人気ブログランキング |

タグ:サントリー ( 190 ) タグの人気記事

サントリー 東京クラフト I.P.A. 2019~麦酒酔噺その1,031~♪東京へ出るだ♪

♪テレ東ねぇ FM1局♪
♪車のマナーはなったもんじゃねぇ♪
♪遊び場ねぇ バーもねぇ♪
♪阪神毎日グール・グル♪
♪朝起きて 車乗って 1時間ちょっとの通勤道♪
♪ビールもねぇ マックもねぇ♪
♪それでも体重増え続け♪
♪おらこんな街嫌だ おらこんな街嫌だ 東京へ行くだ♪
♪東京に出たなら 銭こぁ貯めて 東京クラフトしこたま飲むだぁ♪

♪はぁ~ギガがねぇ!ギガがねぇ!♪

まったく兵庫の田舎にはありません!

と、言うことで今年も出ていたけど、全く手に入らなかったこの品。
b0081121_06103808.jpg
サントリー 東京クラフト I.P.A. 350 ml/198円

ちなみにこれ福岡の田舎で手に入れました。流通で言えば福岡の田舎>兵庫の田舎なのかい?

サントリー 東京クラフト I.P.A.は私にとっては高評価を続けています。

クラフトセレクトでの2015年

もう一丁クラフトセレクトでの2016年

東京クラフトと名前を変えての2017年

そして2018年

裏には薀蓄書いています。
b0081121_06104132.jpg

そしてパワポ起こし。。
b0081121_06101421.jpg

おおっ、昨年と比べて東京クラフトの説明に「東京生まれ」と一文加わっている!
あとは変化なし。。

まぁ、そんなところでお味の方は如何でしょうか。
硬口蓋の先への刺激。力強い香りとボディが突き抜ける。
そして心地よい余韻。。この独特の香りは「パッションフルーツ」と良く言われるが、
原材料が「麦芽とホップ」のみなのに、なんでこんな香りと味が出てくるか分からない。
でも美味い。
またアルコールも6.5%とやや高め。アルコール添加の発泡酒とはまた違う。
美味しいから福岡の田舎からもっと持ってくるべきであった。。

↓いや、東京行けば普通に飲めるのでは?(そして冒頭の歌にループ)

by kuttachan | 2019-05-09 06:16 | 麦酒 | Comments(0)

サントリー マグナムドライ2019~麦酒酔噺その1,016~素直に良いと思います。令和が。

いいんじゃない?”令和”!
まさか、まさか”和”の字で昭和と令和で過ごせるとは思えませんでした。。

まぁ、あと1ヶ月で私は死んでしまうかもしれませんがね。。
でも、精一杯令和を迎えられるため頑張ります。。
素直にはイチ国民として”いいね”と言える元号でよかったです。

そんなこんなで、サントリーは昔出していたマグナムドライを復活させてしまいました。。。
(でも、昭和時代じゃないのね。。)
b0081121_21135903.jpg

サントリー マグナムドライ2019 350 ml/103円

一応私のブログではマグナムドライは紹介していないんです。
どうもサントリーで”ドライ”と言うと私の頭の中にはマイク・タイソンが出てくるのですが、それは”サントリー・ドライ”でしたね。

マグナムドライは調べると2002年から2007年ころ存在しましたね。
この頃は一応私のブログやっているのですが、紹介していませんでした。。
過去ログ調べてみると。。

ジャーマン・パールドライつ~のに、「マグナムドライと入れ替えたのか?」とか書いています。

また、こやつについては日曜ぐらいからCMやっていましたね。
私がよくやる”帰ってきたウルトラマン”の替え歌で。。
こっち(替え歌)でネタろうかと思いましたが、やっぱり今日は令和でしょ??

まぁ、そんなところで、お味の方は如何でしょうか。
硬口蓋の先への刺激。正直最初の刺激に力を入れている。
良い点としては、そんなにスーパードライみたいに金属臭はしないこと。
良くない点としては、やっぱり後口にアルコール臭が残ること。
原料は発泡酒(麦芽、ホップ、糖類)、スピリッツ(小麦)、炭酸ガス含有。
アルコールが6%。

ただ、ちょっと読めないのが、「これが何を求めているか」と言うこと。
同じ発泡酒(リキュール①類)だと最近

これ、だしていますね。。
でも、これは”ゴールド・ラガー”で、今回は”マグナム・ドライ”にて、ラガーとドライか、
じゃエールはどこじゃい??

