タグ:お遍路 ( 96 ) タグの人気記事

【お遍路別格】別格 第弐番:童学寺

前回の大山寺からの続きになります。

大山寺から細い坂を下りて、 大きな県道34号とおり、吉野川を越えたところにあり、約小一時間。
ここは見つけやすく簡単に移動できます。

ここで、この童学寺では、お遍路別格において“唯一の”ことを見つけました。
この寺だけ駐車料金を取ること。。。
あのね、大体お遍路は徒歩で回るものだから、車で来るのはおかしいけど。。。
お遍路では結構駐車料金を取るところがあった。。でも全く今までの流れでお遍路別格は駐車料金とられなかった中、
いきなり取られたのは“引いた”。
それも、御朱印頂きながら、やたら「どこから来たのか?」ときいて、答えていたら“しれ~”っと、最後に「じゃ、駐車料金300円です」と取られた。。
何か嫌。それだったら、最初から「車で来ましたか?じゃ300円です」の方がいいような。。
まぁ、いいや。
b0081121_05540437.jpg
“お遍路さん”のマスコットみたいな門が迎えてくれます。
b0081121_05540795.jpg
入って奥へ行くと、左側に御朱印もらうところ(300円取られたところ:しつこい)から階段上がります。
b0081121_05541574.jpg
本堂。安定の坊主。
b0081121_05541792.jpg
すみません。名前忘れた。
b0081121_05542099.jpg
太子堂
b0081121_05542225.jpg
なんかお地蔵さん。
b0081121_05542659.jpg
御朱印も頂きました。

駐車料金取られる寺で御朱印ゲット(しつこい)

この日は別格 第拾伍番:箸蔵寺別格 大廿番:大瀧寺別格 第壱番:大山寺>そしてこの別格第弐番:童学寺と4寺廻りました

こんな感じでした。。

別格:第弐番 童学寺
徳島県名西郡石井町石井字城ノ内605
行き方:徳島線 石井駅からタクシーだって。。あるけないかぁ。。あるけそうだがしんどいか。。

↓これで日を改めます。次は第別格 第参番:慈眼寺(ちなみに別格もあと2寺!)

by kuttachan | 2018-06-19 06:32 | お遍路 | Comments(0)

【お遍路別格】別格 第壱番:大山寺

前回の大瀧寺からの続きとなります。
大瀧寺から山を降りて、ここは高速使うか下道使うか悩んだのですが、ナビで差を見たら13分だから下道行きました。。1時間30分くらい。。
つーか、ここも、山道を登ってゆくのだが、コンクリの細い舗装をひたすら上って行く、
"そういうとき”に限って離合するんだよなぁ。。平日なのに。。

普通のお遍路の第壱番は凄い人がいて、「ここからお遍路頑張るぞ」感が凄かったのですが、
ここはさみしい感じがぬぐえませんでした。。

ここと比較すると。。
b0081121_02000352.jpg
登り切った所には立派な山門が迎えてくれます。で、ここから車で山門の向こうに行こうと思うと、また細い道。。
b0081121_02000792.jpg
その上は広場みたいになっていて、本堂と太子堂が見られます。。
b0081121_02001060.jpg
本堂
b0081121_02001360.jpg
太子堂
b0081121_02001555.jpg
御朱印も頂きました。
あの、細い道上がると、答えとして、帰りもその細い道を戻らないといけないんですね。。

別格 第壱番:大山寺
徳島県板野郡上板町神宅字大山14-2
高徳本線板野駅からタクシー20分だって。。「タクシー20分のったことないなぁ」とよーく考えたら、あった。

↓次は順番通り、別格第弐番:童学寺



by kuttachan | 2018-06-03 02:20 | お遍路 | Comments(0)

【お遍路別格】別格 第廿番:大瀧寺

前回の箸蔵寺からの続きとなります。

箸蔵寺から本来なら徳島道使えば早いのだけど、貧乏なんで下道行きました。山登りも含め2時間くらいかなぁ。。
で、この大瀧寺、要は山の上(ほぼ頂上?)にあるのですが、頂上から放射状に山裾に道路が延びています。
そうすると、ナビの野郎は最短距離を結ぶわけですよ。その道がまぁ、きっついきっつい。。

