タグ:アサヒ ( 284 ) タグの人気記事

三ツ矢 エクストラリフレッシュ ピンクグレープフルーツ~三ツ矢祭89~こだま号

三島かい?新富士あたりかい?

あの、こだま号乗ると、そこあたりでしょうかね?“のぞみ”“ひかり”に3本くらい抜かれるの。。
たまにあるのは、「“抜かされていない”のに長時間停車している」ことありますよね。
「だったら早く出ればいいのに」と思いますが、あれは臨時“のぞみ”のスジを空けるためで、繁忙期とかはその“のぞみ”が抜いてゆくのですよ。。

と、なんで、“こんなこと”書いたのかと言うと、
基本こやつ5月15日発売だったんですよ。で、普通であれば16日に紹介するのですが。
私の中に優先順位がありまして、


(のぞみ号扱い)アサヒ 生ビール


(のぞみ号扱い)サントリー ザ・プレミアムモルツ スパークリングゴールド


(これも5月9日発売だから先出し、いわゆる“ひかり号”扱いか)【マック】マックリブ

つーこっての“抜かれ”“抜かれ”"抜かれ”の紹介です。
b0081121_05491003.jpg
三ツ矢 エクストラリフレッシュ ピンクグレープフルーツ 500 ml/151円

で、また、リンクリンクとなりますが、エクストラリフレッシュは今年度から出しており、


みかん


アップル


レモン

と、来てピンクグレープフルーツですか。
“ひねりがない”っちゃ"ない”よな。。

まぁ、そんな感じでのお味はどうでしょうか。。
うん、苦みのないグレープフルーツなんだけど、“ピンク”はどこいった??
個人的にはあのグレープフルーツの“苦さ”が好きだったので、逆に「飲んでいるものの楽しみ」がない。
まぁ率直に言えば「気の抜けたグレープフルーツ」かな。

↓こだま号は結構味があるのにねぇ~



by kuttachan | 2018-05-19 06:30 | ビバレッジ | Comments(0)

アサヒ 生ビール~麦酒酔噺その861~パパの味ぃ~

♪アサヒィはパパの味ィ♪

いやね、これの正直な感想は「懐かしいぃ~」なんですね。
子供の頃、父からもらったお金を握りしめ、サッポロジャイアンツとかサントリー生ビールとか、
それらと一緒に買った記憶あるよ。。たしか。
b0081121_06312465.jpg

アサヒ 生ビール 350 ml/223円

もちろん探しましたが、私のクソブログには過去ログはありませんでした。

裏には薀蓄書いていますね。
b0081121_06312283.jpg
ー100年のこだわりー
明治33年から受け継がれるアサヒ生ビール

明治33年(1900年)、アサヒビールの源流となる
大阪麦酒が「アサヒ生ビール」を発売し、
以来100年以上にわたって生ビールのおいしさを
追い求めてきました。

飲食店で皆様から支持されている、
深いコクと爽やかなキレが楽しめます。

ああ、そうですか。歴史はありますね。。そういえば、またキリンの「明治・大正・昭和」やらんかな?

それより、下の「飲めるお店はこちらから」が気になる。。
大体安い居酒屋は私が好きすぎて飲みたくないスーパードライしかないし、
最近はビールを2種類以上置く居酒屋つーのもなくなって、2種類以上あれば
「スーパードライ以外ので」と店員からしたら「知るか、んなの」という嫌味を言う
私としては、店で「アサヒ生ビール」だしている店見たことない。
(または“そこまで”気にしていない。。。か?)

まぁ、いいや、お味は。。
硬口蓋の先への刺激。そして飲んでいる間に“ぬめっと”感が来る。
これは“麦とホップ”飲んでいる時にいつも感じる感覚。後口は少々苦みが残る。
ボディはあまり感じられない。
若いころ、親父から「飲むか?」と言われ、「苦っ!なんで“こんなの”が美味しいのか?」と言っていたものだが、
そんなんだったら、今の私が当時の私にIPAなんか進めようものなら、「死ぬぞ」と言うくらい“苦み”のハードルが
あったので、その点は残念。なんか全体的にまとまっている。
ただ、同じアサヒで「スーパードライとどちらかしか飲めない」と言われたら
迷わずこちらを選ぶのですが。。。

↓親父、また飲み行くか。。


by kuttachan | 2018-05-16 06:35 | 麦酒 | Comments(0)

アサヒ 2018株主様限定プレミアムビール~麦酒酔噺その859~正直遅いです

おっせ~~よ!マジで!

