2018年 05月 20日 ( 1 )

キリン 一番搾り 岡山づくり 2017/2018冬~麦酒酔噺その863~雄町米の特徴

で、もう何とか終わらしたいのに、ついに次の2018夏シリーズが出だした一番搾り各工場作り。
一応あとこれを含めて4つなので頑張るぞ!おぅ!
b0081121_07111614.jpg
キリン 一番搾り 岡山づくり 2017/2018冬 350 ml/221円

逆に関西の西の田舎なだけあって、岡山のは結構手に入れているんですね。
進出しているドラックストアが“そちら系列”つーのもあって。。
2017夏


2016/2017冬


2016夏


2015/2016冬


2015夏
結構追いかけていますね。。

裏には薀蓄書いています。
b0081121_07112067.jpg

ではパワポに起こしてみましょう。
b0081121_07100645.jpg

よく考えたら、ここも人事異動しているんですね。。
2017夏までは家村友也さんだったのに今回は黒川雄司さんになっています。
この方も初出の方です。味として前回は「ドライ感がある」となっていたが、どうなんでしょうか。。

硬口蓋への刺激。かなりドライな感じはする。
後口もそんなに残らず全体的に“さっぱりして”いると考えられる。
と、言うと、岡山づくりの特徴は雄町米を使っているが、それがドライにさせるのか?

↓じゃ、「山田錦は?」つー話になるよね。。


by kuttachan | 2018-05-20 06:30 | 麦酒 | Comments(0)