2018年 02月 06日 ( 1 )

“やくも”で“はくも?”とゲ〇袋 サンライズ シングルデラックスへの序章②

b0081121_6285643.jpg

サムネイル用の写真(末期色も。。)


こんにちは。クッタです。
b0081121_629923.jpg

岡山駅に来ています。

何故岡山駅に来ているかと言うと、
グランクラスに乗ってグランクラスを考える(W7/E7系編)
グランクラスに乗ってグランクラスを考える(E5系編)
DXグリーンに乗ってDXグリーンを考える
つーシリーズをやっていまして、その集大成としまして「サンライズのシングルデラックスに乗る」
と、言うことなんですが、関西に住んでいると、大阪は0時を過ぎて、東京に着くのは7時。
ほぼ堪能できないので、「それでは十分堪能できる出雲市駅まで行って、そこから折り返して目的地の東京に行こうか」
と、言う目的で、出雲市へ行く“やくも”に乗るために岡山駅へやってきました。

じつはもうひとつ“やくも”に乗る理由があるのです。。
それは、「381系がそろそろ引退か?」と言うこと。。
「381系とは何ぞや?」と言う方、詳細はWikiってください。
昭和40年代後半から50年代にかけて、その当時の技術を集大成させ、線形(路線・基盤)をあまりいじらず、
車体の技術で“くねくね路線”を高速で抜けようと開発された車両。
ただ、その技術が“自然振り子”と言う技術で、その特性から乗り物酔いする人間続出と言うことから、揶揄されて“やくも”ではなく“はくも”と
言われているんです。。

横浜で生まれ育った人間としては、長野方面(それも名古屋口から)や関西(それも和歌山方面)の親類がいるわけでもなく、
「いつか乗りたい。乗りたい」と、思いながらやっと“その日”を迎えることが出来たのです。
b0081121_6292625.jpg

やってきました381系“はくも”ではなく“やくも”

b0081121_629378.jpg

横から見ると、この運転席の“突出感”すげーな。。だったらなくせばいいのに、多分視界を確保するためでしょうね

b0081121_6294665.jpg

車内はこんな感じ。思ったより低くないです。。。

b0081121_6295784.jpg

そして洗面台。ありますね。“あれ”が。。

b0081121_630888.jpg

持って帰ってきました!ゲロ袋!

b0081121_630195.jpg

書いていますね。「ご気分の悪いときにご利用ください IN CASE OF MOTION SICKNESS」

b0081121_6303124.jpg

裏にはゲロの包み方も書いています。説明図はリバースしましたねぇ?最大の問題は臭いだと思うけど。。

ただ、ブログで“ゲロ袋”書く奴っているんだろうか??

で、“やくも”は時間通り岡山駅を発車。
そんで、倉敷までは高速区間なんだけど、ああ、何となく“揺れ”が微妙に違うのが分かる。
感覚的には“ハンモック”で寝ているような感じ。でも新幹線(N700乗り)は気にならない。
補足ですが、私乗り物(特に船・バス)に弱く。大正製薬の酔い止めをビールで流し込んでおきました。。

倉敷を過ぎると、伯備線に入りますが、備中高梁までは複線で“そこそこ”飛ばすのだが、
そこを過ぎると、もうゆっくり。。感覚的には肥前鹿島から諫早の区間マイナス海の景色と言う感じ。。
b0081121_630503.jpg

となりの木野山駅でもう離合停車だよ。。


木野山駅の位置


ちなみに、このやくも号。土曜日の昼なのだが、3割くらいの乗車率。
私は後ろデッキの席につきましたが、私は酔い止めにビールで、超小便太郎。15分おきにトイレ行ったんちゃうかね。
で、その反対側ですが、若いカップル。
乗るなり、カーテンを“しゃっ”と閉めて、2人で大晦日やっていた“ガキの使い”を見てやがる。。
で、静かな車内に「ははははは」「はははは」と女性の声が響く。

正味、「うるさい」し、カーテン閉めているので、向こうの景色が見えない(タモさん怒るぞ)。
ただ、向こうも「こいつ小便ばっか行くなぁ、寒いし」なんて思っているかもしれない。。
そんな中、私は心の中で叫んでいた「玉造温泉で子造りでもしてろ!」。

しかし、女性は超美人だった。。
b0081121_6342413.jpg

備中川面でも止まったりして。向こうに寺山城跡の看板が見える。。


備中高梁~木野山~備中川面って各駅でねーか。特急の意味って。。

b0081121_636228.jpg

やっと新見につきました。結構時間かかりました。。


ちょうど中間点位か。。


峠を越える時、車掌さんのアナウンスがありました。分水嶺もここあたりになります。
この伯備線。川沿いに行くので分水嶺を越えて川の流れが変わるので景色に飽きないです。
だから、反対側のカップル。カーテン開けてくれ!
b0081121_6385076.jpg

でも峠を越えたら“雪”!

b0081121_6385891.jpg

生山駅は雪一面。。


もうだいぶ日本海側来たね。。

b0081121_64108.jpg

んで、米子に出ました。

伯備線の最終区間でも車掌さんが米子の観光案内をしていただいていたのが
印象に残っていました。
案内のアナウンスはデスティネーションキャンペーンのせいでしょうか?
ただ、多分峠のところと、米子、(中海:あったかな?)、松江、宍道湖の説明がありましたが、
終わった後の「ありがとうございました」と言うのがちょっと“恥ずかしそう”なのが印象に残りました。
b0081121_6411424.jpg

中海が見えます。いかにも“冬の海”と言う感じがいいです(あくまで中海は汽水湖)


で、先ほどの「玉造で子造」と念を飛ばしてたカップルは本当に玉造温泉駅で降りてゆきました。
なんか、ちくしょう!!
b0081121_641281.jpg

そんで、岡山から3時間。。出雲市につきました。。ちょっと長かった。

b0081121_6414913.jpg

反対側に止まっていたキハ120系。この色のをみると「山陰に来たなぁ」と感じます。


で、3時間の長い旅が終わりました。。
そんで、「酔うのか?」と言う話ですが、個人的には「酔わない(そんなん人それぞれだろ)」と、思う。
感覚的には岡山~備前高梁と米子~出雲市の高速区間が“酔う人は酔う”と思う。
本当にカーブの区間だと上にも書いたけど、“遅れて”“ぐぐぐっ”と横に投げ出される。
でも窓側だと、前方の車両か見えて、なんとなく“心の準備”が出来ているんでしょうね。。
例えばN700系はそれを前もって自動的に行うのだけど(傾斜角が違うけど)、「なれると全然」なので、
ネットで書いているほどではないと思う。
(逆にいつか書くけど、8600系しおかぜの方が気持ち悪くなった。。それも変な加減速で)

後は、やっぱり381系は(約)40年選手と言うのが乗っていてもわかりました。
ところどころ古い。トイレもきたない。。
「今後数年のうちに新型車両か681系に置き換えられる」と言うのはあながち嘘ではないと思う。。
なんで、「乗って良かったなぁ」なんて思いました。。

↓そして次はやっとサンライズ シングルデラックスです。
にほんブログ村 旅行ブログ プチ旅行へ
にほんブログ村
by kuttachan | 2018-02-06 06:45 | | Comments(0)