アサヒ クリアアサヒ 秋の宴~麦酒酔噺その913~(久しぶりの)秋の陣その④(終のはずだった)

やっと秋の陣の紹介も終了となります。。
となって準備していたら、どうもアサヒは秋のビールを出しているらしい。。やばい。探せてないぞ。。
折角揃いで続き物書こうかと思っていたのに。。
と、言うことで明日は無理(今日入手できないだろ)と言うことなんですが、とりあえず紹介しておきます。。
b0081121_07425343.jpg
アサヒ クリアアサヒ 秋の宴 350 ml/116円
b0081121_06424244.jpg
しつこく乗せた4商品。これで最後だ!(と、思っていたのに。。)

それでは、アサヒの秋の陣の歴史を見てみましょう(私もしつこいなぁ。。。)

2017年は“クリアアサヒ 秋の膳”

2016年は“クリアアサヒ 秋の琥珀”

2015年も“クリアアサヒ 秋の琥珀”

2014年も“深煎りの秋”

2013年は“秋宵”

2012年も“秋宵”

で、もっと面白いのが、缶の下に書いている自慢?
今回の2018 Ver.が「麦の旨味と 華やかな香り。重ね焙煎麦芽 一部使用」

よく見ると、“芳醇”と“一部使用”が好きだなぁ。。来年は“芳醇一部使用”でいいんじゃねぇ?

ま、そんなところで、お味の方はいかがでしょうか。
硬口蓋の先への刺激。飲んでいる間は甘みを感じる。甘みの中に焙煎している「感じ」はある。
アルコール6%にしては軽く感じるが、全体に重みがない。。

なんか毎年思うのだが、薀蓄書いている割には、いっつも軽いよなぁ。。

↓まぁそこまでアサヒに求めるのもねぇ。。

by kuttachan | 2018-08-23 06:05 | 麦酒 | Comments(0)


<< アサヒ 食楽 ~麦酒酔噺その9... サントリー 京の秋~麦酒酔噺そ... >>