明延鉱山の1円電車

はい、このブログは「ラグジュアリィな旅行をビールを片手に」と言うブログです。

最近はビールばっかりですね。でもそんなことはないんですよ、色々行っていたりしているのですが、紹介できていないだけなんです。

んで「明延鉱山の1円電車」ってご存知ですか?
ちなみに正式名称は「明延(あけのべ)鉱山の明神電鉄の1円電車」なんすけど、1985年まで運転していたみたいですねぇ。
ちなみに全然このころは、私の印象になく、「へぇ~そんなもんすか?」としか出てきていなかったんですが、なんかの折にTVで紹介していたので行ってみました。


こんな所なんすね。
某知識の宝庫によりますと、平安の時代には採掘開始して、錫の産出は日本一を極め、一時は生野銀山とともに官営となったが、最後は三菱マテリアルに払い下げられて1987年に閉山したそうです。

ちなみに今は“養父市立あけのべ自然学校”で動体保存されています。
b0081121_17562289.jpg

と、いうことでやってきました。後ろの桜は気にしないでくださいね。まぁ、どっちにしろ、これ2013年なんすけどね

b0081121_17572259.jpg

申し訳程度に駅票がありました。


でもね、ニュースで見た限りはなんかすごい(と言うかそこそこの)距離があるように見えましたが、実際は。。
b0081121_1758538.jpg

出発して

b0081121_1813338.jpg

R20か30のカーブを曲がると

b0081121_1835059.jpg

もう到着です。2分行ったかなぁ?


う~~ん、こんだけで終了。。
まぁ、しょうがないよね。保存しているだけで「ありがたい」と思わないと。。
b0081121_1811573.jpg

ちなみにこの養父市立あけのべ自然学校にはもう一つ(動体かどうだかわからんが)保存されています。


写真に収めていませんが、このへんの明延鉱山は結構レトロな建物が多く、昔の繁栄を感じさせてくれます。
と、言うか、その頃ってテレビもネットもない世界で、楽しみがなにもないなぁ。。
結構苦労がしのばれます。

明延鉱山
山陰本線八鹿駅から全但バスで大屋・明延行に乗車、「明延」下車。
でもそんなルート使ったら1日つっかちまいます。

↓でも一度行ってみてもいいかもです。
にほんブログ村 旅行ブログ プチ旅行へ
にほんブログ村
by kuttachan | 2014-12-07 18:19 | | Comments(2)
Commented by 安善ぬこ之助 at 2014-12-09 12:11 x
かわいい!見たい!乗ってみたい!でも、遠いです。
これってもしかしたら、炭鉱の鉱夫さんたちを乗せて運行していたんでしょうか?
Commented by kuttachan at 2014-12-10 07:51
ぬこ之助さま
コメントありがとうございますm(_ _)m
う~ん、これ乗りに行くだけと言うのは異様なコスパかかりますね。。
これは基本的に炭鉱従事者用の鉄道で、一般の人は従事者との差別化のため一応。。だったらしいです。
遊びに行くのにこれ乗るといいですが、“仕事”と思うとちょっとげんなりします。。


<< ぺヤング 海老やきそば~ショック~ サントリー 金麦 琥珀のくつろ... >>