HPにあるようなルートを行く(帰りはその道使った)のがいいとは思うけど、こちらの方も途中に採石場があって、山道高速走行のダンプとすれ違います。
でもそれらダンプは離合の際、こちらがちゃんと止まると、"しゃっ”と手を挙げて“ふぁん”と鳴らせて行ってくれる。
このような方々の方が、結局マナーはなっているんだよなぁ。。
b0081121_06154122.jpg

入り口はこんな感じです。
一応"お遍路別格”の最終寺。お遍路~お遍路別格こなすと108寺目ですよ。。

ちなみに、お遍路最終大窪寺はこんな感じなのに。。派手さが違うなぁ。。
b0081121_06154410.jpg
本堂。よく見ると両方に「ダブル坊主」が!
b0081121_06154625.jpg

本堂アップ。本来なら108寺目なんだけど、厳密には104寺目(あと4つあるし。。)
b0081121_06155066.jpg

太子堂。ちょっと作りがおうちみたいですね。。
b0081121_06155463.jpg

御朱印も頂きました。
b0081121_06155268.jpg
しかし、その御朱印を頂いた帰り道。眺めは最高!達観するんだろうなぁ。。全部歩けば。。

別格 第廿番:大瀧寺
徳島県美馬市脇町字西大谷674
行き方:JR徳島本線穴吹駅からバスで脇町、そこからタクシーとのこと。。
つーか、タクシーだし、地図とか見ると徳島側からではなく、高松側からのアプローチが正解みたい。。

↓次も順番通り行かず 別格第壱番:大山寺


by kuttachan | 2018-05-21 06:38 | お遍路 | Comments(0)

【お遍路別格】別格 第拾伍番:箸蔵寺

前回の生木地蔵から鉄道歴史パーク in SAIJOを経て、日を改めてのスタートとなります。予定ではここから徳島市街方面へ向かう予定。。

位置的には土讃線と徳島線の分岐が見れるいいとこなんですよね。。

そしてここは、上るまでに“あるもの”を利用しないといけないんですね。。
b0081121_06262629.jpg
そうです。ロープウェーです。。
大人一人1,540円。お連れ様と2人で3,080円。。カード使えず。。結構痛い。。
b0081121_06263172.jpg
まぁ、でも乗らない訳にはいかないから、のりますかぁ。。
b0081121_06263645.jpg
で、ズイズイズイズイ登ってゆきます。こんなん歩いては行けないからなぁ。。
b0081121_06263913.jpg
着きました。箸蔵寺。
b0081121_06264366.jpg
で、本堂はロープウェー乗り場から登ってゆきます。
b0081121_06264542.jpg
で、本堂。
b0081121_06270166.jpg
天狗さん。“天狗打法!”(意味なし)
b0081121_06270555.jpg
カラス天狗さん。“カラス天狗打法!”(意味なし)
b0081121_06270711.jpg
御影堂
b0081121_06270901.jpg
五大力尊だそうです。。
b0081121_06271285.jpg
ロープウェーの乗り口にはちゃんと看板があります。
(ちゃんと先に見ておきたかったが、ロープウェー下りたら順路は右なのにこれは左側にある。。)
b0081121_06271552.jpg
下りの景色。ちょうど土讃線と徳島線の分岐があり、これとは別の機会に南風乗ったときに感動してました。。
b0081121_06271895.jpg
はい、ちゃんと御朱印頂戴しました。

別格 第拾伍番:箸蔵寺
徳島県三好市池田町州津蔵谷1006
行き方:JR土讃線箸蔵駅からちょっと歩いてロープウェー
ちなみにJR箸蔵駅 特急は止まりません。。

↓次はまた順番通り行かず、別格第廿番:大瀧寺!



by kuttachan | 2018-05-12 06:30 | お遍路 | Comments(0)

