人気ブログランキング |

2012年 12月 21日 ( 1 )

実録!冬の風物詩!石山寺に幻の雪虫は実在した!!

我々はある情報を入手した、「北海道では普通の晩秋の風物詩、雪虫が滋賀にも存在する!!」と!
なぜ関西に存在しないはずの雪虫が!!早速我々は石山寺に急行した!

♪ちゃらら~ちゃらら~ちゃらら~ちゃらら~ちゃらちゃっ♪←探検隊の音楽


我々は電車を乗り継ぎ、はや数時間、滋賀県の石山寺へと向かった。
石山寺駅を降りると、我々の行く先を暗示する様、古い看板が迎えてくれた!
b0081121_6324621.jpg

「“尾呂内南公”か、おいしくて眼鏡が落ちているじゃないか…気をつけねば」隊長が表情を曇らせた。

石山寺周辺は雨が降り、いかにも我々の捜索を妨害せしめんものであった。
b0081121_633327.jpg

我々が歩を進めてゆくと隊員が叫んだ!「ちょっとー!」隊員の靴が濡れている。「雨の日に何で外出するの!(怒)」
ここはひとまず隊長が「冬用ブーツを買う」と言う事で隊員が自ら失踪するという難を逃れた。ふーっ、危なかった…

しかし、その時!何者かが我々の行く手を遮った!
「なんだこの生き物は??」
b0081121_6335540.jpg

じゃーん


隊長:「紫の衣装に“ずんぐりむっくり”こんな生き物が存在したのか?」
現地コーディネーターはこう語る。「カレハ“おおつ光ルくん”デス。 “和歌”ト“ローラースケート”ヲスル12サイデス。」
ローラースケートは無く、我々に危害は加えなさそうだ。現地コーディネータの胸には“観光協会”と書いてある。スミマセン。

そして石山寺奥地に入り、我々にも疲労の色が見え始めたその時!隊員がつぶやいた。「あれじゃね?」

たしかに雪虫である。しかし、小さく人体ほどの熱にも弱いため(本当)、人間が近づくと離れていってしまう。周りが紅葉を被写体に収めているのに、隊長は“雪虫”を追って、カメラを持って走る!周りは迷惑だ!

見よ!これが隊長の苦労の数々だ!

b0081121_6343568.jpg

b0081121_6344972.jpg


そしてついに我々は雪虫の撮影に成功した!

b0081121_635859.jpg


我々は充足感と共に石山寺を後にした。付け加えておこう、調べたら、雪虫は“ヤチダモ”と言う木が必要で、生息域は「岐阜県以北」とあるので、もしかしたら石山寺は雪虫生息の南限の可能性がある事を…
決してフォルダから“順に”紹介すると雪虫の紹介が春先になるのを恐れた為ではない事を…
隊長:長く激しい戦いであった…
隊員:石山寺駅から歩くより、大津駅からバスのほうが歩かなくてよくね?

↓あっ「カメラマンと照明さん」の後から入るの忘れた。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
by kuttachan | 2012-12-21 06:43 | | Comments(0)