2018年 07月 26日 ( 1 )

サッポロ ラガービール2018夏~麦酒酔噺その898~よ、よ、よんせんごひゃくえん??

やっぱり、なんやかんやで7月豪雨の影響って出ているんだよね。。

一応この兵庫の田舎でも、新商品の発売は火曜日なんだけど、
結構新商品が入荷できていないケースが増えつつあるんだよね。。
なんで、そんなことわかるかと言うと、ビールもしかり、火曜日の仕事後にルーチン化している
コンビニ廻りしていると、“空の棚”がよくあって、POSだけはおいてるけど、何もないというのがよくあります。

あとは、踏切待ちが少なくなったことですかね。。
結構昼間移動すると、豪雨前は長時間踏切が閉まって、渡れないというのがあったけど
(そんななか20両近くの貨物見るのも鉄としての私は好きだったけど)
やっぱり山陽本線の一部区間が不通のため、貨物も通らず、踏切待ちが少なくなっている。。。

つーか、やっぱりロジスティックス関係の方って、あまり良い給料とは聞いていないけど、
日本の物流を支えているんですよね。東京でも、兵庫のクソ田舎でも同じ日に(かつ同じ値段で)「新商品のビールが飲める」と
言うのは、物流関係の方が昼夜問わず頑張っているからであって、その恩恵を感じずに生きている人が多いと思う。
(その逆で文句を言うやつはクソほどいるけど)
目に見えない通貨をいじって、自分の努力ではないのに億万長者になっているやつや、
ちゃんと占用許可とっているか分からない所で、たこやき売って脱税してため込んでいるやつなんかいるけど、
毎日昼夜問わず運転とかしているかたがもっと良い給料にならないかな~

と、言うことで、そんな流通の遅れで火曜日入手予定が、水曜日になってしまったやつ。。
b0081121_06365802.jpg
サッポロ ラガービール 350 ml/203円

こやつは、「毎年の“ある時期の”限定販売」と思い込んでいて、過去ログ探したら
そうでもなくて(か、私が見つけられなかっただけ、いや、これは結構情報入手して買いに行くはずだが、、)、
結構イレギュラー販売しています。

2016年と

2014年と

2013年と

2006年にレポっています。。
2014年から缶に入って売り出しているみたいだが、2015年、2017年はどうだったのか?
1年おき???

裏には薀蓄書いています。
b0081121_06370299.jpg

文明開化が進む中、まだまだビールは庶民には高根の花でした。
大瓶一本の値段は、現在の価格に換算すると4,500円と言う高級品。
当時のラベルには、「夏は冷たい水に冷やして、
冬は適度に温めて、春秋はそのままのんでよい」との
ビールの飲み方への解説が記されており、
ビールが普及する前であったことがうかがえます。

ラベルの赤い星は「北極星」、
日本で最も歴史あるビールブランド、
サッポロラガービール。

か、か、かっこいい!
つーか、ビール大瓶一本4,500円????
は~~~~???
いまそんな値段だったら、おれ破産するぞ、いや、するね。
たまに休日とか6本くらい“ぽ~ん”と飲んでしまうが、それで27,000円???破産するな(二度目)。
やっぱ、ありがたいよ。ビール会社とロジスティックス関係の方々。

で、お味は。。
硬口蓋先への刺激。良い苦さが抜ける。
飲んでいてもボディ感をしっかり実感できる。でもアルコール5%。
最近発泡酒(リキュール①類)は変に“高アルコール化”しているけど、やっぱ飲みごたえは
アルコールじゃないよ。ボディだよ。顔は止めときな。。
ボディーがあって、余韻も良い苦みが残り、しっかりしたビールでした。。

↓こんなんが200円台で飲めることすべてに感謝!

by kuttachan | 2018-07-26 06:42 | 麦酒 | Comments(0)