ”が残る。
飲んでいる間に舌への“丸み”を感じる。この感覚は、なんか昔文句言ったけど、今でも結構残っている(コンビニにはほぼ見なくなったが)澄みきり感がある。
“重みを出した”と言うのは“こういうこと”なんだろうか?空振りしている。
夜飲んでもイマイチ。もちろん昼飲んでもイマイチ。
結局イマイチな品でした。。。

↓ちなみに私の書いているV. S. O. P.って「ヴ(V)ぁかで し(S)ょっぽい お(O)味で ポ(P)イ」の略だったりして。。
にほんブログ村 酒ブログ ビール・発泡酒へ
にほんブログ村
Thanks for Your Click!
by kuttachan | 2016-09-07 05:37 | 麦酒 | Comments(0)

サッポロ 極ZERO 香りのゴクゼロ~麦酒酔噺その583~あら、あの味?

色々あるんですねぇ。。
一応まぁ、平日は1ネタ上げようと思っているのですが、
「ネタ元はあるのに、記事としてまとめられていない」つーのがかなりあって。
理由は色々あるんですが、まぁ、“くそ忙しい”と言うのもあるんだけど、“印象残らず”後回し後回しと言う品。
b0081121_6183253.jpg

サッポロ 極ZERO 香りのゴクゼロ 350 ml/141円


極ZEROは結構前からあって、1回味のリニューアルして上げましたが、あとはなんか放置していましたね

ちなみに私の過去ログでは、“極ZERO”のデビュー1回味変えたのがこれになっています。

で、そういえば折角ビールの代替品として出しているのに、「味違いがないなぁ」と思っている中での味違いの新商品です。

まぁ、いいや、お味は。。
ビールではなく、ホップにアルコール添加したもの。
ただし、ホップの香りは良く出ていると思います。ただ、後口は典型的な添加したアルコールの臭いが抜けます。
ただ、これ飲んでいたら、「どこかで飲んだことある味だなぁ」と思ったのですが、
記憶をまさぐると、このブログにはUPしていないけど、どう考えても
ヘルシア・モルトスタイル
なんだよなぁ。。。ほぼアルコール“入っている”か“入っていない”かと言う。

↓今度実験したろか。。
にほんブログ村 酒ブログ ビール・発泡酒へ
にほんブログ村
Thanks for Your Click!
by kuttachan | 2016-09-05 06:30 | 麦酒 | Comments(0)

NORRLANDS GULD~麦酒酔噺その575~大騒ぎありません。

と、言うことで、北欧の端旅行(たとえばDomkyrkaとか)の中で飲んだビールを紹介。
何が良いか?って、「北欧っぽい“サーモン”のエンブレム」があるんだけど、ビールに魚のエンブレムあるかね?
b0081121_5422540.jpg

NORRLANDS GULD 350 Ml? 8.9 Kr≒144円+1 Kr


購入価格日本円で144円位に税金1 Kr=16.18 160円位ってコンビニで買うリキュール①類かな?

でも、いくら伝統的なエンブレムと言えども、缶に魚が書いてあると言うのは珍しいですね。
何か魚があると“臭い”つーイメージが個人的にあるんですがね。。

裏には薀蓄書いちょります。

b0081121_5424349.jpg

INGET TJAFS.

INGA KONSTIGHETER.

BARA EN GOD öL.


ここで、凄いぞgoogle先生。訳してもらおう!
大騒ぎありません。

何も面白いビジネスはありません。

ちょうど良いビール。

多分意的には、「何もない、ただ素直なビール」位の品なんでしょうね。。

で、お味は。。。
うす~~~
なんじゃこりゃ?
なんかホッピーを水でうめた感じ。それに並行してアルコール臭がする。
多分感覚的には、日本の80円台のリキュール①類を感じさせる気がします。

で、先ほど「缶に魚が書いてあると、“臭い”イメージがある」と書きましたが、
最近“そんなん”ありました。。
b0081121_5431665.jpg

あっ。。


↓人の記憶ってそんなもんだ。。。
にほんブログ村 酒ブログ ビール・発泡酒へ
にほんブログ村
Thanks for Your Click!
by kuttachan | 2016-08-23 05:45 | 麦酒 | Comments(0)

サッポロ 麦とホップ 秋の薫り麦~麦酒酔噺その573~シリーズの是非

と、言うことで、今日は導入パスで後半に愚痴と言うか持論を。。
b0081121_6251484.jpg

サッポロ 麦とホップ 秋の薫り麦 350 ml/108円

b0081121_6262513.jpg

やっと2016年リキュール①類 秋の陣終了(キリンの秋味:ビールは来週)です


ちなみにサッポロは過去秋口に「何を出していたか」と言いますと
2015年には“秋の本熟”と、言うのを出しており、
2014年には出していない
2013年には“富良野の秋”と、言うのを出していて、
2012年には“日本の彩Premium秋の幸”と出しているんです。

で、2016年に“麦とホップ”シリーズでこれを持ってくると言う。。
う~ん。迷走しているなぁ。。

裏にはこんなんも書いています

b0081121_629618.jpg

じっくり丁寧に焙煎した

麦芽を一部使用。

香ばしい薫りと豊かなコクを

実現しました。

麦とホップならではの 秋のひと味を

お楽しみください。


「“麦とホップ”ならではの」って、結構サッポロは麦とホップに自信持っているのですねぇ。。

で、お味は。。
「良くも悪くも麦とホップ」なんだよなぁ。。
軟口蓋への刺激。全体的に丸みというか“ぬめっ”とした感じがある。
これが麦とホップの特徴。で、これも特徴なんだが、甘みが抜けず。
一時期“麦とホップ”は「私にとってはビールです」と言っていたが、この甘みと丸みがそういわせる(私はそう思わないけど)んだろうなぁ。。

↓こうやってシリーズ化して、基本線同じにするのもある意味よくないね。。
にほんブログ村 酒ブログ ビール・発泡酒へ
にほんブログ村
Thanks for Your Click!
by kuttachan | 2016-08-19 06:40 | 麦酒 | Comments(0)