【お遍路別格】番外編:鉄道歴史パーク in SAIJO


b0081121_06144144.jpg

サムネイル用の写真です。。

で、紹介し続けているお遍路別格シリーズですが、別格第拾壱番:生木地蔵まで紹介しています。


そこからそんなに近くない所に、実はすごい行きたかった場所があり、お遍路のついでに行ってきました。


位置的には生木地蔵から車で東へ30分くらいのところにあります。。

鉄道博物館と言うのは、大きなもので大宮と京都にありますが、ここは新幹線の生みの親、十河信二さんを記念して作られたそうです。




ちなみに京都の鉄道博物館へは行っているんですけどね。。2年前か。。
b0081121_06304704.jpg

で、つきました、入り口。。

b0081121_06144144.jpg

新幹線0系が迎えてくれます。

b0081121_06311077.jpg

ここの良いところは、運転台に入り座ることが出来ることです。

b0081121_06310287.jpg

ちゃんと座ることもできるんです。
b0081121_06310581.jpg
結構0系の視界も狭いんですね。。
b0081121_06310736.jpg
4両と書いてるので、JR西日本での末期でしょうか。。でもノッチを動かせるのはうれしい。。
b0081121_06404528.jpg

座席の方。これ、200系の初期型の車内じゃないのだろうか?確信ないけど。。
b0081121_06305145.jpg

隣にありますDF50。
b0081121_06403724.jpg

こちらも中に入れます。
b0081121_06305763.jpg

ものすごい作りがイージーですよね。。逆に“こんなので”動いていたんだ。。と感動してしまいます。
b0081121_06312022.jpg

鉄道歴史パークは南館と北館に分かれていますが、鉄道(予讃線)を跨ぐように作られています。
そしてその予讃線を跨いで見れるのが
b0081121_06411080.jpg

そう、フリーゲージトレイン(二次車)です。
多分もう使われることの可能性が低くなっているフリーゲージトレイン。。
b0081121_06312284.jpg

ちゃんと近くで見ることが出来るのです。
b0081121_06411426.jpg

なんかこのアングル、今にも「おれは路線に入れるぜ、入れるぜ!」と言う気持ちが感じられるような、ないような。。
で、そんなフリーゲージトレインですが、私の持論があります。それは下の“More”のところで。。
b0081121_06313508.jpg

南館には色々あります。DE10とか
b0081121_06313367.jpg

C57とか
b0081121_06312777.jpg

キハ65とかね。。
b0081121_06313024.jpg

昔ついていましたよね、栓抜きとか、最近東京駅のお土産に瓶ビールがあって、ちょっと「欲しい」と思う。。

と、言うことで“つらつら”と紹介しましたが、内容的には鉄道博物館にかなわないけど、直に鉄道に触れることが出来るので、
四国、お遍路行く際は、是非寄っていただきたいと思います。

鉄道歴史パークinSAIJO
〒793-0030愛媛県西条市大町798番地1
行き方:ぜひ鉄道で行ってください。鉄道歴史パークなんだから。。

↓ちょっとMoreのところに私の考え書いていますけど、かなりサイコなんで、お時間のある方のみど~ぞ!




More
by kuttachan | 2018-04-14 06:30 | | Comments(0)

【お遍路別格】別格 第拾壱番:生木地蔵


第拾壱番:生木地蔵

西山興隆寺からすぐです。
と、言うか、文殊院から西山興隆寺ゆく途中見えているし。。

ここは、道からすぐ見えますし、大きくないので、この後の写真での紹介で終了ですが、
ひとつ気を付けて頂きたいことがあります。
ここあたり、白バイが凄い張っています。私は捕まりませんでしたが、要注意です。。
b0081121_6294130.jpg

本堂

b0081121_6295212.jpg

多分これがお地蔵様

b0081121_630171.jpg

御朱印も頂戴しました。。


別格 第拾壱番:生木地蔵
愛媛県西条市丹原町今井
行き方:JR壬生川駅からバスらしいが、そのバスの本数少ないらしい。。

で、出石寺からこの寺まで、1日で移動いたしました。。
別格第七番:出石寺>別格第八番:十夜ヶ橋>別格第九番:文殊院>別格第拾番:西山興隆寺>第拾壱番:生木地蔵
と、来ました。