まぁ、今日はでも令和でしょ。
よい元号になれば良いと思います。平成も嫌いではなかったですが。。。

↓ただ、平成でブログ終わらせてもいいんだけどね。。

by kuttachan | 2019-04-02 05:47 | 麦酒 | Comments(0)

サントリー ザ・プレミアムモルツ Master"s Dream 醸造家の夢 ダイヤモンド麦芽の恵み 2018冬~麦酒酔噺その1,013~誤差処理で!

いやね、「これが新商品(だったのか)」と言うのが「確認しよう・確認しよう」と思いつつ、
あっと言う間に2018年から2019年になり、それももう3月後半。。
このまま埋もれるのもなんか”もやもや”するし。花粉の飛散もMAXで頭が”もやもや”してるし、
「”もやもや”×”もやもや”で”もやもや”とやってしまえ!」との考えでの紹介でございます。。

b0081121_21145416.jpg
サントリー ザ・プレミアムモルツ 醸造家の夢 ダイヤモンド麦芽の恵み 305 ml/ギフト限定で値段ワカラン

たしかに、醸造家の夢のダイヤモンド麦芽の恵みはやっています。

これね。ちなみに”じょうぞうか”と入れると、私の馬鹿IMEは”醸造化”と出します。バカだね。。
どうなんだろうねぇ。。たしか2018年の夏なんすけど。。デザインもそんな変わっていないような気もする。。。
う~ん。う~ん。
まぁ、1,000も紹介したら、この位の誤差は許されるれしょ。
厳密に言えば、この”麦酒酔噺”も初期には番外編とかで番振りせずにやっているんで、”その1,000”がきれいな1,000個目ではないんすよ。。

まぁ、そんなところでお味の方は如何でしょうか。
硬口蓋の先への刺激。全体的に”まろやか”さを感じる。
苦味がある。ただしアルコール臭は感じられない。それもそうアルコール4.5%。
重たいけど、丸い。それは今年の夏にやったやつも「アルコール低い割にはボディーある」みたいに書いているから、
そのような系統と思われる。

↓まぁ、変わっていなかったら、誤差範囲でゆるしてちょ。





by kuttachan | 2019-03-19 05:48 | 麦酒 | Comments(0)

サントリー ザ・プレミアムモルツ 香るエール 初仕込2019~麦酒酔噺その1,006~断言しよう!

断言しよう!兵庫の田舎では売っていない!

と、言うことで、はっきり言って初物喰うバカと言うことで、年明けにサントリーはプレミアムモルツの初仕込を販売していました。

これね。
で、今年からはこれの<香る>エール版が出ているとのことでしたが、
これが本当に兵庫の田舎ではなかった。。
大体「無かった」と言えども、大きなスーパー行けばあったのですが、本当にない。。
大きなスーパー、デパート、言ったこともないコンビニ。結構廻りましたが、本当に売っていなかった。。
結局買ったのが福岡と言う。。。福岡では普通にあるのに、兵庫の田舎は全くない。どういうこっちゃ??
b0081121_06235991.jpg
サントリー ザ・プレミアムモルツ<香る>エール 初仕込2019 350 ml/262円

で、たしかこれは2019年になって初出と思います。

ちなみに初摘みホップは結構ずっと出していますけどね。。
b0081121_06240475.jpg
裏には薀蓄書いています。
b0081121_06241167.jpg
で、パワポちゃんと起こしましたよ。プレスリリースをコピペするアホではないので(このネタしつこいけど、本当”いらっ”と来るんだよねぇ。。)

ウケるのがオリジナルの初仕込み2019と最初の3行が一緒と言う。。もうひねりではなく、義務だけで書いているな。。

では、お味の方はいかがでしょうか?
硬口蓋先への刺激。第一印象として香りが抜ける。そして飲んでいる間は重みを感じないけど
飲んだ後にもうひと波香りが来る。
材料はもちろん麦芽とホップのみ。アルコールは6%。
普通の香るエールよりも「香ってる(って日本語あるのか)」のが分かるが、基本材料一緒なので味もそんな
変わらないと思うのだが、これは自分の単なる精神状態でのフィルターなのか??

↓でもこれだけは断言しよう!兵庫の田舎には売っていない!

by kuttachan | 2019-03-05 06:26 | 麦酒 | Comments(0)

サントリー 金麦 ゴールド・ラガー~麦酒酔噺その995~生き残るのは!

