サッポロ 焙煎生ビール~麦酒酔噺その911~(久しぶりの)秋の陣その②

どうすんの?東京オリンピック。

あの、これ発売されたの8月14日ですよね。私の住んでいる兵庫の田舎は、お盆シーズンと言うのもあって、
全く売っていませんでした。
ただ、この発売日にコンビニ廻りして気づいたのは、夕方になって「あら、そこそこ涼しくなっているじゃん」と言うこと。

それが7月の最終週から8月第1週位は、夕方でも暑かった。。外歩くのもしんどかったもん。。
ちょうどこの時期が2年後の東京オリンピックの時期でしょ?
そりゃ、テレビの放映スケジュールとかあると思うけど、選手考えて前か後か2週間ずらせば?
そんだけでも違うよ。

あと、東京駅のタクシー乗り場は“降車専用”だけにするとかね。。
そしたらルールも知らない選手なんかも乗らないでしょう。

と、言うことで、双方8月14日くらいの話なんだけど、秋のビールの陣で、サッポロは久々ビールを出しました。
b0081121_06234563.jpg
サッポロ 焙煎生ビール 350 ml/199円
b0081121_06424244.jpg
一応秋の陣のおそろ写真です。。

ここ数年、サッポロは秋のビールの陣は、ビールでなくてリキュール①類で攻めていたんですよね。。

麦とホップ 秋の薫り麦2017 とか

麦とホップ 秋の薫り麦2016 とか

2015年は秋の本熟 とか

2014年はなぜか出していなく(か私が探せていないだけで)

2013年は富良野の秋 とか

2012年は日本の彩プレミアム 秋の幸 とかで(これが今年まで開く前のビールちゃいますかね)。

ここ数年は、秋の陣なのに、ビール出していたのはキリンだけだったと言う。
(そもそも“秋の陣”ってなんだよ。てめーが名付けているだけじゃん)

まぁ、そういうことで原点回帰のサッポロの秋のビールの味はいかがでしょうか。
硬口蓋の先への刺激。思ったより重い。アルコール6%のしっかりさがある。
ただ、飲んでいる間があまり印象なく、後口はちゃんとある。中間がない。
もうちょっと全体的に重さを感じさせてくれるかとも思ったが、間を軽くすることで
バランスを保っているのかもしれない。

まぁ、普通にビール作れば美味いの作れるサッポロだけに(と、言う考えもあったが、
グルメビアでぶちこわしてくれましたが。。)、しっかりまとまったビールです。

↓でも、もう、秋なんすねぇ。。

by kuttachan | 2018-08-21 06:25 | 麦酒 | Comments(0)


<< サントリー 京の秋~麦酒酔噺そ... キリン 秋味 2018~麦酒酔... >>