人気ブログランキング |

【映画批評】REDリターンズ

いやね、私はね、こんなんもやっているんですよ。
但し“映画館で観たもの”と“BD買ったもの”の縛りは入れていますけどね。
b0081121_7561672.jpg

RED リターンズ


そんで内容は“ネタバレ”になるから、左下の“More”の中に…


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

↓兄弟サイトやってます!ライオンズ、クッタ
http://kuttachan.cocolog-nifty.com/kutta/






※総括書いたつもりだけど、何か消えているから、ちょっと追記しておきます(2013/12/02/18時)。
一応“娯楽大作”として面白かったのですが、いわゆる平たく面白い。
“2”と“1”どちらが面白いかと言うと“1”の方が面白かった。出演者皆の“サイコさ”が出ていましたし。
“1”は「まだまだ結局若い者には負けん」と言う感じでしたが、“2”は“歳老いたMission Impossible感がちょっと出ていました。
※追記ここまで

今回も出演者は各々いい色を出していました。

Bruce Willis(フランク)
ブルースに関しては前作より演技も役割も良くはなっていると思います。
特にMary-Louise Parker演じるサラを「近くに置いておきたいけど、守るために“うにゃらら”」と言う感じを良く出しています。
ただ、元気ですね。
感じ的には“ダイ・ハード”シリーズのジョン・マクレーンがもっと強く賢くなって、良い感じに歳を取った。と、言う感じでしょうか?

John Malkovich(マービン)
逆にマルコヴィッチのマービンはちょっと出番が減って、1で見せた“サイコ”さが減っているなぁ。でもフランクとサラを引立てるため、致し方ないのかな?

Mary-Louise Parker(サラ)
美人ではないけど、“かわいい”!これで49歳!考えられない!

Dame Helen Mirren(ヴィクトリア)
実はこの人が“かくれ主人公”ではないでしょうか?一番“面白いシーン”と“シリアスなシーン”を上手に演じています。
刺客を酸で溶かしながら、“何事もない”様に電話したり、ジョン・ウー映画ばりの両手撃ち。
さすがDame!威厳があります。あとこの方の“Queen's English”は大好きです。ものすごい綺麗に話しますよね。
ちなみにキャラとしてはヴィクトリアの愛人ブライアン好きです。

Anthony Hopkins(ベイリー)
さすがレクター博士ですね!演技がうまい。この人が扱うと、「やっぱり至近戦にはナイフだな」なんて思います。
最後の“達観した微笑”は、レクター博士やっていないと出せない演技だと思います。多分他の人がやると“作り笑い”になるんだろうなぁ。

Catherine Zeta-Jones(カーチャ)
残念!3作目作るのであれば、出てほしかったなぁ。

Byung Hun Lee(ハン)
逆に彼は“次作当確”でしょうね。
見る前はもう少し“冷酷な殺し屋”演じるかと思いきや「俺の飛行機は?」に固執するややサイコ。ガドリング砲はウケた。
この演じ方は上手かった。モスクワの雑貨店で手錠つけながらのアクションシーンは“ちょっとやりすぎ”にするのがいいですね。
カッコいいんだけどなぁ…もうちょっと背があればなぁ…
世界的な映画の主役出来ると思うんだけどなぁ…ジェット・リーしかり(ジェット・リーは“かっこいい主役”目指して失敗したもんなぁ)。

続編の性として、前作より背景がスケールアップしてしまうことは“致し方ない”かとは思いますが、急に(殆ど)アメリカ国内から世界(米国・欧州)だもんな…
こんどはアジアを入れて完結編ですかね?

最後にこれ原題の“RED 2”でよかったんじゃないの?なんか“リターンズ”って“焼き直し”“リメイク”と言う感じが否めないのですが。
でも、今日日3Dに逃げずにアクションやスタントシーンするのは良かったですね。私は3Dあんま好きではないので…

ちょっと今回は中身の無いレビューでしたね。
作品自体がちょっとその傾向あるかならなぁ…
by kuttachan | 2013-12-02 07:59 | 日常 | Comments(0)


<< ヨシヨシヨシ!今日かつめし食っ... 祝!改築1周年。東京駅。 >>