生き残るのは、この世のビールだけだ、真実から出た真のビールは、、、、、、決して滅びはしない、、、
と、言うことで、よ~く分からないのですが、あの2018年4月の「ビールにものを突っ込む流行」はどこに行ったんでしょうか?
どこかの会社くらい
覚悟とは、、、犠牲の心ではないッ!覚悟とは!!暗闇の荒野(ここで言う、何か突っ込んだビール)に!!進むべき道を切り開くことだッ!
の感覚で、やってくれると思いきや、全滅ですね。。

新商品と言う中で「ビールというのは、成功や勝利よりも『失敗』から学ぶ事が多い」とは思うのですが、
結局何も突っ込まないビール(リキュール①類しかり)に戻ってきてしまうと言う。。
1年経たずに過ぎ去ってしまったと言う。。

言っときますよ!
1度でいい事を、2度言わなけりゃあいけないってのはそいつが頭が悪いって事だからです」。
また、ビールになにか突っ込むなよ!

と、言うことで、先日もリニューアルを紹介したサントリー金麦シリーズ、ゴールド・エクスペリエンスではなく、ゴールド・ラガーつーもん出してきました。
b0081121_06311346.jpg

サントリー 金麦 ゴールド・ラガー 350 ml/105円

”ラガー”つーのはやっぱりキリンの代名詞で、(最近は一番搾りか。。)、あえてこの時期にサントリーが突っ込んでくるのは、
何故故か理解できませんが、この類にしては珍しく1週間くらい前からCMしていますね。
気合の入り方違います。

わたくしはしがないビールブロガー(とは思ってないんだけど)として
去ってしまった者(ビール)たちから受け継いだものは、さらに『先』に進めなくてはならない!」と言う
信念の基、記録を続けていますが、さて残るのか重要な要素となるお味の方は如何でしょうか?

硬口蓋先への刺激。飲んでいる間に酸味を感じる。そして飲んだ後に麦の香りと苦み。
なんか「飲んだことある」味。ごめん、今週中には紹介するけど、サッポロの麦とホップオリジナルがまたリニューアルしたのだが、
結構その”麦とホップ オリジナル”に似ている。
原材料は発泡酒(麦芽、ホップ、糖類)、スピリッツ(小麦)、炭酸ガスと金麦オリジナルに比べてスピリッツが大麦から小麦由来になっている。
な割には柔らかさと言うのはあまり感じられない。アルコールは6%と若干高めだが、”それが生かされている”ことはない。

あんたははたして滅びずにいられるのかな?金麦 ゴールド・ラガー

↓感覚的には「Arrivederci」すね!(本当は頭に「アリアリアリアリアリ」位つけたいっすけど)

by kuttachan | 2019-02-05 06:32 | 麦酒 | Comments(0)

サントリー 金麦 リニューアル2019~麦酒酔噺その994~たしかに!

ありがとう!ビール女子のサイト。

正直リキュール①類の類つーのは、かなりマイナーチェンジを繰り返していると思うのですが、
私も各ビール会社のサイトをマメにチェックするほど暇ではなく。
(と、いうか、プレスリリースをまるまるコピペ(だけ、あとそれに”のみた~い”とか書いてるw)しているサイト(ブログ)にビールを語って欲しくないなぁ。。←愚痴)

そんななかで金麦がリニューアルしたことが、他のビール・リキュール①類とともにビール女子のサイトに書いていました。
全く気付いていなかったよ。。。
b0081121_07032013.jpg
サントリー 金麦 リニューアル2019 350 ml/143円

と、言っても、分からないですよね。
並べてみますか。
b0081121_07031083.jpg
並べると確かに違う。。(左)リニューアル前 (右)リニューアル後

左は缶の下部に”RICH MALT"だけだが、その”RICH MALT”が金麦の輪の中に入ってしまっている。
また、「いい麦と天然水」と言っていることは変わってないのだけど、なんか色々加わっていますね。

裏には薀蓄ではないけど、何か書いています。
b0081121_07031356.jpg
特段原材料のこだわりとか書いていないから書き出さないけど。。

ああ、でね、結構私リキュール①の新商品も追っているのですが、
過去ログ見てみたら、「金麦 オリジナル」ってやっていないんですよ。。
多分何回かリニューアルしているのに、それすらも追っていない。。。
すげー、1,000近くビール飲んでレポっているのに、金麦オリジナルやっていないなんて。。
結構エアポケットですな。。

まぁ、そんなところでお味の方は如何でしょうか。
新:硬口蓋の先への刺激。「すっきり、のみやすい」と言う印象。飲んでいると若干ふくらみがあり、アルコール臭が残らない。
  結構リキュール①類では、嫌味のパートがなく、飲みやすいと言うのが印象。
旧:全体的に”フラット”後口にちょっと麦臭さが残る(ビールのそれではなく)。
たしかに違う!
材料は両方、発泡酒(麦芽、ホップ、糖類)、スピリッツ(大麦)、炭酸ガス含有

材料は変わっていないけど、味はちゃんと変わっていることを感じられました。

↓いや~それより金麦オリジナルやっていなかったのがショックだなぁ。。

by kuttachan | 2019-02-04 06:08 | 麦酒 | Comments(0)

サントリー ザ・プレミアムモルツ <香る>エール~麦酒酔噺その990~ちょっと違う??

