サントリー 京の秋~麦酒酔噺その912~(久しぶりの)秋の陣その③

食欲の秋(まだ、暑いが)、ビール会社各社秋のビールを出しています。
今日はその流れの中、サントリーの品。。
b0081121_07082210.jpg
サントリー 京の秋 350 ml/119円
b0081121_06424244.jpg

はい、一応4つの志士たち。。

おおっ、缶をよく見たら、叡電だ!サントリーの京都ブルワリーのある長岡京から叡電見るなら、JR京都でて、
バスで出町柳出るのが定石で、
ちょっとひねって、西山天王山から阪急で河原町でて、京阪か、
裏技で淀に出て(ちょっとあるけど、今バスが通ってたかな?)、そのまま京阪で出町柳か。。

まぁ、どのルートにしても最低1時間はみないといけないねぇ。。と、言うくらい遠い。

話し戻しまして、サントリーはこの“秋の陣”基本はリキュール①類で来ていますよね。。

2017年は“京の贅沢”

2016年は“秋の旬味”

2015年は“円熟の秋”

2014年は“秋の贅沢”

2013年は“旨み香ばし 秋楽”

2012年は“秋楽”

多分「名前考えるチーム」いるんだろうなぁ。。
ただ、こう見ると、“ぶれない”ねぇ。。ずっとリキュール①じゃん。サッポロはビールに戻したのに。。

まぁ、そんなところでお味の方はどうでしょうか。
硬口蓋への刺激。最初深みを感じる。後口は酸味が残る。
まぁ、最初に結構味とか印象に残るのだが、余韻は少ない。
ここはリキュール①類の弱さか。。

↓来年あたりは“秋の贅沢”とか??(ありそー)

by kuttachan | 2018-08-22 07:09 | 麦酒 | Comments(0)


<< アサヒ クリアアサヒ 秋の宴~... サッポロ 焙煎生ビール~麦酒酔... >>