あんねぇ。。大体さぁ、毎年4月の中旬に送ってくるくせに、ことしはこの時期ですか?
本当にもう「やられた」と思って、証券会社の窓口に電話しようかと思ったよ。
(っていうか、もらいものなのに、なんで“上から目線”なんすかね。。)
思い出しましたよ。高校の頃、ヤマパン祭のシーズンになると、購買のパンのシールはすべてはがされていて、
購買のおばちゃんが皿を何十枚も重そうに持って帰るのを。。
配送会社疑ってしまいました。すみません。。

まぁ、株価の方は三倍満は言い過ぎだけど、倍満は余裕で越えているので、文句は言えませんが。。。

と、言うことで今年もやってまいりました、正直「アサヒビールで一番うまいビール」
b0081121_06231225.jpg
アサヒ 2018株主様限定プレミアムビール 350 ml/250円位なのかな??
b0081121_06232885.jpg
と、言うことで「こんな箱」に入って頂きましたよ。毎年アンケート入っているので、味の感想と「遅い」って書きますわ。。

ちなみに、私の方ビールの評価は3年連続になります。

2016年と

2017年。

こう見ると、毎年コンセプトは変えてきているように思えます。

裏には薀蓄書いていますね。
b0081121_06231791.jpg
で、今年はパワポに書いたよ。。
b0081121_06323443.jpg
“極・深入り焙煎”ですか?なんか要は「焦がすほど焙煎」ちゃいますかね。。または「あっ、焦がしちゃった。。まぁ、いいや、“極めた”と言えば。。」
位ないような気がしますが。。

まぁ、いいや、お味は。。
硬口蓋への奥への刺激。少々香りとしては金属臭を感じる。ただ、飲んでいると麦芽の深い飲みごたえがあり、“その”金属臭が嫌味にならない。
後口は良い香りが抜けて余韻が残る。逆にアルコール分6%の重みはそんなに感じない。
正直美味しいのだが、今年は非常に面白い。
なんか私の大嫌いな金属臭だと、特にアサヒは、“あの”スーパードライ味を連想させるのだが、それが全くない。
感覚的には同じアサヒのドライブラックの相当上位互換版と言った感じ。。

↓たのむ、アサヒ。これも商品化してくれ!


by kuttachan | 2018-05-10 06:49 | 麦酒 | Comments(0)

オリオン/アサヒ 琉球セッション 2018~麦酒酔噺その857~高いだけじゃ!

アルコール高いだけがビールではない!

そんな感じ。私にとっては最近のビール(厳密に言えばリキュール①類)への傾向を考えさせてくれる品でした。。
b0081121_06165449.jpg
オリオン/アサヒ 琉球セッション 2018 350 ml/203円

オリオンビールは“しれー”っと、美味しいビールを造ってくれているのですが、
「同じ名前が出た」と言うことは「1周してしまった」と、言うことでしょうか。

ちなみに、こちらが第一弾。ちょうど1年前だったんですねぇ。。もうちょっと前だと思いましたが。。

同じように裏には薀蓄書いています。
b0081121_06165168.jpg
それではいつも通りのパワポ起こし。
b0081121_06170062.jpg
うーーん。2017と変わりがないと。。南国らしい絵はあるんですけどねぇ。。Ryukyu Session 2018と、それだけか。。

まぁ、そういうことでお味は。。
硬口蓋への刺激。パッションフルーツの香りが抜ける。若干ボディが弱い感じもあるが、変な主張もなく飲める。
ただ、これに関してはアルコール分4.5%と言うこと。
最近はビール(リキュール①類)の高アルコール化があるけど、それらは粕取り焼酎を加えているんでしょ。
こちらは基本麦芽とホップで4.5%だけど十分の飲みごたえを感じさせてくれる。
粕取り焼酎云々が悪いわけではないが、添加なくとも十分ビールは美味しいと思わせてくれる味でした。

↓やっぱり私は古い人間で、「普通のビール」が好きだったりします。

by kuttachan | 2018-05-08 06:20 | 麦酒 | Comments(0)

三ツ矢 濃いもも~三ツ矢祭89~不二家の功罪

いやね、そりゃネクターだよ。。
そういえば最近不二家のネクターみないなぁ。。あるんだろうけど、大きなスーパーの奥の方にあったりするから、
コンビニ通いの私では探せないかもしれない。でも、その味。。
b0081121_06261218.jpg
三ツ矢 濃いもも 500 ml/159円

どうも、これ“セブンイレブン限定”みたいですね。。
セブンってさぁ、“ヨレブン限定”つーのは率先していれるくせに、他のコンビニ共通の新商品って入れ渋りすることが
あるんだね。。