そういえば、土曜日(2019年1月19日)結構暖かったすね。。(関西地方)
まさに”小春日和の初春版(なんじゃそりゃ?)”と言う感じでした。

私は休日は数時間ほどウォーキングしているのですが、なんかいつものルートなのに
物凄く新鮮に感じました。
「なんでだろう?なんでだろう?」と考えていたら、ひとつの結論にたどり着きました。
多分、2月から3月にかけての冬から春にかけての日々は、そりゃ何十年も生きていたら何十回もすごしていますが、
一番違うことは、頭の重さと鼻水ジュルジュルと言う花粉症の症状がないこと。
そう、「心身ともに健康な状態で、春に向かう温かさを感じたこと」が、ちょっと違うけど、ものすごく新鮮だったのです。

実はこちらも「ちょっと違うけど、それが新鮮」であった品でした。
b0081121_06264260.jpg
サントリー ザ・プレミアムモルツ<香る>エール 2018/2019冬 350 ml/270円位

いやね、これね、サントリーのお歳暮に入っていた品なんすけど、
最初「秋<香る>エールやんけ」と思ってスルーしていたのです。

これね。
b0081121_06405869.jpg
よ~く見ると、”秋”が抜けているのです(ちょっとデザインも)。
う~ん違うんだ。。じゃ、麦酒酔噺も番振りだな。。。

じゃ、そういうことでお味の方は如何でしょうか。
硬口蓋の先への刺激。カラメルと言うか、気の樽に入れた様な香りがする。
結構香りが強い印象があります。
飲んでいる間は若干パイン系の香りを中心とするフルーティさが特徴。
原材料は麦芽・ホップのみ。アルコールは6%であるが、麦芽とホップだけでこのフルーティさが出せるとは驚き。
秋<香る>エールの感想見ていると、かなり酷評しているが、同じなんだろうか?
それとも違うのか。または同じだが導入に書いたように私のその時の状態が違ったのか??

↓どちらにしても”ちょっと違う”


by kuttachan | 2019-01-22 06:00 | 麦酒 | Comments(0)

サントリー ザ・プレミアムモルツ 初仕込 2019~麦酒酔噺その987~戦う相手

戦う相手が違うだろう?

あの平成の小横綱さん。昨日も負けましたね。。
なんか、「負けろ!引退しろ!」とマスコミと世論がなんか小学生のいじめのような風潮を感じられなくもないのですが、
正直千代の富士世代の私としては、夕方表情変えず”あっ”と言う間に勝って、弓取りやって「トコトン」と太鼓が鳴っておしまいだったのに、
なんか違いますよね。。

でも、小横綱もなんか、相撲ではなく世論と戦っている様な気がします。
本当に0勝15敗で終了させて、「来場所こそは」とか言いそうな気がします。
それは、横綱になった際も、ダントツではなく、「もう、このくらいで良くね?」と言う感じで推挙されたので、
その点の意味も含め小横綱は戦っているのかもしれません。でも弱すぎる。。

そして戦う相手が違うと思う。

ちなみにこちらは「戦う相手を見失っているな」と言う品です。
b0081121_06140034.jpg
サントリー ザ・プレミアムモルツ 初仕込 350 ml/262円

なんか年の初めにサントリーは出していますけど、他のどのビール会社も追随しませんよね。。

2018年

2017年

2016年

2015年
と、ここまでやれば頑張っていると言えるのかな。。

裏には薀蓄書いています。
b0081121_06140241.jpg

いつものパワポに起こすと。。
b0081121_06141078.jpg

気づいた!全く2018年初仕込と一緒と言うことを。。パワポ作るの楽だったぁ!

まぁ、そんなところで、お味の方は如何でしょうか。
硬口蓋の先への刺激。かなり苦みが印象に残る。
アルコールは5.5%。原材料は麦芽とホップのみ。
でも、これって、ただ、「いつものプレミアムモルツを2019年に入ってすぐ仕込んだ」つーやつでしょ。。
だから味は変わらないのが普通と思うが、なにかしら違うと思う。。
なんだ、タンクの中を洗った洗剤か??

