人気ブログランキング |

映画批評~MIB3~

うちの近くは“ちゃんとした”映画館がないんですよ。
あっても、音響はイマイチで、3Dなんて、「へっ?何か出ています?」
状態で、ひとり2,000円位して、2人で行くと4,000円。

それだったら、今BDが半年遅れ位で発売されるし、一応家に
“気持ちウーハー”あるし、アマゾンで買った方がいいんです。
こうやって映画館って衰退してゆくんだろうなぁ?

以下ネタバレ注意

で、今週末来ました。
b0081121_211365.jpg

MIB3

(つーか、このハレーションなんとかならんのかなぁ?
写真の技術がいまだにイマイチです、、、)

あらすじとしては、捉えられていた極悪の宇宙人が、エージェントKを
“過去に遡り”始末しに行った(ここがミソ)のを、エージェントJが
タイムスリップして阻止しに行くが、その中でJが自分自身の
生い立ちを知ってしまう。
と、言う話。

Tomy Lee Jonesは相変わらずいい味出しているけど、
やっぱりアクション映画として2時間分出演するのは難しく、
若きK役のJosh Brolinが「うまく立ち回っているなぁ」と
感心させられます。

タイムスリップネタとしてはCold Caseなどがありますが、
難しい点としては、
“街並み(車、人の服装)を再現する”
“出演者の若いころを再現する”
の2点があります。前者は最近CG等の技術が発達し、
うまく立ち回れますが、
後者は結構メイクでは誤魔化せない点もありますが、
Joshは“親子以上”に似てました。

あと、良かったのは“タイムパッラドックス”の矛盾点の
解決をグリフィン役のMichael S. Stuhlbargが演じていた点。
「五次元を“そう”説明しますか!」つー感じ。
(“タイムパラドックス”は説明すると難しいので、
何たるか?はBack to the Futureシリーズを見てください)
これで、物語が「きれいに整理」されていたと思います。

見終わった後は、物語でも「腐れ縁っていいな」と、思いました。
MIBシリーズのテイストを残して、この内容を2時間以内に
収めた点では十分及第点をつけられると思います。

ちょっと不満を言えば、
そんなにPitbullの音楽が使われてない位かなぁ?
でも、“Back in time”の歌詞の中で、「ケープカナデラルから報告中」と
あるのですが(ヒアリングと参考が正しければ)、これを見て「納得」。

でも結構「おすすめ」です。
by kuttachan | 2012-10-29 21:10 | 日常 | Comments(0)


<< キリン とれたてホップ一番搾り... めんそーれ!~カップヌードル記念館~ >>