アサヒ ドライプレミアム豊醸 ニュージーランド産 モチュエカ使用 ~麦酒酔噺その897~チェコが落ちました

♪ぱ~ぱっ ぱ~ぱ~ ぱ~ぱっぱぱ~ ぱ~ぱっ ぱ~ぱ~ ぱ~ぱぱぱ~ ぱ~ぱっ ぱ~ぱ~ ぱ~ぱっぱぱ~ ぱ~ぱ ぱぱぱぱぱぱ ぱ~♪
(前回は“て”じゃなかったか??)
2018年サッカーW杯終わりましたね。(先週ね)

今回感じられた傾向として、「やっぱり世代が代わっている」ことでしょうか。
ブラジル・アルゼンチン・ドイツの“絶対的強さ”が無くなって、
人口30万人のアイスランドなどが結構善戦したこと。
日本も一応“善戦”の部類に入っているみたい。でも、忘れるなよ、南アフリカ大会の後の調子乗りを。。

最後はクロアチアに勝ってほしかったけど、フランスでした。
で、こちらの紹介しているアサヒの中元限定のW杯、最終回の第4弾なんすけど、結局こやつでしたね。

b0081121_07235651.jpg

アサヒ ドライプレミアム豊醸 ニュージーランド産 モチュエカ使用 フローラルで花のような香り 350 ml/230円

副題は「フローラルで花のような香り」とのこと。
で、昨年のお歳暮の時と比べると、どうも3種類なんすよね。出してんの。。。で、今回は4種類と。。

これと

これと

これすよね。
こう見ていると、1回出ているチェコ産が出てきていません。。
チェコと言うとビール大国なのに。。なぜ??
(サッカーも出てなかったんじゃねーか??)

まぁ、いいやそういうことで、お味は。。

硬口蓋奥への刺激。先に香りが来て、後がない。もう少しアルコール6%であるなら、ボディを感じても良いのだが、
それが全く感じられない。
まぁ、アサヒと言えばボディーのないドライ。ドライと言えばボディーのないアサヒと言うことで。
今回の豊醸シリーズはすべて軽かったですよね。。

↓そうか、その海外産と比較してのジャパンスペシャルだったんか。。

by kuttachan | 2018-07-25 06:01 | 麦酒 | Comments(0)


<< サッポロ ラガービール2018... アサヒ ドライプレミアム豊醸 ... >>