2018年 06月 22日 ( 1 )

キリン 一番搾り 福岡づくり 2018夏~麦酒酔噺その882~一郎、次郎そして三郎??

え~色々ずっと紹介している、各工場の一番搾りでございます。

そして今日の紹介はこれでございます。。
b0081121_06225757.jpg

キリン 一番搾り 福岡づくり 2018夏 350 ml/221円

最近福岡に行くことが多く、“そこそこ”紹介の方はしているんですよね。。

2017/2018冬

2017夏

2016/2017冬

と、やっています。
そして、福岡づくりはいつものスチール。。
b0081121_06230153.jpg

裏には薀蓄も書いてあり、
b0081121_06224476.jpg
そして2018夏シリーズから少なくなっているけどパワポ起こし。
b0081121_06230995.jpg
おっ、変化が。。

なんと、醸造長が「泉 賢“一郎”」から「永井 “次郎”」に変わっているじゃないか。。
キリンの醸造長の人事異動は、2017から2018に結構あり、たしか名古屋のかたが滋賀に移ったりしていますが、
こちらでも行われたみたいですね。
ただ、“一郎”から“次郎”ときて、「次は三郎さんにします」と言い切っているような感じですね。
「キリンの三郎さん」チャンスですよ。

まぁ、そういうことでお味は。。
硬口蓋の先への刺激。飲んでいる間に酸味を感じる。
なんかスーパードライ感を感じる。逆にアルコール5%で、この刺激は「あるほう」だと思う。
前も少し書いたけど、福岡はスーパードライ文化で、福岡の美味しい食べ物に合わないんだけど、
“そんな中”キリンもそちらによせてどうする?
折角だったら、“キリンっぽい”のをつくればいいのに。。。

↓次の三郎さん。お願いいたします。

by kuttachan | 2018-06-22 06:30 | 麦酒 | Comments(0)