1日でこんなに廻りました。


次は番外編を挟んで順番通りに行かず、別格第拾伍番:箸蔵寺!
にほんブログ村 旅行ブログ プチ旅行へ
にほんブログ村
by kuttachan | 2018-03-30 06:40 | お遍路 | Comments(0)

【お遍路別格】別格 第十番:西山興隆寺

結構良い数消化してきた“お遍路別格”シリーズ。よく考えたら、もう後半戦に入っているんですね。。


第十番:西山興隆寺


文殊院から、本来であれば松山道ぶっ飛ばせばすぐだけど、お金をセーブするため、下道で行きました。。
松山市内から西条市内まで約小1時間。。高縄半島の付け根を走ります。
Google mapで調べたら、松山道使っても1分しか違わないと言う。。
何か所か、“う~え”の方に松山道を見る道を走ります。結構松山道は高いところ通るのね。。

ちなみに西条市内出ると、右目に次の生木地蔵見ながら、山の中に入って行きます。
b0081121_8475626.jpg

駐車場はちょっと“あるのか・ないのか”分からない場所から山道を登り、入り口に入ります。(これは入ってから逆方向を見たアングル)

b0081121_849176.jpg

下から見ると山の中に棟が見えます。

b0081121_850370.jpg

結構階段上ります。

b0081121_8502898.jpg

まだまだ階段上ります。

b0081121_8505618.jpg

さらに階段上ります。

ちなみに、御朱印頂けるのは、階段の途中の社務所。
平日行ったら、ピンポン押しても誰も出てきてくれませんでした。。
b0081121_8532627.jpg

本堂。わんこちゃんがパトロールしています。私は“犬好かれ”するので、ご挨拶してくれますが、ちょうど同時に来た友達連れの2人組は“なんだお前?なんだお前?”と嫌われていました。。

b0081121_85533.jpg

太子堂。わんこちゃんは一緒に来てくれます。。

b0081121_856047.jpg

最後、御朱印も頂きました。


別格 第十番 西山興隆寺
愛媛県西条市丹原町古田1657
行き方:JR壬生川駅からタクシーだって。。バスないのね。。

↓次はすぐだ、別格 第十壱番 生木地蔵
にほんブログ村 旅行ブログ プチ旅行へ
にほんブログ村
by kuttachan | 2018-03-08 06:30 | お遍路 | Comments(0)

【お遍路別格】別格 第九番:文殊院

結構最近は良いペースで紹介出来ている“お遍路別格”シリーズ。。
実は以前やった“お遍路”シリーズもちょっとずつですが、リニューアルしているという。。

第九番:文殊院

十夜ヶ橋から、松山道通って、松山インターにて降ります。
そこからは、市街地と言うか、昔(と言っても江戸時代位?)の住宅街に入ってゆくのですが、
その道、“ほっそい・ほっそい”。。
でもバスは“ズイズイ”入って行く。運転手さん、お疲れ様です。地域の生活の足の維持大変です。
b0081121_6347100.jpg

つきました。文殊院です。結構周辺には住宅があります。

b0081121_635433.jpg

弘法大師も迎えてくれます。。

b0081121_643332.jpg

本堂

b0081121_644067.jpg

太子堂

b0081121_644984.jpg

御朱印も頂戴しました。。


ちょうどここには、2匹ほど“にゃんこちゃん”がいて、愛想はありません。
ただ、この前日芋焼酎を痛飲したお連れ様の指先の臭いを嗅いだ瞬間、走って逃げて行きました。。。
「くさっ!」って言っているように。。
そりゃ、芋焼酎、臭いって、、猫正直。

別格 第九番:文殊院
愛媛県松山市恵原町308
行き方:松山市駅からバス出ているそうだ。。。とべ動物園もそんなに近くだね。
     なんで行ってないんだよ。。ピースちゃん見たかった。。

↓次は貧乏臭く下道移動。別格 第十番 西山興隆寺
にほんブログ村 旅行ブログ プチ旅行へ
にほんブログ村
by kuttachan | 2018-02-21 06:06 | お遍路 | Comments(0)

【お遍路別格】別格 第八番:十夜ヶ橋

お遍路別格の方乱れ打ちでやっていますが、ここが一番アクセス的にはいいのではないだろうか。。

第八番:十夜ヶ橋(とよがはし)


