人気ブログランキング |

サッポロ ビアサプライズ 至福の深み~麦酒酔噺その934~“さよなら”だけど“さよなら”じゃない。

さよならだけど、さよならじゃない。
2018年シーズンありがとう。

一応開幕から一度も首位を渡さずに優勝できた。
鬼門の鷹戦も13勝12敗で勝ち越せた。でもCSで負けた。

なんか2001年の近鉄に似ているような気がした。
その頃はCSなくて、ヤクルトに負けたけど、多分CSあったら福岡ダイエー(懐かしいなぁ)に負けた様な気がする。

他にも書いてあるけど、菊池・榎田はほぼ今シーズン鷹戦には投げていない。
逆にミランダも千賀もちゃんと西武戦には投げていた。(バンデン・東浜は“そんな”気がするけど)
その差かな。

もうサーベラスの呪いはないのだから、ソフバンみたいに、シーズンでもCSでも強いチームにしてほしいと
思います。多分雄星と浅村はいなくなるけど。。

ちなみにこっちは“さよなら”ではなく、ちょっと後追いの紹介です。
b0081121_06234734.jpg
サッポロ ビアサプライズ 至福の深み 350 ml/223円

サッポロのビアサプライズシリーズは、ファミマ限定での発売だったともいます。
発売は10月2日でした。
過去には

至福のキレ

至福のコク

至福の苦み

と、出していますね。まぁ、ビールの味に代表される単語が流れていますね。

では、お味の方は如何でしょうか。
硬口蓋の先への刺激。一口目に甘みを感じる。
ちょっと、IPAぽくもあるけど、そんなにIPAのパッションフルーツ系の香りは感じない。
飲んだ後は良い苦みが残る。味としては「深み」と言うことだが、個人的には深く感じなく、
若干ボディー感はあったと思うけど、名前として「苦みの余韻」とかにした方良いかとも思う。。

アルコールは5.5%、材料は麦芽とホップのみ。

↓さぁ、来年!(しかしビールは続きます。だから“さよなら”じゃない。)


by kuttachan | 2018-10-22 06:49 | 麦酒 | Comments(0)


<< サントリー ザ・プレミアムモル... サッポロ 蔵出し生ビール201... >>