↓そして香るエール初仕込2019が私の周りに全くない。香るエール初摘み2018と同じく仙台に買いに行かないといけないのか???

by kuttachan | 2019-01-16 06:24 | 麦酒 | Comments(0)

サントリー 東京クラフト BARLEY WINE(バーレイワイン)2018~麦酒酔噺その965~温存していました

♪でんでで ででで でんでで ででで でんでで ででで でんでで ででで♪
♪客入いらん 俺歌たわん♪
♪スーパースターが駄々こねる♪

♪土下座する 無視をする♪
♪スーパーアリーナ ドタキャンだ♪

♪TOKIO♪
♪TOKIOがまたまたスターづら♪
♪TOKIO♪
♪足元見てみろよ!♪

と、全然TOKIOとTOKYOを強引につなげただけなんですが、
まぁ、そんなに人気あったかね?

私の「人気ある。満員」と言うのは
QueenのWembley Stadiumあたりと思うのですが(ボヘミアンラプソティの見過ぎ)、
その位じゃないと歌わないんですよね?たぶん。

と、言うのをこのビールの発売に合わせてかんがえていたんですが、
またこれが、本当に「なかった」。
大体なくても、大きなスーパーとかにゆけばあるものだが、本当にこれがなかった。。
兵庫の田舎10件近く廻って入手できなく、結局福岡のデパートの酒売り場でやっと入手したと言う。。
b0081121_07024138.jpg
サントリー 東京クラフト BARLEY WINE(バーレイワイン)2018 350 ml/246円

最近I.P.A.なんかの使いまわしが出ていた東京クラフトシリーズですが、久しぶりに新作となります。
ただ、缶に「2018」と書いているが、前にも出ていたのか(だったら、私の見落とし)、来年にも出す布石か?

裏には薀蓄書いています。
b0081121_07024518.jpg

で、パワポ起こし。
b0081121_07025437.jpg

へ~、元々バーレイワインつーのが直訳すると「大麦のワイン」なんだけど、
イギリスのビールっすか?イギリスいたけどしらなんだ。

で、驚いたのがアルコール9%。原料は麦芽とホップのみ。
言ってやれよサッポロのレベル9に。ビールでも”こんだけ”だせるんだぞと。。

まぁ、そういうことで、お味の方は如何でしょうか。
硬口蓋先への刺激。やっぱりアルコール9%なのか、飲んでいる間にアルコール臭するのだが
アル添ではないので、嫌味は感じられない。
はっきりと重たく感じる。苦みと重みが物凄く強く、飲んでいる間口の中には本当にワインを飲んでいるような感覚に陥る。
大麦なのにぶどうと言う。

ただ、ビールの新しい可能性・美味しさを感じられる品でした。
これが私の周辺では入手できないのが残念。

↓昨日のディープアロマと言いサントリーはホームランを出すんだよなぁ。。麦香る3.5%とか海の向こうのビアレシピとか大ファール瞬殺な品とかだすけど。。


by kuttachan | 2018-12-13 05:44 | 麦酒 | Comments(0)

サントリー ザ・プレミアムモルツ ディープアロマ~麦酒酔噺その964~路線は維持しつつ。。

「路線は維持しつつ、新しいものに挑戦していると思います」

と、JR北海道からは発せられない言葉ですが、そんな感じのビールでした。
(ってさぁ、もう2020年の5月に向けて言っておくけど、札沼線廃止区間に涙流してカメラ持って乗るやつ。前もって乗っとけ、
 だったら無くならないから)
b0081121_06062714.jpg
サントリー ザ・プレミアムモルツ ディープアロマ 350 ml/262円

以前のブログで「ことしはあと2品」みたいなこと言っていましたが、
限定品はリリースが遅いみたいで、これと、サッポロのライオンで「今年は終わりかなぁ」と言うのが今の状況です。

こやつはヨレブン限定みたいですね。
ヨレブン限定のプレモルと言えば、

これがありましたが、正直これは美味しくなかったんですよね。

個人的にはあまりプレモルは安売りしてほしくない(って、初摘みとかもう乱発じゃん)ですが
お味の方は如何でしょうか。
硬口蓋の先への刺激。苦みがあり、重く感じる。
飲んでいる後半はプレモルを感じるが、後口の苦みが特徴。
アルコールは5.5%、原材料は麦芽とホップのみ。
プレモルと言う路線は維持しつつ、”重さ”・”苦さ”を加えた感じ。
軽さに逃げなく、個人的には高評価。

↓サントリーは外れもあるけど”こういう”当たりをたまに出すので好きです。。


by kuttachan | 2018-12-12 06:07 | 麦酒 | Comments(0)