ちなみにですが、三ツ矢サイダーは“もも”普通にやっていますね。

↑例えば最近では“新絞り”のももを出しているし。。

↑フルーツサイダーピーチとしても出しているし。。

↑今回に近いのなんか、100%ピーチサイダーなんて出しているが、これの評価は悪かった。。

ぢゃ、今回の15%はどうなんですかね。。
うん、これはネクターに微炭酸を入れたもの。
かなり砂糖ぶっこんでいるが、これが「もも」と言う感じ。
多分不二家のせいで(勝手に人のせいにしている)、不二家のネクターも果汁100%ではないんだけど、
「これが濃いもも」と思い込んでいるために100%ピーチサイダーが(言っていることは正しいのに)「違う」と言わさせてしまう。。
不二家の功罪だわさ。。

↓って勝手に人のせいにして。。


by kuttachan | 2018-05-02 06:27 | ビバレッジ | Comments(0)

アサヒ グランマイルド~麦酒酔噺その846~まった、“ブレ”たよ。。

「ああ、もう、あの感じ。。。」
ゴルフでボールの手前の地面を打ってしまった“あの感じ”。
バンカーで砂に打ち込みすぎた“あの感じ”。

そんな気持ちを思い出させてくれる品。アサヒから出ました。
b0081121_62285.jpg

アサヒ グランマイルド 350 ml/223円


4月に酒税法が変わり、ビールに“ちょいいれ”が発泡酒からビールの扱いになり、
各社色々新商品を出しています。
(個人的に私はビールに“ちょいいれ”より“ビール自体の味”が好きな人間なんで、この流れにはついて行けてないんですが)
で、先週のサントリー(海の向こうのビアレシピ 芳醇カシスのまろやかビールオレンジピールのさわやかビール)に続いてアサヒが来ましたが、
“ちょいいれ”を全面的に出すのではなく、高アルコール(7%)とそれを打ち消すレモングラスで来ました。

缶には「続くやわらかなコク」と書いています。
これでアルコールが高い)のであれば、「食後にゆっくり傾けながら飲む」感じを意識しているのでしょうか。色も“深い青”ですね。“キンキン感”はないような感じがします。

では、味はどうなんでしょうか。。
硬口蓋先への刺激。飲んでいる間は酸味が抜けて、飲んだ後にアルコール臭が抜ける。
レモングラスってどこにあるの。
感覚的には「サントリー 頂の上位互換版」(若干アルコール臭さの下品が無くなったくらい)で
メモにも「クサイ」と書いてしまっていました。。
缶に“SLOW BEER SLOW LIFE”書いているけど、こんなの“GONE ASAP”だよ。。

サントリーは“奇をてらって”明後日の方向打つけど、
アサヒは「なんか行けそうで、“しくる”」と言うゴルフ初期のあの“イライラ”を非常に感じさせてくれる品でした。。。

↓それより株主優待ビール2018まだ?そろそろと、思うのだけど。。
にほんブログ村 酒ブログ ビール・発泡酒へ
にほんブログ村
by kuttachan | 2018-04-18 06:23 | 麦酒 | Comments(0)

アサヒ カシスビアカクテル~麦酒酔噺その843~ありがとう!

ありがとう!
サントリー 海の向こうのビアレシピ 芳醇カシスのまろやかビール
(つーかね、はっきり言って名前長いっすよ。。いつか
「サントリー 海の向こうのビアレシピ“天使の都 雄大なる都城 帝釈天の不壊の宝玉 帝釈天の戦争なき平和な偉大にして最高の土地 九種の宝玉の如き 心楽しき都 数々の大王宮に富み 神が権化して住みたもう 帝釈天が建築神ヴィシュカルマをして造り終えられし都”で「おいしい」と言ってしまったら僕たちの関係はどう変わってしまうのか、僕なりに何日か考えた上でのやや気恥ずかしい結論のようなもの」
みたいなビールが出来てしまうのではないだろうか?
でも、この作ったの読んだら、ヤホーブルワリーとか作りそうだな。。)
書いていて思い出したのですが、ビール×カシスで「印象強い」と言うのはこれだったんですね。
b0081121_631841.jpg

アサヒ カシスビアカクテル 350 ml/価格わすれちゃった。。


ちなみにこれ、新発売ではありません。
更新が「2016年12月」って出ているので、1年半前の品。。
ちなみに私のビール批評で2016年12月は麦酒酔噺が620位なので、200本近く追い抜かされてやんの。。
はっきり言って忘れていたから、ありがとう!
サントリー 海の向こうのビアレシピ 芳醇カシスのまろやかビール

つーこって、そんな思い出させてくれた味はどんなんでしょう。
(ちなみに残しているメモから起こしています)

硬口蓋への刺激。はっきりいって甘い。
カシスとビールは相反しないがかなりカシスが強い。
「ビールはどこ行った」と言うカシスジュース。
でも、これ発泡酒表示だから、多分カシスジュースぶっこんだんだね。
あと1年半待ったらビールと言えたかもしれないという。。

