人気ブログランキング |

emica weizen(エミカ ヴァイツェン)~麦酒酔噺その834~産学の力

そういえば最近は「産学連携」つー言葉が下火になってきましたね。。

まぁ、最近ちょっと色々四国に行くことも多く(それ以上のペースで福岡行っているのだが。。)、
愛媛に行ったついでに買ってきました。

今回初めて関西圏から初めて新幹線としおかぜで行きましたが、ちょっとありますね。
車で行くのとさして時間は変わらないのですが、運転していると集中するので時間の経過と言うのはそんな感じないのですが、
“音楽聞いて、外を見て、ビールを飲んで”は最初は凄く良いのですが、途中からちょっと“飽き”が入るんだよな。。悪意はないけど。

話を改めて、愛媛行ったお土産でのこれ。
b0081121_5591942.jpg

emica weizen(エミカ ヴァイツェン)330 ml/420円


冒頭にもちょこっと書きましたが、ちょっと前は「産学連携」「産学連携」としきりに叫ばれていましたが、
最近はそんなに聞かなくなりました。
元々欧米の発想なのですが、一番欧米と異なるのはベンチャーへの投資が弱い(銀行から・民間から)ことでしょうか。
(銀行もベンチャーではなく会社員がシェアハウスへの投資にほぼスルーで貸すご時世ですし。。)
ただ、“なくなった”のではなく、日本方式の産学連携が進んでいるのかな??

まぁ、横には薀蓄書いています。

b0081121_559446.jpg


愛媛大学が世界に先駆けて開発した無細胞タンパク質合成法(小
麦胚芽から高品質のタンパク質を試験管内で自由自在に生産する
技術)に使用した愛媛産小麦(愛媛大学発のベンチャー企業(株)
セルフリーサイエンスから提供)を加えて造ったビールです。学生が
ラベルをデザインし、仕込みから瓶詰めまで手伝いました。風味
豊かな香りと苦みの少ない柔らかな味わいをお楽しみください。


まぁ、よ~く読んだら、
「“無細胞タンパク質合成法”でついに合成したタンパク質を利用したビール」
と読めなくもないが、
ちゃんと読むと“無細胞タンパク質合成法”にも使った小麦を使っただけなんすよね。。
私の世代からすると「ついに大腸菌の世代を抜け出して、食用にも供するようになったのか」と
一瞬考えてしまいましたが違いました。
まだそこまでは遠いみたいですね。。
要は「愛媛産の小麦入りのビールの瓶詰めに愛媛大の学生が手伝った」と、
う~~ん。産学連携、進んでいるな。。。。。。

お味の方は、どうでしょうか。
硬口蓋への奥の刺激。小麦の感じは強くない。
なんか飲んでいると感覚として金のビールに近い感じがする。
全体的にまとまって、私の嫌いな小麦臭が表に出なく、“飲みやすい”感じであるが、
コスパ(330 ml/420円)は宜しくないかな。と、言うところ。。

↓まぁ、京大とかもビール出していますが。。
にほんブログ村 酒ブログ ビール・発泡酒へ
にほんブログ村
by kuttachan | 2018-03-23 06:02 | 麦酒 | Comments(0)


<< 高知、レトロ自販機リベンジ ペヤング たこやき風やきそば~... >>