前回の出石寺から山を降りて大きな道に降りて、高速の大洲インターを目指せばすぐでございます。

本当にこういうのを“道路に面している”と言うのでしょうね。
大洲インター下りて交差点を左に曲がると、すぐ左。
ただ、これ帰りと言うか次の寺(文殊院)行くのに、良いのは高速乗って松山インターに向かうのだが、
右折→道路→交差点(大洲インター)だけど、交差点の信号で最初の右折が難しい。。
ある意味難関。
b0081121_614176.jpg

本堂(多分、すみません)。おおっ、別格会本部かい?

b0081121_6142680.jpg

太子堂(多分、すみません)

b0081121_6143598.jpg

御朱印も頂きました。

b0081121_6145932.jpg

もう、56号線と松山道が目の真ん前。。


排ガスが気になるお寺です。(すみません)
でも、別格八番札所なのに十夜ヶ橋ってなんか引っかかる(名前、~寺でもないし)
って調べたら弘法大師が「一晩が十晩に感じる」ことが由来らしいけど、詳しくはggrks。

ここから高速で松山だ!御朱印ゲット。


別格 第八番:十夜ヶ橋
愛媛県大洲市東大洲1808
行き方:高速大洲インターからは石投げても当たるくらいだけど、JR大洲駅からは7 kmだって。歩くと結構あるね。。

↓次は別格 第九番 文殊院
にほんブログ村 旅行ブログ プチ旅行へ
にほんブログ村
by kuttachan | 2018-02-11 06:30 | お遍路 | Comments(0)

【お遍路別格】別格 第七番:出石寺

続いている“お遍路別格”シリーズ先日の龍光院から日を改めて、八幡浜に宿をとり、そこからスタートです。

結構飛び飛び紹介してやっていますが、気にはしていないけど、お遍路シリーズはPVが落ちるんですよねぇ。。
ただ、最近patoさんがお遍路の記事上げていますが、それを見ながら自分の過去の見るという、“自己満足”の世界に浸っています。
でもpatoさんの記事は良いです。秀逸です。(SPOT patoと入れれば一発です)

ちなみにですが、八幡浜はここのお店が絶対お勧めです。もつ鍋と〆の八幡浜ちゃんぽんが言うことありません。

第七番:出石寺


と、言うかですね。
先に書いたように、宇和島近くの龍光院から八幡浜に宿泊したのですが、地図だと八幡浜と大洲の方からアプローチが出来ます。
ただ、どのHPを見ても大洲からのアプローチが書いていますが、それが正解。
八幡浜からの道は“くっそ細い”。なんか杉林の中の“もうちょっとで獣道”と言う道を通ります。
アクアクラスでもボディに傷がつくこと請け合いです。
逆に寺に参った後、大洲方面に抜ける道は楽なこと楽なこと。

まぁ、そんなこんなな道でしたが、場所は浄心山の近くにある眺めは良い場所でした。
b0081121_7342510.jpg

八幡浜から山道を登って小1時間、弘法大師が迎えてくれます。

b0081121_7364673.jpg

長い階段を登ってゆくと

b0081121_7425865.jpg

山門が迎えてくれます。

b0081121_7435789.jpg

多分社務所?

b0081121_7455959.jpg

大洲の方を眺める。

b0081121_7464417.jpg

本堂(多分、すみません)

b0081121_7473333.jpg

太子堂(多分、すみません)

b0081121_7484080.jpg

瀬戸内を眺める。この景色最高!

b0081121_821996.jpg

御朱印も頂きました。


3月のちょっと寒い朝眺めはよかったけど、これが5月ころとか来たら最高なんだろうなぁ。。
瀬戸内を遠く眺める寺で御朱印ゲット。

別格 第七番:出石寺
愛媛県大洲市豊茂乙1
行き方:JR予讃線八幡浜でも大洲からでもタクシーで40分ほどだって、、うーん。

↓次は山を下りて別格 第八番 十夜ヶ橋
にほんブログ村 旅行ブログ プチ旅行へ
にほんブログ村
by kuttachan | 2018-02-04 06:30 | お遍路 | Comments(0)