↓その当時からしたら、「知るか、んなこと」と思いますがね。。
にほんブログ村 酒ブログ ビール・発泡酒へ
にほんブログ村
by kuttachan | 2018-04-13 06:04 | 麦酒 | Comments(0)

アサヒ クリアアサヒ リニューアル 2018~麦酒酔噺その840~思い付き

いやね、多分ね、私がレポるより“かなり”リニューアルはしていると思うのですよ。。
多分誇張ではなく、1年に1回位。
では、なんで私がレポらないかと言うと、それは単純!「気づいていないから!」
b0081121_07270197.jpg
アサヒ クリアアサヒ リニューアル 2018 350 ml/108円

と、言うことで気づいたからUPなんですが、“この前”気づいたのは2014年!
それを考えると、多分結構な割合でリニューアルしているとは思うのですが、気づいていないだけなんだろうね。。

まぁ、いいや、お味は。。
硬口蓋への刺激。結構“キンキン”系。
そりゃアサヒだもん。スーパードライを追っかけているとは思いますが。。
そんだからボディは全く感じられない。
リキュール①類のスタンダードであるが、これだったらサッポロの麦とホップ を買うし、飲むね。。

↓でも販売力はサッポロより全然上。。


by kuttachan | 2018-04-10 06:11 | 麦酒 | Comments(0)

三ツ矢 Green Sparkling Water~三ツ矢祭88~心の目で見ろ?

         うう
         うう
  うううううううううううううううう
  うう            うう
               うう
              うう
             うう
            うう
           うう
          うう 
         うう


  すすすすすすすすすすすすすす
             すす
           すす
          すす
         すす
        すすすす
       すす  すす
     すす      すす
   すす         すす


              いい
            いい
          いい
         いい
       いいい
     いい いい
    いい  いい
   いい   いい
         いい
         いい
         いい

↓↓↓

b0081121_6214860.jpg

三ツ矢 Green Sparkling Water 500 ml/132円


既視感のある表現で申し訳ございません。。
だって、感覚としては、「甘み無しの、微炭酸かな?」と思ったら、
もろ、三ツ矢サイダーを薄めたやつ
なんだもん。。
よく見たら“Cool Lime”って、ライムなんて見えないよ。。

何をどう表現すればいいのか。。
全然中途半端でニッチも攻めていない。
1/3位薄めたような感じだから、利益3倍か?なにもせずに。。

↓もう、こん位しか感想も書けない品でした(“ある意味”速攻で消えるような。。)
にほんブログ村 旅行ブログ プチ旅行へ
にほんブログ村
by kuttachan | 2018-04-03 06:27 | ビバレッジ | Comments(0)

アサヒ 匠仕込~麦酒酔噺その838~うがった見方

いやね、
最初の感想としては、「来週から酒税法が変わり、各社“発泡酒逃れの色々ぶっこみ”を画策している中、ここでよく“こんなん”出してきたなぁ」と言うものだったんですが、
飲んでみると、「あれ、これは…」と思わせる品だったんです。。
b0081121_6362765.jpg

アサヒ 匠仕込 350 ml/108円


で、これなんですが、本当にうちの周辺のコンビニにはどこにも置いていなかった。
6件くらい廻ったのではないでしょうか。。
ちょっと仕事の帰りに足伸ばして、結構ビールの種類を置いている大きなスーパーにしか置いていませんでした。
それも新商品なのに1列(そこの店でも新商品の場合は2~3列並べるのですが)。

“匠仕込”と言うことで、国産希少ホップに職人の技を利かせた様な名前。
どんな感じなんでしょうか。。

硬口蓋への刺激。心地よい(しかし少ない)苦みが感じられ、最後にちょっとだけ甘みが残る。
リキュール①類にある嫌なアルコール臭も感じられない。
まぁ、“華やかな”味で、「結構名前の通り頑張っているな」とも思ったのですが、
その刹那、別の考えが浮かんできました。。
「これ、飲んだことあるぞ」
記憶をまさぐると、多分サントリーの春物。
春の旬味(2016年)とか、春咲く薫り(2015年)とか。
(ちょっと蛇足になるが、サントリーのこの“春の”、“冬の”の季節ものシリーズ、2017年出していなかったのね。方針転換したのかな?)
で、思ったのだが、「本当は季節ものシリーズ(例えばクリアアサヒ 春のなんちゃら:2018年は“桜の宴”とか出しているが)の予定だったが、
酒税法が変わり、あまり“この手のもの”出す予定が無くなったので、“出してしまえ”と、出したものではないか」と。
なんか、そんな感じ。。

↓真実はいつもひとつ!
にほんブログ村 酒ブログ ビール・発泡酒へ
にほんブログ村
by kuttachan | 2018-03-29 06:38 | 麦酒 | Comments(0)